ホームページお知らせ徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィール
Wa☆Daフォトギャラリー  Wa☆Daフォトギャラリー  

2021年10月2日改訂

Login Time
 

 

 

今 日

累 計

昨 日

♪山伏・篠笛
旅と写真は元気の泉

感動の裸祭CD完成!

拡大写真(3000X2250)1.15MB

初春や褌登山の蘇民祭  北舟

2000年7月16日開設

蘇民祭実行委員会佐藤昭男会長の後に続く裸衆

胡四王蘇民祭

蘇民祭実行委員会佐藤昭男会長の後に続く裸衆/胡四王山(岩手県花巻市)

2021年のお便り   〈1〜10月
 

2018年1月

2-12月

2019年

2020年

2021年1〜10月

目次

読者の投稿写真集

2021年10月2日(土)晴  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「武蔵御岳山滝行(琴平滝)」アップ!

和田フォトファンの皆様

こんばんは。

和田爺は、2021年9月11日(土)、吉田好幸・ワダフォト福岡支店長と共に多摩川上流の御岳渓谷
(みたけけいこく)に旅し、武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)がその山頂に鎮座する御岳山(みたけさん)(929m)の麓にある赤鳥居近くを流れる落差約7mの琴平滝(ことひらたき)(東京都青梅市御岳二丁目)で滝行を行い、全世界からコロナが撲滅されるよう神仏に祈願しました。

30枚の中編です。お時間のあるときに、ごゆるりとご覧ください。

徒然日記〈10月2日〉「武蔵御岳山滝行(琴平滝)」
 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#2  

〈参考〉
武州御嶽山滝行
 http://wadaphoto.jp/maturi/ayahiro1.htm 
阿弥陀ヶ滝みそぎ祭り
 http://wadaphoto.jp/maturi/amida01.htm 
湯殿山滝行
 http://wadaphoto.jp/maturi/dewa01.htm 
八海山滝行
 http://wadaphoto.jp/maturi/hakkai01.htm 
しおざわ雪譜まつり(山伏滝行)
 http://wadaphoto.jp/maturi/seppu1.htm 

添付写真:忍者のように手印を結んで滝行に入った和田爺 
 http://wadaphoto.jp/images2/wadataki30l.jpg 

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□

忍者のように手印を結んで滝行に入った和田爺

2021年10月1日(金)雨  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「十月の裸褌祭」アップ!

和田フォトファンの皆様

今晩は。中秋の名月のあと台風16号に見舞われた日本列島ですが、いかがお過ごしですか。

昨年来、新型コロナ対策で、全国の裸祭が中止の事態になっており、Wa☆Daフォトギャラリーも新作を発表する機会を奪われました。

そこで今年(2021年)は、正月以降、過去20年余にわたって取材した104種236作品の裸褌祭から力作を抜粋し、毎月その月に催行されたものを徒然日記に紹介することにしています。

十月は秋の裸褌祭の最盛期で、次の11作品を紹介しました。

神輿一体走り 勝岡八幡神社 愛媛県松山市勝岡町
 http://wadaphoto.jp/maturi/ittai1.htm   

安城寺川狩り 久万川・川狩り場 愛媛県松山市安城寺 
 http://wadaphoto.jp/maturi/ittai4.htm    

播州秋祭/浜の宮天満宮 浜の宮天満宮 兵庫県姫路市
 http://wadaphoto.jp/maturi/japan05.htm   

坂越の船祭り 大避神社 兵庫県赤穂市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/sakosi1.htm   

櫛来社のケベス祭 来社 大分県国東市国見町
 http://wadaphoto.jp/maturi/kebesu1.htm   

灘のけんか祭り 松原八幡神社 兵庫県姫路市  
 http://wadaphoto.jp/maturi/japan07.htm    

荒川神社小芋まつり 荒川神社 兵庫県姫路市  
 http://wadaphoto.jp/maturi/arakawa1.htm   

船橋大神宮子ども相撲 船橋大神宮 千葉県船橋市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/hono1.htm  

船橋大神宮奉納相撲 船橋大神宮 千葉県船橋市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/honou1.htm  

釣上古式子供相撲土俵入り 釣上神明社 埼玉県さいたま市岩槻区 
 http://wadaphoto.jp/maturi/kosiki01.htm 

鞍馬の火祭り 由岐神社 京都府京都市左京区鞍馬本町 
 http://wadaphoto.jp/japan/kurama2.htm 

どうか、お時間のあるときに、ごゆるりとご覧下さい。

徒然日記「十月の裸褌祭」 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#1   

添付画像:豪快な木場の屋台(灘のけんか祭り)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images/kenka11l.jpg 

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□

豪快な木場の屋台!

2021年9月20日(月)晴  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「養老渓谷の水浴と滝行」アップ!

和田フォトファンの皆様

こんばんは。

敬老の日の休日、いかがお過ごしですか。

2021年8月26日(木)27日(金)、吉田好幸・ワダフォト福岡支店長と共に夏盛りの千葉に旅し、鴨川市の五平旅館を基地にして無人の海や川に入り、今年も去年の利根川に続いて褌ロケを行いました。

初日は、濃溝(のうみぞ)の滝(千葉県君津市笹)で滝行を終えた後、太平洋に面する五平旅館(千葉県鴨川市江見吉浦)にチェックインし、旅館前の無人の岩場で磯遊びをしました。

二日目は、早朝、五平旅館から浴衣姿で和田浦海岸を散策し、太平洋の荒波寄する砂浜でひとり占めの海水浴を楽しんだあと、養老渓谷(千葉県大多喜町)に行き、養老川での水浴や滝行を行いました。

今回は、「和田爺の千葉の夏」最終回「養老渓谷の水浴と滝行」で、28枚の中編となりました。お時間のあるときに、ごゆるりとご覧ください。〈 拝 〉

註:我々一行は、車で移動し、三密を回避し、大自然の中の誰も居ない場所での撮影に徹し、コロナ蔓延防止に万全を尽くしました。(二人ともワクチン二度接種済みです。)

徒然日記〈9月20日〉「養老渓谷の水浴と滝行」
 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#20  

〈参考〉
徒然日記〈9月17日〉「夏の千葉・安房鴨川の海に遊ぶ」
 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#17  
徒然日記〈9月16日〉「コロナ撲滅を祈願する和田爺の滝行」
 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#16日 


□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□

養老渓谷「深沢の滝」の滝行

2021年9月16日(木)曇  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記〈9月〉「コロナ撲滅を祈願する和田爺の滝行」アップ!

今晩は。

2021年8月26日(木)27日(金)、吉田好幸・ワダフォト福岡支店長と共に夏盛りの千葉に旅し、鴨川市の五平旅館を基地にして無人の海や川に入り、今年も去年の利根川に続いて褌ロケを行いました。

初日は、中央道から東京湾アクアラインを経由し、千葉県君津市濃溝温泉に到着、甚平姿で濃溝
(のうみぞ)の滝(亀岩の洞窟)に行き、褌一丁の滝行を行って全世界から新型コロナが撲滅されるよう神仏に祈願しました。。

12枚の小品です。お時間のあるときに、ごゆるりとご覧ください。

徒然日記〈9月16日〉「コロナ撲滅を祈願する和田爺の滝行」
 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#16日   

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□

濃溝の滝で瞑想する和田爺

2021年9月16日(木)曇  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「九月の裸褌祭」アップ!

和田フォトファンの皆様

今晩は。残暑厳しい初秋をいかがお過ごしですか。

昨年来、新型コロナ対策で、全国の裸祭が中止の事態になっており、Wa☆Daフォトギャラリーも新作を発表する機会を奪われました。

そこで今年(2021年)は、正月以降、過去20年余にわたって取材した104種236作品の裸褌祭から力作を抜粋し、毎月その月に催行されたものを徒然日記に紹介することにしています。

九月も裸褌祭の最盛期で、次の7作品を紹介しました。

和田乃神社奉納相撲 和田乃神社 東京都青梅市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/wada1.htm  

武州御嶽山滝行 武蔵御嶽神社 東京都青梅市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/ayahiro1.htm   

重陽の烏相撲 上賀茂神社 京都府京都市北区 
 http://wadaphoto.jp/maturi/karasu1.htm   

笹久保古式子供土俵入 篠岡八幡大神社 埼玉県さいたま市岩槻区笹久保 
 http://wadaphoto.jp/maturi/kosiki05.htm   

諏訪大社十五夜相撲 諏訪大社上社本宮 長野県諏訪市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/jugoya1.htm  

見付天神裸祭/浜垢離 見付天神 静岡県磐田市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/mituke01.htm   

見付天神裸祭/御大祭 見付天神 静岡県磐田市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/mituke05.htm   

どうか、お時間のあるときに、ごゆるりとご覧下さい。

徒然日記「九月の裸褌祭」 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#16  

添付画像:見付天神裸祭/浜垢離「祭広場」名作集
 http://wadaphoto.jp/maturi/images13/mituke533m.gif  

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□
2021年8月10日(火)晴  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「八月の裸褌祭」アップ!

和田フォトファンの皆様

今晩は。暑い夏をいかがお過ごしですか。

昨年来、新型コロナ対策で、全国の裸祭が中止の事態になっており、Wa☆Daフォトギャラリーも新作を発表する機会を奪われました。

そこで今年(2021年)は、正月以降、過去20年余にわたって取材した104種236作品の裸褌祭から力作を抜粋し、毎月その月に催行されたものを徒然日記に紹介することにしています。

八月も七月に次ぐ夏祭の最盛期で、次の8作品を紹介しました。

八朔相撲祭 大國魂神社 東京都府中市宮町 
 http://wadaphoto.jp/maturi/hassaku1.htm 

袖師少年奉納相撲 神明宮 静岡県静岡市清水区袖師町 
 http://wadaphoto.jp/maturi/sodesi1.htm  

湯殿山滝行 出羽三山神社 山形県鶴岡市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/dewa01.htm  

盛岡舟っこ流し 北上川 岩手県盛岡市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/funekko01.htm  

宮島玉取祭 厳島神社 広島県廿日市市宮島町 
 http://wadaphoto.jp/maturi/miyat1.htm  

立川諏訪神社奉納相撲 立川諏訪神社 東京都立川市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/tsuwa1.htm  

とねり少年角力大会 舎人諏訪神社 東京都足立区舎人 
 http://wadaphoto.jp/maturi/tonerisumo.htm  

虎柏神社奉納相撲 虎柏神社 東京都青梅市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/tora1.htm  

どうか、お時間のあるときに、ごゆるりとご覧下さい。

徒然日記「八月の裸褌祭」 http://wadaphoto.jp/nikki.htm 

添付画像:「盛岡舟っこ流し」名作集
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko186m.gif 


□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□
2021年7月4日(日)雨  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「七月の裸褌祭」アップ!

和田フォトファンの皆様

こんばんは。梅雨の長雨の週末をいかがお過ごしですか。

昨年来、新型コロナ対策で、全国の裸祭が中止の事態になっており、Wa☆Daフォトギャラリーも新作を発表する機会を奪われました。

そこで今年(2021年)は、正月以降、過去20年余にわたって取材した104種236作品の裸褌祭から力作を抜粋し、毎月その月に催行されたものを徒然日記に紹介することにしています。

七月は、夏祭の最盛期で、次の8作品を紹介しました。

島立堀米の裸祭り 津島牛頭天王社 長野県松本市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/simadati01.htm 

江ノ島天王祭 江島神社 神奈川県藤沢市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/byakkon1.htm 

博多祇園山笠 櫛田神社 福岡県福岡市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/hakata0.htm  

ざるやぶり神事 八雲神社 三重県津市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/syunka8.htm 

赤褌神輿 那古野神社 愛知県名古屋市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/akafun01.htm 

津屋崎祗園山笠 波折神社 福岡県福津市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/tuyazaki01.htm 

猪鼻の甘酒こぼし 猪鼻熊野神社 埼玉県秩父市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/amazake01.htm 

大和田の荒神輿 大和田氷川神社 埼玉県新座市 
 http://wadaphoto.jp/maturi/aremikosi1.htm 

どうか、お時間のあるときに、ごゆるりとご覧下さい。

徒然日記「七月の裸褌祭」 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#4 

添付画像:猪鼻の甘酒こぼし amazake539m.gif

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□
2021年6月12日(土)晴   けんじ 様 より

Re: いつも楽しく拝見しております。

早速のご返信ありがとうございます。また、素晴らしい写真の提供、ありがとうございました。

私は、和田さんの褌姿を羨ましく思い、このページを拝見しております。その意味では、男性の裸体に多大なる関心があると言われるのは、当たっていますね。

今の世の中、祭りの場面では、褌着用は違和感はありません。(褌着用による裸祭りがなくなりつつあるのであれば、祭りの場面でも違和感が持てれるようになっているのかも・・)しかし、通常の生活の中では、褌着用は奇異な目で見られる可能性が十分あります。

社会人として、また、一般的な生活を行い、人がいる場面で着替えをするイコール下着姿を他人に見られることのある場面では、褌着用を試みたくても、気が引けます。そんな中でも、和田さんの行動は、とても羨ましく思います。現役時代も気にされたことはありませんでしたか?

ブリーフやトランクス、最近下着としてのスタンダードのボクサーブリーフよりも、褌は体にいちばんよいのではないかと思っております。

だから、褌姿の和田さん、とても自然体で、とてもいいです。そして、あのようにホームページでご自身のはだかをご披露されるのもとても自然体で素敵です。れからも続けてください。また、褌着用のエチケットも非常に素晴らしく思い、どのように心がけていらっしゃるか、お聞きしたく、メールを差し上げました。

このお写真、亀頭が透けて見えると思っておりましたが・・ http://wadaphoto.jp/images2/tanigawadake52l.jpg 
陰影やふくらみとしての許容範囲ということでしょうか。 

褌着用の温泉は、どちらで撮影されたものでしたか? http://wadaphoto.jp/images2/tanigawadake42l.jpg 
温泉入浴に際し、褌着用が義務付けられているようなところであれば、まずはそこから手始めに褌体験ができるかと思い、お聞きしました。全員が褌をして、風呂に入っているのならば、安心できます。
お便りありがとうございました。

私は、半世紀以上、下着は旧海軍同様、白晒の越中褌です。衛生的で健康的な下着です。家族、職場、友人から認知され、仕事や昇進についても、全く関係がありませんでした。日本の伝統文化ですので、他人の目を気にすることは全くありません。病院に入院したときも褌です。だって、病院はT字帯という褌を推奨しているのですから。(^-^)

日本では現代も全裸で銭湯や温泉を楽しんでいるのですから、裸文化万歳です!このような風習は、世界でも日本にしかみられません。日本の高温多湿の気候風土が育んだ文化です。この裸文化は、世界中から認知されており、誇りにしてよい素晴らしい文化だと思います。

追伸:褌の陰影は私の価値観で許容範囲だと思います。これまで、クレームを受けたことはありません。風呂褌は、江戸時代の習慣ですが、家族風呂や貸切風呂などでロケを行いました。褌入浴の温泉や銭湯は、もちろん存在しません。
谷川で禊
2021年6月11日(金)晴   けんじ 様 より

いつも楽しく拝見しております。

和田さん、こんにちは!いつもホームページを非常に楽しく拝見しております。

最近公開された和装や着物姿のページなど、コロナ禍において、非常に鬱々としたなかではありますが、非常にすがすがしく、蒸し暑い日が予想されるなかでも、とても心地よく感じられます。

このような和装姿(着物姿?といえばよいのでしょうか?)、とても素敵です。日本文化がとても表現されていると思います。また、褌姿もご披露されており、これも涼やかに感じる理由なのかもしれません。

どこかの温泉の外湯で、褌着用で入浴されている様子が公開されていますが、これは入浴される皆さんが、褌着用で入る温泉でしょうか?こういったところもあるかと思うと興味深いです。

さて、褌姿のご披露で、もう一点気になったことがありましたので、不躾ながら、質問したく思い、メールをさせていただきました。褌姿の写真は、とても豪快で、これぞ日本男児といった心意気を感じさせるものばかり。滝でみそぎをされている姿、海辺で豪快にポーズを決めている姿など、どれもカッコいいものばかりです。

そこで気づいたことを単刀直入にお聞きします。豪快なポーズを決めているものや禊をしているもの、どちららも褌の前袋からも陰毛がはみ出していることもありません。また、濡れた褌から、亀頭が透けて見えるものもいくつかあるように思いますが、陰毛が透けて見えるものはないように思います。

以前、和田フォトのどこからのページで、読者の方と褌着用時の陰毛の処理について、やりとりがあったかと記憶しています。和田さんは、褌着用のマナーとして、陰毛の処理はどのようにされているのですか?

豪快に万歳をしているポーズでは、脇の体毛もないようですが、人前でこのような姿を披露する際の嗜みとして、目立った体毛は除去されているんですかね。このあたりも、ホームページでご示唆いただけると。和装や褌を推奨されているご様子ですので、このあたりも非常に模範となるものだと思います。

お便りありがとうございました。私の着物姿だけでなく、裸褌写真を細部まで吟味されておられるようで、男性の裸体に多大なる関心がある方とお見受けしました。

和田爺の最大の目的は、日本伝統の裸褌文化の素晴らしさを世界に発信することです。そのポイントは、「品位を重んじ、健康的な写真で、誰に見られても恥ずかしくないもの」ということで、顔を隠すこともありません。肌の色は明るく健康色で、これはオリンパスのビビッド・カラーのお陰です。

ひと言でいえば、「公序良俗に反しない写真」ということです。

裸褌祭では、六尺褌一丁で参加するものが多々ありますが、全国連和田グループでは、恥毛が見えないよう、事前に処理することがエチケットだと教えています。前褌(まえみつ)から恥毛がはみ出ていることが男らしいと思う人もいるかも知れませんが、卑猥だとみる人もいるからです。

世間に身を曝すときには、誤解を受けないよう、品位を大切にすることが最も大切なことだと考えています。

白褌が水に濡れ、透けて見えるときがありますが、ご指摘のように亀頭が透けて見えている写真はボツです。男性ですからその陰影や膨らみは当然ありますから、それを修正することはありません。バレーの男性役のタイツ姿の局部の膨らみがあるのと同じことです。

江戸時代から続く日本伝統の裸褌文化や着物文化は、現代でも日本の誇りですので、実践垂範しています。これからもその格好良さや粋を世界に発信して行きたいと思っていますので、ご支援頂ければ、幸甚です。
利根川に遊ぶ
2021年6月7日(月)曇  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「和田爺の着物三昧」アップ!

こんばんは。先ほど、徒然日記に「和田爺の着物三昧」をアップしました。

徒然日記「和田爺の着物三昧」
 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#7 

 爺は、冬は作務衣、夏は甚平を着用するのが定番でしたが、春になってから、着物も楽しむようになりました。そのきっかけは、ヤフオクやメルカリなど、ネット通販サイトで新品や中古の着物が手軽に買えるようになったからです。

 近年は、終活などで箪笥に眠っていた父や祖父の着物が大量に処分され、それを捨て値で買い取った呉服店やリサイクル店が極めて安くネット販売するようになりました。

 そのお陰で、何万円もする大島紬などの高級品が僅か数千円で手に入ります。どれも殆ど使われていない新品同様のものばかりです。自分のサイズ(着丈140cm前後)に合っているものが沢山出品されていますので、写真を見ながら吟味して買ったり落札したりできます。宅急便で自宅まで配達されますので、わざわざ店に出かけなくても着物が手軽に買えてしまいます。私の支払いは、ペイペイやメルペイです。
 
和田爺にとっては、千載一遇のチャンスととらえ、着物道楽を始めたという次第です。(^-^)

これまでの顛末を17枚にまとめた小品です。お時間のあるときに、ごゆるりとご覧ください。〈 拝 〉

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□
黒羽織に黒の羽織紐と黒の角帯

黒羽織に黒の羽織紐と黒の角帯

拡大写真(2400X2350)1.41MB

2021年6月6日(日)曇  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「恋の浦に遊ぶ」アップ!

こんにちは。今日は雨の東京。コロナのこともあり、外に出ず、パソコンに向かっています。小さな作品をひとつ仕上げましたので、お知らせします。

徒然日記「恋の浦に遊ぶ」
 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#6 

五月のゴールデンウィーク期間中は九州にコロナ疎開し、津屋崎祗園山笠の全国連和田グループの定宿・吉田屋に滞在していたとき、素晴らしい晴天に恵まれたので、童心に還り、少し風があるものの波静かな恋の浦(福岡県福津市渡)で褌ロケを行いました。

16枚の小品です。お時間のあるときに、ごゆるりとご覧ください。〈 拝 〉

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□
磯波の洗礼!

磯波の洗礼!

拡大写真(2400X1600)747KB

2021年6月5日(土)晴  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「六月の裸褌祭」アップ!

こんにちは。週末をいかがお過ごしですか。

新型コロナ対策で、全国の裸祭が中止の事態になっており、Wa☆Daフォトギャラリーも新作を発表する機会を奪われました。
そこで、今年(2021年)正月の徒然日記以降、過去20年余にわたって取材した104種236作品の裸褌祭から力作を抜粋し、毎月その月に催行されたものを徒然日記に紹介することにしました。
六月は、次の作品を紹介しています。

黒褌御輿(富山県富山市)
 http://wadaphoto.jp/maturi/kurofun08.htm 

へこかき祭(福岡県久留米市)
 http://wadaphoto.jp/maturi/hekokaki.htm 

源平和船競争おしぐらんご(岡山県笠岡市)
 http://wadaphoto.jp/maturi/osi1.htm  

伊雑宮御田植祭(三重県志摩市)
 http://wadaphoto.jp/maturi/syunka7.htm 

夏越の釣ヶ崎海岸禊(千葉県長生郡一宮町)
 http://wadaphoto.jp/maturi/tama05.htm 

どうか、お時間のあるときに、ごゆるりとご覧下さい。
徒然日記「六月の裸褌祭」 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#5 

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□
二段波の襲来!/九十九里浜(千葉県長生郡一宮町)

二段波の襲来!

2021年5月16日(日)曇  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

徒然日記「和田爺(74歳)の着物撮影会」ほかアップ!

こんばんは。コロナ禍の週末をいかがお過ごしですか。

最近、徒然日記に追加した写真集をお知らせします。お時間のあるときに、ごゆ
るりとご覧下さい。

05月16日(日) 徒然日記〈2021年5月〉/ 和田爺(74歳)の着物撮影会
 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#16 

05月11日(火) 徒然日記〈2021年5月〉/ 津屋崎浜の和田爺
 http://wadaphoto.jp/nikki.htm#11 

04月26日(土) 徒然日記〈2021年3-4月〉/ 塩船観音の躑躅
 http://wadaphoto.jp/nikki2103-04.htm#26 

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□
津屋崎浜の和田爺

津屋崎浜の和田爺

拡大写真(2400X1400)392KB

2021年5月14日(金)晴   K  様 より

大国魂神社八朔相撲大会(2009年)の写真について

本日は、大国魂神社八朔相撲大会(2009年)の写真についてお尋ね致したく、ご連絡差し上げた次第です。
 http://wadaphoto.jp/maturi/hassaku1.htm 
この大会の写真も素晴らしい作品ばかりで、相撲ファンの私は幾度も拝見して参りました。そして最近、YouTubeで同じ年に同じ大会を撮影した動画を発見しました。
 https://www.youtube.com/watch?v=Kd1OUzH0eRs 

この動画のクライマックスは4分31秒からの取組です。細身の女子が、自分の2倍は体重があろうかという巨漢の男子を力相撲の末に正面から正々堂々と寄り切って破った大熱戦で、私自身も幾度も見返しました。

その状態で改めて和田様の撮影された同大会の写真一覧を見たところ、この相撲をとった両者が、他の写真に写っていることに気づきました。勝った女子は、下記の写真で手前の列の真ん中にいる子です(顔は写っていませんが、体型、髪型、服装から間違いありません)。
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/hassaku01l.jpg 
負けた男子は下記の子です(顔も写っていますし、体型および右脚の絆創膏の位置からも間違いありません)。
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/hassaku10l.jpg 

しかしながら、和田フォトの写真には両者の対戦が見当たりません。これほどの名勝負が、和田様の作品一覧から漏れてしまうのは大変な損失だと思います。もしこの相撲の写真が現存しておりましたら、今からでもサイトにアップして頂けませんでしょうか。和田様が、レオタードの上からまわしを締めた女子の姿を美しくないと感じておられ、まわし一丁の男子ほどは熱心に撮影されていないことは重々承知しておりますが、この取組が埋もれてしまうのは余りにも残念です。

加えて、YouTubeの動画は画質が悪く、カメラマンも未熟なのかアップで撮り過ぎの部分が多く、全体の動きが把握しづらいです。和田様の素晴らしい腕とカメラで撮影された写真がございましたら、是非拝見したいです。

お忙しい中お手数ですが、以上宜しくお願い致します。
今後も、相撲ファンとして和田フォトを応援し続けます。

K 様

こんばんは。お便りありがとうございました。

本件は、2009年に撮影した作品で、外付けHDに原画を保存していましたので、閲覧しましたところ、悔し涙の少年と黒いレオタード少女との取り組みも立会から寄り切って少女が勝つシーンまでの全容を15枚にわたって撮影していました。

しかし、この巨漢の少年がまた負けてしまい、気の毒で、掲載を割愛しました。

ご案内のとおり、パンツやジャージなどの上にまわしを締めた姿は、大相撲を頂点とする日本伝統の相撲には似つかわしくありません。

私は昭和22年生まれの団塊の世代1期生ですが、小学校では、土俵があり、正課で素肌にまわしを締めて相撲を取りましたが、女子は見るだけでした。女子が相撲を取るという発想すら、その当時は誰も考えたことがありませんでした。

それが、後になって、誰が考え出したのか、男女平等の精神からなのでしょうか、女子に洋服の上からまわし褌を締めさせ土俵に上がらせて男子と相撲を取らせるという驚くべき事態になってしまいました。

今でも大相撲では、表彰式ですら女性を土俵に上がらせません。相撲は神事であり、五穀豊穣や社会の安寧を祈るためのもので、単なる娯楽ではなく、昔から男子に課せられた社会奉仕活動だからです。それが伝統なのです。

相撲も単なるスポーツに過ぎないと考え、伝統衣装に身を包んだ行司に替えて蝶ネクタイの洋服を着た行司役の男性が褌パンツスタイルの力士たちの勝負をコントロールしている姿を見ると、そのかっこ悪さに涙がこぼれます。

日本の伝統文化を破壊した相撲は理解できませんし、未だに女子が褌を締めて男子と相撲を取ることに違和感を覚えます。
(余談ですが、現在、女性が下着として褌を締めることが流行っているそうですが、私は、あり得ないと思っています。褌は、男性が締めてこそ似つかわしく、美しいと思うからです。)

従って、伝統の裸褌文化を記録保存するという使命感の下に取材している私としては、変質した文化には興味はありません。例えば、褌に替えてパンツで行うようになった裸祭は、全国各地にありますが、取材価値がないので、カメラを向けたことはありません。

これまでに全国104箇所の裸褌祭を取材していますが、学童の相撲に見られる男女の褌パンツ姿は、どうしても入ってしまうという以外、発表していません。

そういうことで、原画はありますが、私の哲学や審美感に反するので、発表する気はありません。御期待に添えず、申し訳ありません。〈 拝 〉