ホームページお知らせお便りコーナー俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィール
Wa☆Daフォトギャラリー  Wa☆Daフォトギャラリー  

2017年3月20日改訂

ログイン時刻

 

 

 

今 日

昨 日

♪メドレー「野の花〜春の海」

旅と写真は元気の泉

感動の裸祭CD完成!

湘南や海に練り込む初神輿   北舟

拡大写真(3800X2550)1.19MB

Syonan,
the first mikoshi of the year going into the sea.

2000年7月16日開設

海を渡る初春神輿/江ノ島片瀬海岸東浜( 神奈川県藤沢市)
海を渡る初春神輿/江ノ島片瀬海岸東浜( 神奈川県藤沢市)
2017年の日記 2-3月
wadapho.jp 内検索  
  3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 2016年10-12月 1月 2-3月

「徒然日記」目次


2017年3月20日(月)晴

■■■ ありのままの古希70歳 ■■■ 

和田フォトギャラリー並びにフェイスブックのファンの皆様、3月6日の古希70歳の誕生日に際しては、身に余るたくさんのご祝辞、ありがとう。先日、関東の和田フォトファンのご好意により、私の古希祝いにマイカーにて箱根湯本温泉の天成園に日帰り入浴してきた。老舗の大きな温泉旅館で、安く泊まれることから庶民には人気があるという。
 
 
私が記念に和服と褌姿を撮りたいと無理な注文をしていたところ、幸いにも和服愛好家が正絹の和服一式を持参して着付けまでしてくれ、カメラ愛好家が私のカメラ OLYMPUS OM-D EM-1 Mark II で撮影してくれた。
 
 私の褌姿は、貸切風呂を30分借りて、私のカメラで撮影したもの。箱根の源泉から引いてきた正真正銘の温泉だが、バスクリンみたいに着色されていて、とても爽やかで綺麗だった。
 
 私の体年齢は60歳で、気力体力ともにまだまだ充実しているので、これからもロマンと感動を求めて日本中を旅し、伝統の裸褌文化を世界に発信して行きたい。 

Dear fans of Wadaphoto as well as Facebook, thank you for your warmful comments for my 70th birthday on March 6, 2017. From now on, I will go around Japan to take photos with my new camera OLYMPUS OM-D EM-1 Mark II so that appeal Japanese naked fundoshi culture to the world as far as possible. 
ありのままの古希70歳 【壱】 〜箱根湯本温泉天成園で記念撮影〜 2017.03.13

ありのままの古希70歳 【壱】 〜箱根湯本温泉天成園で記念撮影〜 2017.03.13

 毎日が日曜日となってはや5年、幸運にも健康に恵まれ、好きなときに好きなことを好きなだけ楽しむ道楽三昧の日々を謳歌している。毎日、夕方になると夫婦二人で我が家の前を東流する多摩川の河原に下りて、約1時間5kmの健康ウォークを日課にしているが、入浴後に測るヘルスメーターでは、体年齢60歳と、3年前の59歳から1歳増えただけという嬉しい結果である。
 
 梁塵秘抄
(りょうじんひしよう)で知られる後白河法皇は、「遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん」と人生を達観し、歴代の天皇のなかで最多の34回もの熊野詣を行った。私もこれを見習い、健康寿命の続く限り、道楽三昧を日課にすることにしている。 
ありのままの古希70歳 【弐】 〜貸切風呂に入る〜

ありのままの古希70歳 【弐】 〜貸切風呂に入る〜

 現在、私の最大の関心事は、今年で18年目を迎えた世界の旅の写真館Wa☆Daフォトギャラリー http://wadaphoto.jp の運営である。「ロマンと感動」をテーマに世界55ヵ国を巡る高画質写真 29,850枚、作品517集 2,110頁は、質・量・人気ともに日本一のフォトギャラリーで、現時点の累計アクセス件数は28,258,255となっている。
 
 世界遺産、風景、山、城、祭、花など、ロマンと感動をテーマに撮影旅行を続けているが、最近は、危険な海外を避けて国内に集中している。

ありのままの古希70歳 【参】 〜風呂褌で撮影〜

ありのままの古希70歳 【参】 〜風呂褌で撮影〜
 中でも16年間105種219作品の「日本の裸祭り」は、日本一の裸祭写真集として認知され、プロ・アマを含め、誰もやっていないジャンルなので、ライフワークとして取り組んでいる。

ありのままの古希70歳 【四】 〜青く染められた湯でリフレッシュ〜

ありのままの古希70歳 【四】 〜青く染められた湯でリフレッシュ〜
▲ 「若さを保つ秘訣とは」 人生を好きなように楽しむこと! 私にとってそれは日本伝統の裸褌文化を体感することと温泉に入ること。温泉は心身ともにリフレッシュしてくれる。 
 
'The secret of keeping my youth' is to enjoy my life as much as I want! For me, it is to experience Japanese traditional naked fundoshi culture and take bath at onsen the hot-spring resort. Onsen really refreshes me both mind and body.
ありのままの古希70歳 【五】 〜熱海温泉ニューフジヤホテルで記念撮影〜 2017.03.17

ありのままの古希70歳 【五】 〜熱海温泉ニューフジヤホテルで記念撮影〜 2017.03.17

 世界最大のSNS / Social Networking Serviceとして知られるFacebook  https://www.facebook.com/yoshio.wada.12 は、5年前に加入したが、現在、4,608人のfriendsと3,852人のfollowersがいる。簡単な英語で手軽にチャットできるので、東南アジアを中心に世界中に友人ができ、交流の輪が広がっている。古希の誕生祝いに、386人のFacebook friendsから祝辞が届いた。 

ありのままの古希70歳 【六】 〜半世紀にわたり手製の越中褌を常用〜

ありのままの古希70歳 【六】 〜半世紀にわたり手製の越中褌を常用〜
 Facebookでは、ライフワークの日本の裸褌文化の発信に力を注いでいるが、日本独自の裸祭とユニークな下着の褌に興味を抱く外国人が予想外に多い。マレーシアのクアラルンプール市役所の部長職を退官したTさんが来日した際、既に3回東京を案内しているが、彼は、私がエアメールでプレゼントした越中褌が気に入り、奥様公認の下着として、終生愛用するという。マレーシアは常夏の国で、市民はみな裸で寝ているそうで、彼は、快適な褌一丁で寝ているらしい。他にも台湾のラジオ局のMCを務める若者を東京で歓待したが、彼も暑い台湾では褌が一番だといって越中褌を愛用している。
ありのままの古希70歳 【七】

ありのままの古希70歳 【七】

▼ 写真下は、貸し切り風呂で温泉を楽しんだ後、和室でくつろぐ浴衣褌(ゆかたふんどし)の筆者。昔の日本の親爺は、みんなこんな格好であぐらをかき、ふんどしの前垂れを見せびらかせていた。

Yoshio Wada sitting cross-legged, wearing relaxable yukata and ettyu fundoshi, resting at a room after bathing in a private hot-spring. Japanese ancient daddies were all this style so that they showed off the white apron of ettyu fundoshi due to cross-legged shitting.

ありのままの古希70歳 【八】 〜浴衣褌でくつろぐ〜

ありのままの古希70歳 【八】 〜浴衣褌でくつろぐ〜
▲▼ 私の古希記念の写真をFacebookに掲載したところ、あるアメリカのfriendから次のコメントが寄せられ、大変光栄に思っている。気力体力の続く限り、これからも我が道楽に邁進し、おおいに第二の人生を楽しみたい。〈 完 〉
 
                                                  Greetings from West New York, New Jersey!
 
I came across your photographs and I just can't help but get amazed by how everything was photographed. Super clear and vibrant. Angles and how the subject were shot came out great. I also looked at your portraits... and you looked just about perfect in all angles, lightings just right plus it says you are on your 70th, whereas you don't look your age. I could just say you're on late 60's or early 60's. Anyways, I'm one big admirer of your works and you being the main subject of all these stuffs!

ありのままの古希70歳 【九】

ありのままの古希70歳 【九】

2017年3月9日(木)晴

■■■ 「福間浦玉せり'17」完成! ■■■

本日、本年第4作、2000年7月から通算517作目となる作品が完成した。

                          感動写真集〈 第221集 〉日本の裸祭り<第219集/105種>「福間浦玉せり'17」
 
                          撮影・原作:吉田好幸 & 辻 竜二  監修:和田義男

          http://wadaphoto.jp/maturi/fukuma09.htm 

 4頁106枚の感動大作である。お時間のあるときに、ごゆるりとご覧いただきたい。
  

吉田好幸
 
撮影

 吉田好幸 よしだよしゆき

 
昭和24年(1949)3月13日生(66歳)
元防衛事務官
住居: 福岡県宗像市(むなかたし)
趣味: 硬式テニス(中級と上級の間)
    読書(本を積み上げるのが得意)

あとがき

● 1月3日福間浦玉競りを取材しました。快晴の中、福間海岸で玉洗いをして玉を浄めた後、共有会館で諏訪神社高宮宮司のお祓いを受けて諏訪神社へ移動し、玉競りが開始され、福間海岸で共有の玉競りの後、南町、緑町の各々の玉競りが清々と行われました。今回は、和田フォトギャラリーで「博多山笠」を取材している辻さんが長崎佐世保から来られました。二人の撮った祭り写真が和田リーダーの監修によって紹介されるのが楽しみです。
 
南町区の新玉と共用玉を洗う 福間浦玉せり 福間浦玉せり
  
 玉競りで、福間海岸に多くの福津市民がでかけて、エールを送ってくれたらいいなと思いました。

 

謝 辞

 このたびの「福間浦玉せり」の取材に当たり、地元の方々には大変お世話になり、誠に有り難うございました。とりわけ、密着取材に快く応じて下さった諏訪神社・宮秀文宮司や緑町区と南町区の皆様には、衷心より御礼申し上げます。
 
 引き続き、来年も取材に伺いますので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうかよろしくお願い申し上げます。皆様方の益々のご発展とご多幸を心より祈念しております。有り難うございました。 〈 拝 〉

★☆★彡

感動写真集〈 第221集 〉日本の裸祭り<第219集/105種>「福間浦玉せり'17」

撮影・原作:吉田好幸 & 辻 竜二  監修:和田義男

 平成29年(2017)03月08日 作品:第4作  画像:106(大104+小2)  頁数:4 ファイル数:116  ファイル容量:45MB
 
平成12年(2000)〜平成29年(2017) 作品数:517 頁数:2,110 ファイル数:97,450  ファイル容量:22,606MB

【編集子が選ぶ名作】                  名作アニメーション

福間浦・浜の玉せり / 福間海岸(福岡県福津市)

拡大写真(3000X2200)980KB

漁師町「福間浦玉せり」万歳!
● 吉田好幸さんは、平成26年(2014)8月4日、処女作「津屋崎祗園山笠'14」でWa☆Daフォトギャラリー(和田フォト)にデビューし、感動写真集・第43代同人となられた。爾来、和田フォトの福岡支店長として、九州男児の躍動する裸祭の取材に力をお貸し頂いている。
和田義男
 
 本日、吉田好幸同人の第7作「福間浦玉せり'17」が完成した。 2017年の和田フォト第4作で、4頁116枚というこの感動長編は、和田フォト通算第517作、「感動写真集」シリーズ第221集、「日本の裸祭り」シリーズ第219集を飾るにふさわしい作品となった。
 吉田さんの素晴らしいところは地元の利を生かし、撮影後何度も諏訪神社や福間に足を運んで補充取材をして頂いたことで、嘘偽りのない実録作品を発表することができた。
 この「福間浦玉せり'17」は、一昨年から続く「福間浦玉せり」の第3作で、今年は、辻竜二さんの加勢を得た。これで、これまでの足らざるところが補充でき、過去の作品と併せてご覧いただくことで、福間浦玉せりの全貌が明らかとなったことは、誠に喜ばしい。
 
公民館の中で褌を締める 神前の玉せり / 諏訪神社(福岡県福津市)  福間浦玉せり
福間浦玉せり 福間浦玉せり 町内廻り / 福間海岸(福岡県福津市)
 
 玉取祭といえば福岡市の筥崎宮「玉せせり」が大規模で全国的に知られているが福津市の「玉せり」は、規模も小さく、ほとんど無名の裸祭だった。吉田さんの密着取材のお陰で、一人の装束違反者もなく、子供から老人まであらゆる年齢層の福間っ子たちが誇りを持って300年を超える伝統の裸褌文化を継承していることを知り、深い感動を覚えた。
 かつては、若者だけという勇壮な「玉せり」は、過疎化や高齢化の波を受けて人手不足となり年齢制限を撤廃して今日に至っていると聞くが、あらゆる年齢層が参加することで、より親しみ深い裸祭になっている。長老や小学生低学年の男児までもが安心して参加できる裸祭こそ、現代の日本社会にふさわしいものだと思う。
 吉田さんは、来年も福間浦のロマンと感動を求めた密着取材を計画しておられる。この裸祭が無形民俗文化財の指定を受けることを祈念しつつ、この名作の完成を祝いたい。〈 完 〉 2017年3月9日 監修: 和田義男

2017年2月6日(月)晴
■■■ 「ビデオ日本の裸褌祭【02】江ノ島寒中神輿2017(改訂版)」完成! ■■■

 本日、ビデオ「江ノ島寒中神輿2017」に字幕と街頭録音を追加して改訂版をYouTubeにアップした。最大画素1080p HPモード全画面にてお楽しみ頂きたい。
 
                  撮影・監修: 和田義男  本年<第1作・12:47> 通算 <第514作> 
                OM-D E-M1 MarkII + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

YouTube ビデオ日本の裸褌祭【02】江ノ島寒中神輿2017(改訂版)


2017年2月4日(土)晴
■■■ DVD写真集「江ノ島寒中神輿」完成! ■■■

このたび、本年2枚目となる永久保存版DVD写真集「江ノ島寒中神輿(スライドショー形式)」が完成した。

【25】 江ノ島寒中神輿(スライドショー形式)

【25】 江ノ島寒中神輿

神奈川県藤沢市 江島神社 正月第三日曜日(成人祝) 最新:2017年1月15日


 
平成29年(2017)1月15日(日)神奈川県藤沢市江ノ島片瀬海岸東浜では午前11時から第36回寒中錬成大会が開催されました。新成人のお祝いと無病息災を祈るこの裸祭は、神社の祭礼ではなく、藤沢鎌倉神輿連合会(山口昌明会長)が主催する神輿祭で藤沢・鎌倉両市の神輿愛好者ら約300人による年に一度の大会です
 
3基の神輿練り 四人の新成人を乗せた裸鳳龍/江ノ島片瀬海岸東浜( 神奈川県藤沢市) 海を渡る初春神輿/江ノ島片瀬海岸東浜( 神奈川県藤沢市)

色柄物の江戸っ子褌がみられる裸祭

● 江ノ島寒中神輿は新年の初神輿を担げるとあって部外参加者も多く、褌一丁の担ぎ手たちが4基の神輿を担いで海に入る姿は圧巻ですこの祭の特徴は主役があくまで両地区の新成人で神輿に乗ることが許されることと、担ぎ手たちが正月に海に入って神輿練りを行う点にあります。
 色物や柄物のカラフルな江戸っ子褌(前袋式六尺褌)を締めた裸祭は他に例はなく、参加者たちは、毎年、新しい褌をあつらえてその鯔背ぶりを披露することを楽しみにしています。
 かつては成人式を迎えた20歳の男女が神輿に乗って海上渡御を行い晴れて成人の仲間入りを果たす通過儀礼でしたが近年はどこの神社も神輿の上に乗ることを禁じるようになり祭祀を司る江島神社(えのしまじんじゃ)もその例外ではなくなり新成人が神輿の上に乗って海上渡御する姿はまったく見られなくなっていました

★☆★彡

▼ しかし2016年から「この行事は新成人を祝う寒中神輿錬成大会であって神事ではない」という理由で新成人が神輿に乗ることが復活しました。山口昌明会長の大英断とそれを許した江島神社相原圀彦宮司に拍手喝采を送ります!  江ノ島寒中神輿'17

 収録画像は、平成16年(2004)・平成18年(2006)・平成19年(2007)・平成24年(2012)・平成28年(2016)・平成29年(2017)の6年分392枚、上映時間は約33分です。DVDには原画250枚を含む高精細画像が入っていますので、サービスサイズから最大A3サイズまでプリントできます。(1枚2000円 リピーター価格:1枚1500円)
   湘南や海に練り込む初神輿  北舟 

しょうなんや うみにねりこむ はつみこし

Early spring, the first mikoshi of the year going into the sea.

寒中神輿錬成会の華・小動會「振り袖神輿」 2016.01.17 12:01

寒中神輿錬成会の華・小動會「振り袖神輿」 2016.01.17 12:01

拡大写真(2600x1700)890KB

江ノ島寒中神輿

江ノ島寒中神輿

サンプル YouTube 江ノ島寒中神輿2017

2017年2月2日(金)晴

■■■ 「江ノ島寒中神輿'17」完成! ■■■

本日、本年第3作、2000年7月から通算516作目となる作品が完成した。

                          日本の裸祭り<第218集/105種>「江ノ島寒中神輿'17」
 
                          撮影・監修:和田義男

          http://wadaphoto.jp/maturi/enokan171.htm  

 3頁83枚の自信作である。お時間のあるときに、ごゆるりとご覧いただきたい。

和田グループ代表 和田義男/見付天神裸祭


和田義男
 
OLYMPUS OM-D EM-1

M.ZUIKO DIGITAL
 ED 12-100mm F4.0 IS PRO


2,037万画素

 952枚  4.12GB

撮影 2017年1月15日
 
 

● 平成29年(2017)2月2日(木)、本年第3作・2000年7月以来累計第516作となる「江ノ島寒中神輿'17」が完成した。
 平成24年(2012)の取材を最後に4年間江ノ島から遠ざかっていたのは神輿の上に新成人が乗れなくなり、名物の振り袖神輿を見ることができなくなってしまったからである。
 しかしながら、この裸祭は、全国の愛好者にとっては、新年初の神輿舁きができ、多彩な色柄の六尺褌を披露できる数少ない機会で、常連者も多いことから、昨年、久しぶりに足を運んだ結果、意外にも新成人の神輿乗りが復活していた。そこで、今年も傑作を求めて江ノ島に行き、激写してきた。

褌衆による勇壮で美しい裸褌神輿

裸褌神輿を楽しむ諏訪睦/江ノ島片瀬海岸東浜( 神奈川県藤沢市) 海を渡る初春神輿/江ノ島片瀬海岸東浜( 神奈川県藤沢市) 連合神輿【六】 〜華やかな裸褌神輿〜
 
 江ノ島寒中神輿の取材はこれで6回目で
ベストポジションを知悉しており今年も脚立を持参して撮影に備えたが、年々アマチュア・カメラマンのモラルが低下し、神輿が発進する前に立ち入り禁止区域に侵入する不心得者が多く、脚立は役に立たず、マナー違反を注意する主催者の配慮もなかった。
 
 また、我先に海に入り、人の前に立って写そうとするので、自分だけ良ければ良いというカメラマンの姿が映り込んでしまうのを避けるために、サイドから撮影せざるを得なかったため、水平線が入った写真が少なくなり、不本意な結果となった。みんな波打ち際に並んで撮れば、名作が切り取れるのに、たかだか5m程度の沖合に行って撮影しようとする浅ましい姿にがっかりである。
 
OLYMPUS OM-D EM-1 Mark II ・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO ・フラッシュFL-600R ・外付けマイクAT9945CM

OLYMPUS OM-D EM-1 Mark II ・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO ・フラッシュFL-600R ・外付けマイクAT9945CM

 拡大写真(2400X1670)572KB

 
 この作品は、昨年末に発売されたOLYMPUS OM-D EM-1 Mark II に M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO をつけて撮影した筆者の処女作だが、
レスポンスの早さや周辺部まで色収差のない vivid でシャープな画像が得られ、大満足の結果となった。また、写真と同時に、切り出し可能な4Kビデオ(3840x2160)もフリーハンドで撮影したが、レンズとボディ双方に内蔵する手振れ補正機構のお陰で、見事な動画を撮ることができた。動画の編集は、意外と簡単なので、写真アルバムを発表する前に、早々と YouTube (1080 HP)に投稿したのが次の作品である。静止画・動画ともに楽しんで頂ければ幸甚である。
 

ビデオ日本の裸褌祭【01】江ノ島寒中神輿2017 / OLYMPUS OM-D EM-1 Mark II

 
 今後も、毎年足
を運んで、裸褌姿が躍動する新年の祭絵巻を切り取ってゆきたい。藤沢鎌倉神輿連合会会長の命により、男性のハンダコ姿や腹巻で褌を隠す行為を禁じ鳳龍のように全員水褌(前袋式六尺褌)で神輿を舁いで海上を渡御する美しい裸祭になることを願いつつ・・・。 〈 完 〉 2017.02.02 撮影・監修 和田義男

日本の裸祭り<第218集/105種>「江ノ島寒中神輿'17」

   平成29年(2017)02月02日 作品:第3作  画像:83(大83+小0)  頁数:3 ファイル数:131  ファイル容量:72MB
  
平成12年(2000)〜平成29年(2017) 作品数:516 頁数:2,106 ファイル数:97,334 ファイル容量:22,561MB

特集!旅紀行(海外写真集)

 

世界の名城

感動写真集

旅紀行ジャパン   奉納相撲   多摩川紀行
旅紀行日本の祭り 旅紀行日本の裸祭り 旅紀行日本の花

ログイン時刻

 

 

 

今 日

 和田フォトギャラリー

昨 日

リンク フリー のサイトです。 リンクの際は ご一報いただき、リンク用バナー お使い下さい。
写真を個人で楽しむのは 自由ですがホームページや商用等に使用する際は ご連絡下さい。

 Copyright (C) 2000-2017 Yoshio Wada. All Rights Reserved. 

ホームページお知らせお便りコーナー俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィール