ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク
 

Wa☆Daフォトギャラリー

 旅紀行日本の裸祭り

2018年10月20日改訂

今 日

昨 日

♪翁千歳三番叟

 

春迎ふつつこ練なり白ふどし  北舟

 

拡大写真(2000X1500)488KB

Getting more like spring,
Tsutsuko lifting wearing a white loincloth.

2010年7月15日制作

「つつこ」を落とす

保原つつこ引祭

「つつこ」を落とす/保原四丁目交差点(福島県伊達市)

- 日本の伝統文化が息づく祭 -

 

日本裸祭百景【上巻】

弥 生

日本祭百景上巻 中巻 下巻 日本の裸祭り
保原つつこ引祭
厳島神社
福島県伊達市
2011年3月6日(日)
撮影・制作:和田義男

  平成23年(2011) 3月6日(日)、福島県伊達市( だてし)保原町(ほばらまち)に鎮座する厳島(いつくしま)神社(大嶽洋一(おおたけ・よういち)宮司 69歳)で「つつこ引祭(つつこびきまつり)」が開催された。
 江戸時代中期の享保年間(1716〜1735)に大飢饉があり、当時の領主・松平出雲守(まつだいら・いずものかみ)通春(みちはる)公が厳島神社の境内(当時は現在の丸山観音)に領民を集め、種籾(たねもみ)を分け与えたところ、翌年は大豊作となったことから、農民たちは領主の善政に感謝し、神前に初穂を捧げて豊作を祝った。それ以来、五穀豊穣を祈る神事として、旧正月に裸の若衆が「つつこ」を引き合う勇壮な農民祭(のうみんさい)として盛んに行われるようになった。
 毎年行われる「つつこ引祭」は、厳島神社の弁天様の祭礼神事で、近郷近在から選ばれた42歳の厄年に当たる若衆が裸で「つつこ」を引き合う奇祭として知られる。昭和31年(1956)に福島県十大祭に選定されている。
   早春の半袖褌つつこ引  北舟 

そうしゅんの はんそでふんどし つつこひき

Early spring, short sleeves and loincloths of Tsutsuko pulling festival.

「つつこ引き手」勢揃い (前姿) 12:00
新尺さん   俵さん 長谷川さん 遠藤さん 田中さん  

「つつこ引き手」勢揃い (前姿) 12:00

拡大写真(2500X1500)618KB

▼ 「つつこ御輿」は、保原四丁目交差点に入った後、左折して白組の下方部(しもほうぶ)地区を北上した。担ぎ手に変身した引き手たちのかけ声は「ワッショイ!ワッショイ!」で、まさに神輿練(みこしねり)そのもの。ここにも「ワッショイ」が生き残っているのが嬉しい。先棒(さきぼう)中央の棒鼻(ぼうばな)に手を掛けている人が神輿長に当たる「つつこ長」で、指揮の旗を持つ指揮者の下で「つつこ御輿」を差配している。

 
   足並を揃えて春の御輿かな  北舟 

あしなみを そろえてはるの みこしかな

A portable ritual carrier of spring, keeping pace together.

保原四丁目交差点に入った「つつこ御輿」 13:11

保原四丁目交差点に入った「つつこ御輿」 13:11

拡大写真(2000X1550)558KB

▼ 一番乗競争は「つつこ引」を景気づけるためのアトラクションで吉札争奪戦である。吉札の取主(とりぬし)には後刻、拝殿での表彰式で吉札に応じた賞金が与えられるとあって、競争に熱が入るのも頷ける。スタートダッシュで飛び出した若者二人がダントツに早く、一番乗・二番乗で吉札のポールを手に入れた。

 
   吉札の一番乗や春祭  北舟 

きちふだの いちばんのりや はるまつり

Spring festival, scrambling for lucky cards.

一番乗・二番乗が吉札を獲得 13:47:36

一番乗・二番乗が吉札を獲得 13:47:36

拡大写真(2000X1500)681KB

 
つつこ ねり
 
  ▲▼ 一番乗競争が終わると引き手たちは「つつこ」を担いで下方部に移動し、つつこを取り囲んで一斉に持ち上げたあと地面に落とす作業が繰り返された。本番の「つつこ引」が始まる前の準備運動を兼ねた地ならしのようなもので、下方部内町、上方部の順に行われた。このイベントの呼名がついていないので、筆者は「つつこ練」と名付けた。  
   春迎ふ つつこ練なり白ふどし  北舟 

はるむかう つつこねりなり しろふどし

Getting more like spring, Tsutsuko lifting wearing a white loincloth.

「つつこ」を落とす

「つつこ」を落とす

拡大写真(2000X1500)488KB

 
つつこ

びき

 
  ▼ 14:15頃から赤白黄の鉢巻を締めた引き手たちが保原四丁目交差点の中心に置かれた「つつこ」の大縄を三方に引いて、それぞれのゴール地点を目指す「つつこ引(びき)」が始まった。白組「下方部」は北へ、黄組「内町」は東へ、赤組「上方部」は南へ引く。約50mほど先にそれぞれ「決勝点」の横断幕が張られている。  
「つつこ引」の開始 / 保原四丁目交差点 2011.3.6 14:15
←白組「下方部」北 黄組「内町」東 赤組「上方部」南  

「つつこ引」の開始 / 保原四丁目交差点 2011.3.6 14:15

拡大写真(2000X1500)511KB
   うららけし三方に引くつつこかな  北舟 

うららけし さんぽうにひく つつこかな

Mild spring day, Tsutsuko pulling for three ways.

組「

上方部かみほうぶ

が巻き返す

赤組「上方部」が巻き返す 14:17

拡大写真(1800X1350)393KB

▲▼ 「つつこ練」が終わると、中から餅を取り出すため、大嶽宮司が包丁を持参し、「つつこ」を解体し始めた。稲藁(いなわら)を束ねていた大縄を切断したあと、稲藁の中に収められていた藁苞(わらづと)を切り開いた。  
   間もなく湯気が立ち始め、やがて円筒形の布袋が現れた。前日蒸したあと「つつこ」に収められていた二升の赤飯は、「つつこ引祭」を終えてペースト状の餅になっていた。  
二升の赤飯を包んだ

藁苞わらづと

を切り裂く 14:36

二升の赤飯を包んだ藁苞を切り裂く 14:36

拡大写真(1800X1350)479KB

   赤飯のつつこに搗きし春祭  北舟 

せきはんの つつこにつきし はるまつり

Spring festival, steamed rice with red beans pounded by Tsutsuko.

つつこ餅を受領した笑顔の清野委員長

つつこ餅を受領した笑顔の清野委員長

拡大写真(1420X1600)435KB

▼ 引き手たちは、「つつこ餅」が取り出された後、「つつこ」を囲んで円陣を組み、祭典が無事に終わったことを祝うと共に、来年の再会を約し、「つつこ長」の発声で手〆を行い、お開きとなった。  
   長閑なる手〆で開くつつこ祭  北舟 

のどかなる てじめでひらく つつこさい

Peaceful spring, breaking up Tsutsuko festival with hand clapping.

手〆てじめ

でお開き 14:37

手〆でお開き 14:37

拡大写真(2000X1150)487KB

 
中田裸祭り
中田大国霊神社
愛知県豊田市
平成17年(2005)3月6日(日)
撮影・原作:ちばあきお 監修:和田義男

 平成17年(2005)3月6日(日)、愛知県豊田市中田町(とよたし・なかだちょう)の中田大国霊神社で、裸祭りが行われた。古くから豊田市中田町に鎮座する中田八幡社には、愛知県稲沢市(いなざわし)の厄払いの裸祭り(儺追なおい神事)で知られる尾張國府宮(おわりこうのみや)正しくは尾張國府大国霊神社(おわりこくふおおくにみたまじんじゃ)の分社・中田大国霊神社が祀られている。毎年3月第1日曜日に大勢の裸男が厄払いの儀式(儺追神事)を行うこの祭りは、国府宮裸祭りと共に中田裸祭り(中田大国霊神社裸祭り)として知られる。

 昭和7年(1932)中田村の氏神・中田八幡社の改築の際、1670年頃(寛文年間)に尾張國府宮の御塞(おさい)が本殿に安置されていたことが判明。昭和9年(1934)、村民有志により八幡社西隣に神殿を新築し、中田大国霊神社と命名し、本社・尾張國府宮より分社の認産を受けた。
 爾来、尾張国府宮の分社として、毎年本社と同じ古例の神事を旧正月23日(現在は3月第1日曜日)に行っている。正規には儺追なおい祭り(儺追なおい神事)であるが一般には裸祭りと称している。途中戦争や昭和天皇の崩御などで中断したが、平成2年(1990)に再開。平成4年(1992)には60周年記念祭が開催され、以後100人を越える参加者があり、今年は県外者も含めて120人が参加する盛況となった。
  厄落神竹高く田に立てり  北舟 

やくおとし しんちくたかく たにたてり

Exorcism, God bamboo standing high on a rice field.

曲 芸

曲 芸

拡大写真(1400x1000)246KB
▲ 公民館を出発した裸の集団は道中練りを行いながら神社に向かったが中間付近の休憩所に着くと、田圃(たんぼ)でアトラクションの神竹(しんちく)登りが行われた。平成4年(1992)の60周年記念祭のとき、誰かが遊び半分に神竹を田圃に立てて登ったのが始まりで、以来、白布を巻いた専用の竹を用意し、それが折れるまでよじ登るようになった。
赤鳥居に向かって突進!

赤鳥居に向かって突進!

拡大写真(1200x900)311KB
  神竹を担いで走る厄詣  北舟 

しんちくを かついではしる やくもうで

Exorcising worship, rushing to the shrine with a God bamboo on their shoulders.

気合いの宮入り

気合いの宮入り

拡大写真(1200x970)324KB
▲ 神竹(しんちく)を抱えた厄男たちは、赤鳥居に向かう100mほどの直線の参道を気勢をあげながら一気に駈け抜け、豪快に宮入りする。神竹奉納の最大の見せ場である。中田大国霊神社に奉納された神竹は、一年間保管され、大晦日に他のお守りとともに焚きあげられるという。

境内での揉み合い

境内での揉み合い

拡大写真(1600x860)301KB
▲▼ 厄男たちが境内に入ると、揉み合いが始まった。柄杓(ひしゃく)で力水(ちからみず)をかける人もいる。芯男(しんおとこ)に厄を渡すべく、小規模ながら渦ができ、男たちの熱気が最高潮に達する。ここでは、尾張國府宮の裸祭りのように死者が出るような激しい争いはなく和気藹々とした揉み合いでおしくらまんじゅうのようにスクラムを組み、体を寄せ合って回転しながら芯男に触れてゆく。

裸押し

裸押し

拡大写真(1400X960)260KB
▼ 境内での揉み合いが終わると、芯男は神社のすぐ横に掘られた穴をまたぎ、介添人が白衣の襟首から背中にお飾りの丸餅の様な厄餅を一つ入れた。芯男は白衣の帯を緩め、卵を産み落とすようにして厄餅を穴の中に落とした。餅が落とされると「厄が落ちたぞー!」という大きな声があがった。この厄餅はあらかじめ神社に奉納されている特別な餅で大鏡餅を砕いたものではない。厄餅を穴に落とすことで厄払い(厄落し)となり芯男に擦り付けられていた全員の厄が一度に祓われたのである。

厄餅による厄落し

厄餅による厄落し

拡大写真(1200x800)217KB
日本祭百景上巻 中巻 下巻 日本の裸祭り
Wa☆Daフォトギャラリー

今 日

 和田フォトギャラリー

昨 日

 Copyright (C) 2000-2010 Yoshio Wada. All Rights Reserved. 

ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク