ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク
 

Wa☆Daフォトギャラリー

 感動写真集

2018年3月18日改訂

ログイン時刻

 

 

 

今 日

昨 日

♪おはやし〜早春賦

 

初春や五人囃子の鐵砲洲   北舟

 

拡大写真(3000x2000)660KB

The New Year,
accompanying music of five musicians at Teppozu.

2018年3月18日制作

鐵砲洲囃子の演奏/鐵砲洲稲荷神社(東京都中央区湊一丁目)

鐵砲洲囃子の演奏/鐵砲洲稲荷神社(東京都中央区湊一丁目)

鐵砲洲稲荷神社神紋   鐵砲洲稲荷神社   鐵砲洲稲荷神社神紋

鐵砲洲寒中水浴'18

新褌

撮影 小林豊一 吉田好幸

鐵砲洲寒中水浴

東京都中央区 鐵砲洲稲荷神社 正月第二日曜日 取材:平成17年(2005)〜平成30年(2018)


 鐵砲洲稲荷神社で行われる寒中水浴大会は関東一の水の祭として知られ、中央区の新春の風物詩となっている。午前10時50分、中川文隆宮司の挨拶を皮切りに、寒中水浴大会が始まる。
 参加者たちは、純白の越中褌と鉢巻をキリリと締め、女性は白衣をまとい、神社一周の褌ランニング、準備運動の鳥船鐵砲洲囃子が流れる中での寒禊、整理運動の鳥船と、約1時間に及ぶ水行を無事にこなし湊湯で冷え切った身体を温めた後、社務所二階の直会(なおらい)に出席して和やかな初春のひとときを楽しみ、清々しい新年のスタートを切る。

★☆★彡

寒中水浴参加11年目の筆者(和田義男)は平成17年(2005)の第50回大会から密着取材を始め平成30年(2018)第63回大会で14年目の初春を迎えた平成20年(2008)に60歳の還暦記念赤褌水浴を果たして以来毎年、禊に参加するようになり、筆者の新年は鐵砲洲から始まることとなった。

還暦記念赤褌水浴 2008.01.13

還暦記念赤褌水浴 2008.01.13

 初春や肌刺す水に身を沈む  北舟 

向かって左から三木芳樹さん・筆者・故平野五雄さん 

向かって左から三木芳樹さん・筆者・故平野五雄さん
 Wa☆Daフォトギャラリーでは、平成22年(2010)以降、毎年、全国から参加者を募集し、全国連和田グループ(和田義男代表)を組織して鐵砲洲寒中水浴に参加するようになり、今年の写真撮影は、弥生会広報部・小林豊一さんと和田グループ・吉田好幸福岡支店長にお願いした。
第63回寒中水浴大会のチラシ(表) 
第63回寒中水浴大会のチラシ(表)

拡大写真(1400X2000)560KB

第63回寒中水浴大会のチラシ(裏)

 第63回寒中水浴大会のチラシ(裏)

拡大写真(1400X2000)528KB

2018年の寒中水浴

 平成30年(2018)1月14日(日)、東京都中央区湊一丁目に鎮座する鐵砲洲稲荷神社(中川文隆宮司)で、第63回寒中水浴大会が開かれ、70歳10ヶ月の筆者は群馬埼玉東京神奈川広島福岡の6都県と米国ハワイから集まった和田グループ第九期14名(うち新人2人)の代表として11度目の初禊を行った
 今年の水行参加者は94人(うち女性10人、少年1人)で、最年少は小学5年生の男子(10歳)。最年長は82歳の和久井哲男さん(さいたま市)だった。男性は越中褌、女性は白衣という統一された禊装束の参加者たちは、板橋氷川神社宮司・篠直嗣道彦の指導のもと、神社一周の褌ランニングや鳥船で身体を温めた後、二陣に分かれ、神前に設置された円形水槽に三度浸かって、新年初の寒禊を行った。

★☆★彡

 鐵砲洲稲荷神社寒中水浴大会の作品は、今年で14作目となるため、解説は必要最小限に留めた。初めてご覧になる方は、 水浴'05 以下の作品を参照いただきたい。 鐵砲洲稲荷神社 鐵砲洲稲荷神社弥生会 地図

                                【凡例】
 
 ▲:上の画像の説明文 ▼:下の画像の説明文 ●:筆者の私見 〈画像の左クリック〉:別窓に拡大写真を表示

地下鉄・日比谷線の沿線案内 / 秋葉原駅 2018.01.14

                        ↓第63回寒中水浴大会

地下鉄・日比谷線の沿線案内 / 秋葉原駅 2018.01.14

拡大写真(3000x2000)869KB

鐵砲洲稲荷神社の平成の大改修事業が終わり、今年から神前での寒中水浴が復活した。参加者の控え室は、社務所(参集殿)二階だったが、和田グループの直会は、弥生会・石川辰夫会長のご配慮で、湊交番から1ブロック北の湊コミュニティルーム二階で行うことができた。

鐵砲洲稲荷神社付近地図
鐵砲洲稲荷神社付近地図

拡大写真(1185x865)220KB

2016年と2017年に寒中水浴が鐵砲洲児童公園で行われたときは、事故防止の観点から大会当日の朝7時から円形水槽の準備作業が行われていたが、平成の大改修事業が終了したことから、2018年は従前通り前日に円形水槽の準備が行われ、転落防止と埃が入らないようにするために、水槽はビニールの蓋で覆われた。

前日給水車で15tonの清水を溜めた直径5mの円形水槽 2018.01.14 08:00
前日給水車で15tonの清水を溜めた直径5mの円形水槽 2018.01.14 08:00

拡大写真(3000x1900)1.37MB

135kgの氷柱を投入 08:28

135kgの氷柱を投入 08:28

拡大写真(3000x2000)1.10MB

寒禊の準備が完了した神前の水槽

寒禊の準備が完了した神前の水槽

拡大写真(3000x2250)1.24MB

水温の測定 09:32

水温の測定 09:32

拡大写真(3000x2250)1.03MB

弥生会の奉納による直径5mの円形水槽

弥生会の奉納による直径5mの円形水槽

拡大写真(2400x0800)703KB

鐵砲洲カレンダーと寒中水浴の栞を配る弥生会 / 神社正門 09:25
鐵砲洲カレンダーと寒中水浴の栞を配る弥生会 / 神社正門 09:25
拡大写真(3000x2200)1.20MB
鐵砲洲囃子の演奏 / 神楽殿 09:27
鐵砲洲囃子の演奏 / 神楽殿 09:27
拡大写真(3000x2200)1.25MB
  初春や五人囃子の鐵砲洲  北舟 

はつはるや ごにんばやしの てっぽうず

The New Year, accompanying music of five musicians at Teppozu.

鐵砲洲囃子の熱演

鐵砲洲囃子の熱演
拡大写真(3000x2250)900KB

渡邉浩徒先生(中央)率いる鐵砲洲囃子

渡邉浩徒先生(中央)率いる鐵砲洲囃子
拡大写真(3000x2000)660KB

蜜柑を咥えた獅子舞の奉納 / 神楽殿 10:13

蜜柑を咥えた獅子舞の奉納 / 神楽殿 10:13
拡大写真(3000x2100)670KB

獅子舞の熱演 10:15

獅子舞の熱演 10:15
拡大写真(3000x2100)670KB

蜜柑を食べてしまった獅子

蜜柑を食べてしまった獅子
拡大写真(3000x2100)788KB

渡邉浩徒先生によるおかめ・ひょっとこ二面踊り(アニメーション) / 一人二役 10:16

渡邉浩徒先生によるおかめ・ひょっとこ二面踊り(アニメーション) / 一人二役 10:16
おかめ・ひょっとこ踊り / 一人二役
拡大写真(4000x2000)908KB

社務所(参集殿)の奧・富士塚の前に設営された大会本部テント

社務所(参集殿)の奧・富士塚の前に設営された大会本部テント

拡大写真(2400x1700)1.14MB

補修された富士塚 / 東向きに建つ本殿の北・社務所の西(奧)

補修された富士塚 / 東向きに建つ本殿の北・社務所の西(奧)

拡大写真(3000x2000)1.15MB

大会本部テントでエントリーする和田グループ参加者たち 2018.01.14 09:03
大会本部テントでエントリーする和田グループ参加者たち 2018.01.14 09:03

拡大写真(3000x2150)1.08MB

参加者控室の奧に陣取った全国連和田グループ第九期 / 竣工なった社務所(参集殿)二階 09:54
参加者控室の奧に陣取った全国連和田グループ第九期 / 竣工なった社務所(参集殿)二階 09:54

 拡大写真(3000x2000)621KB

▲▼ 和田グループ参加者は鐵砲洲稲荷神社境内の本部テントで受付を済ませた後社務所(参集殿)二階の大広間に集合。全員揃ったところでミーティングと更衣を行った。

全国連和田グループ第九期ミーティング / 社務所二階 09:58
全国連和田グループ第九期ミーティング / 社務所二階 09:58

 拡大写真(3000x2200)654KB

挨拶する和田グループ・和田義男代表 10:00

挨拶する和田グループ・和田義男代表 10:00

 拡大写真(1900x2000)311KB

男性参加者全員純白の越中褌を締める 10:21
男性参加者全員純白の越中褌を締める 10:21

拡大写真(2400x1750)475KB

白越中と白鉢巻が鐵砲洲寒中水浴の正装 10:22
白越中と白鉢巻が鐵砲洲寒中水浴の正装 10:22

拡大写真(3000x2200)733KB

Wa☆Daフォトギャラリー

今 日

 和田フォトギャラリー

昨 日

 Copyright (C) 2000-2018 Yoshio Wada. All Rights Reserved. 

ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク