ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク
 

Wa☆Daフォトギャラリー

 旅紀行日本の裸祭り

2014年9月22日改訂

今 日

昨 日

♪山伏/邦楽囃子
白褌の祭広場や秋の練り   北舟
 

 The festival square of autumn, push and shove dance in white loincloth.

2014年9月22日制作

東区三番觸・緑鈴の登場!/浜垢離(静岡県磐田市福田浜)

拡大写真(2400X1800)925KB

東区三番觸・緑鈴の登場!/浜垢離(静岡県磐田市福田浜)

国指定重要無形民俗文化財

神紋:八弁菊   矢奈比賣天神社   神紋:剣梅鉢

見付天神裸祭'43

祭広場

松原の祭広場と直会会場
 
「松原の神事」が行われた場所は福田(ふくで)中学校の南側の松原で、その奥(西側)に芝生の「祭広場」がありそれを囲むように、28の祭町会のテントやシートが設営されて、直会(なおらい)会場となっている。 一部の祭組は、砂浜にテントがあって不便だが、過去に割り振られた地割りは毎年同じで、変更されることはないという。
觸鈴を鳴らす西中区・二番觸/松原テント村(福田海岸) 2014.08.27 11:45 

觸鈴を鳴らす西中区・二番觸/松原テント村(福田海岸) 2014.08.27 11:45 

拡大写真(2000X1500)552KB

真水で砂を落とす西区・水陣の裸っぽたち 11:48 

真水で砂を落とす西区・水陣の裸っぽたち 11:48 

拡大写真(2400X1550)921KB

東中区・御瀧車の乾杯! 11:52

東中区・御瀧車の乾杯! 11:52

パノラマ写真(2400X1450)725KB

▼ 昨年に引き続き、久野隆(くのたかし)宮司(48歳)の訪問を受けた。前宮司は、一度も挨拶にこられなかったが、久野宮司になってから挨拶廻りが始まった。気さくで話が弾み、誰からも親しまれているようだった。宮司といえば威張っている人が多いが、お若いのに宮司の鏡のような方である。
久野隆宮司と歓談 12:22

久野隆宮司と歓談 12:22

拡大写真(2000X1600)786KB

東中区・

片山千代三かたやまちよみ

梯団長と乾杯! 13:06

東中区・片山千代三梯団長と乾杯! 13:06

拡大写真(1600X2000)873KB 撮影:福代陽一
東中区・御瀧車の正装で記念撮影

東中区・御瀧車の正装で記念撮影

拡大写真(1400X1420)543KB 撮影:福代陽一
ランチタイム【壱】 〜家族の団らん/東中区・緑ヶ丘〜

ランチタイム【壱】 〜家族の団らん/東中区・緑ヶ丘〜

拡大写真(2000X1300)615KB

  ▲▼ 裸祭は男性中心の祭だが見附天神の浜垢離は家族全員が松原のテントで楽しめるのが良い神事禊という神道(しんとう)の行事が大規模な老若男女の町内ピクニックとして地域社会に定着していることが、この祭が江戸時代以降今日まで盛大に続いている秘訣なのだろう。  
ランチタイム【弐】 〜西区・一番觸のテント小屋〜

ランチタイム【弐】 〜西区・一番觸のテント小屋〜

拡大写真(2000X1500)733KB

ランチタイム【参】 〜お囃子の演奏/東区・元天神〜

ランチタイム【参】 〜お囃子の演奏/東区・元天神〜

拡大写真(1600X2000)896KB

ランチタイム【四】 〜酒食の宴/西中区・二番觸〜

ランチタイム【四】 〜酒食の宴/西中区・二番觸〜

拡大写真(2000X1600)750KB

ランチタイム【五】 〜毎年お世話になる西中区・二番觸 の長老たち〜 13:13

ランチタイム【五】 〜毎年お世話になる西中区・二番觸 の長老たち〜 13:13

拡大写真(2000X1500)573KB

▼ 浜垢離から松原に引き揚げてくると、間もなく、祭広場で肩車の子供たちが觸鈴を振って裸練りを始めた本番の堂入りで行われる鬼踊りの練習 でもある。
松原の祭広場【壱】 〜子供たちの鬼踊り〜

松原の祭広場【壱】 〜子供たちの鬼踊り〜

拡大写真(2400X1800)970KB

松原の祭広場【弐】 〜赤鈴・青鈴〜

松原の祭広場【弐】 〜赤鈴・青鈴〜

拡大写真(2000X1700)593KB

松原の祭広場【参】 〜お父さんの肩車〜

松原の祭広場【参】 〜お父さんの肩車〜

拡大写真(1800X2000)645KB

松原の祭広場【四】 〜女の子も肩車〜

松原の祭広場【四】 〜女の子も肩車〜

拡大写真(2000X1500)690KB

松原の祭広場【五】 〜大人たちの競演〜 13:18

松原の祭広場【五】 〜大人たちの競演〜 13:18

拡大写真(2400X1800)1.07MB

松原の祭広場【六】 〜東区三番觸・緑鈴の登場!〜

松原の祭広場【六】 〜東区三番觸・緑鈴の登場!〜

拡大写真(2400X1800)925KB

  白褌の祭広場や秋の練り 北舟 

びゃっこんの まつりひろばや あきのねり

 The festival square of autumn, push and shove dance in white loincloth.

松原の祭広場【七】 〜力水を浴びて〜

松原の祭広場【七】 〜力水を浴びて〜

拡大写真(2400X1800)925KB

松原の祭広場【八】 〜和田グループ・庄俊之さんの鬼踊り〜

松原の祭広場【八】 〜和田グループ・庄俊之さんの鬼踊り〜

拡大写真(1800X1800)638KB

松原の祭広場【九】 〜青・赤・緑・三色鈴の振り合わせ!〜

松原の祭広場【九】 〜青・赤・緑・三色鈴の振り合わせ!〜

拡大写真(2000X1400)557KB

松原の祭広場【拾】 〜觸鈴の乱舞(鬼踊り)!〜 13:19

松原の祭広場【拾】 〜觸鈴の乱舞(鬼踊り)!〜 13:19

拡大写真(2000X1400)574KB

松原の祭広場【拾壱】 〜筆者も参加!〜 13:20

松原の祭広場【拾壱】 〜筆者も参加!〜 13:20

拡大写真(1450X2000)401KB 撮影:福代陽一
▲▼ 祭広場の裸練りを撮影していると筆者も担ぎ上げられ参加することになった。初めてのことで驚いたが、カメラを福代さんにお願いし、肩車してもらった。笑顔を振りまくしか能がなかったが裸の親子の肩車というスキンシップがどんな感じなのかが良く分かり、楽しい経験となった。
松原の祭広場【拾弐】 〜肩車の上で感動を体感!〜

松原の祭広場【拾弐】 〜肩車の上で感動を体感!〜

拡大写真(1700X1800)476KB

撮影:福代陽一
松原の祭広場【拾参】 〜気迫の二番觸!〜 13:23

松原の祭広場【拾参】 〜気迫の二番觸!〜 13:23

拡大写真(2400X2400)961KB

松原の祭広場【拾四】 〜盛り上がる西区・水陣の裸っぽたち〜

松原の祭広場【拾四】 〜盛り上がる西区・水陣の裸っぽたち〜

拡大写真(2400X1600)1.02MB

松原の祭広場【拾五】 〜水陣の団体行動!〜

松原の祭広場【拾五】 〜水陣の団体行動!〜

拡大写真(2400X1900)1.00MB

松原の祭広場【拾六】 〜水野博人警固長率いる水陣の躍動!〜

松原の祭広場【拾六】 〜水野博人警固長率いる水陣の躍動!〜

拡大写真(2000X1500)591KB

  ▼ 御瀧車は、見附宿に帰る途中にJR磐田駅と磐田市役所に立ち寄るのが恒例の行事となっているので、今年も同行取材した。  
磐田市役所に乱入!【壱】 〜恒例の市役所巡り/東中区・御瀧車〜 14:56

磐田市役所に乱入!【壱】 〜恒例の市役所巡り/東中区・御瀧車〜 14:56

パノラマ写真(2000X810)319KB

磐田市役所に乱入!【弐】 〜市役所で気勢を上げる!〜 15:00

磐田市役所に乱入!【弐】 〜市役所で気勢を上げる!〜 15:00

拡大写真(2000X1400)513KB
  ▼ 磐田市役所には「しっぺい」を使ったポスターが多数張り出されており、赤褌犬は磐田市の顔になっている。フロントロビーの受付嬢のデスクには大小の赤褌犬の縫いぐるみが置かれていた別の場所で購入できるという  
磐田市役所に乱入!【参】 〜フロントロビーで最後の盛り上がり!〜 15:01

磐田市役所に乱入!【参】 〜フロントロビーで最後の盛り上がり!〜 15:01

拡大写真(2000X1450)561KB

 

最後に磐田市役所の赤褌犬しっぺいバスをバックに御瀧車一行の記念写真を撮り浜垢離の取材を終えた

 
磐田市役所に乱入!【四】 〜市役所の赤褌犬しっぺいバスで記念撮影〜 15:04

磐田市役所に乱入!【四】 〜市役所の赤褌犬しっぺいバスで記念撮影〜 15:04

パノラマ写真(2400X1350)624KB

特集!旅紀行(海外写真集)

 

世界の名城

感動写真集

旅紀行ジャパン   奉納相撲   多摩川紀行
旅紀行日本の祭り 旅紀行日本の裸祭り 旅紀行日本の花

ログイン時刻

 

 

 

今 日

 和田フォトギャラリー

昨 日

リンク フリー のサイトです。 リンクの際は ご一報いただき、リンク用バナー お使い下さい。
写真を個人で楽しむのは 自由ですがホームページや商用等に使用する際は ご連絡下さい。
 Copyright (C) 2000-2018 Yoshio Wada. All Rights Reserved. 
ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク