ホームページお知らせ徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィール
Wa☆Daフォトギャラリー  Wa☆Daフォトギャラリー  

2019年6月16日改訂

Login Time
 

 

 

今 日

累 計

昨 日

♪山伏・篠笛
旅と写真は元気の泉

感動の裸祭CD完成!

正月や浜の玉競り白ふどし  北舟

拡大写真(2450X3000)934KB 

The New Year,
rushing to the ball at beach wearing white fundoshi loincloth.

2000年7月16日開設

福間浦玉せり/ 福間海岸(福岡県福津市)

福間浦玉せり'18

福間浦・浜の玉せり / 福間海岸(福岡県福津市)
2019年のお便り   〈1-6月
2019年6月16日(日)晴  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

「見付天神裸祭/浜垢離」編集再開!

こ和田フォトファンの皆様

こんばんは。

去年の11月、この作品を編集中に具合が悪くなり、ほぼ半年ほどWa☆Daフォトギャラリーの画像編集から遠ざかり、静養していましたが、体調が元に戻り、今日から本格的に編集を再開しました。見付天神裸祭のあとは博多祗園山笠と出番待ちの作品が目白押しです。乞うご期待!

写真:海浜の修祓を終え海に入るため裸形となる氏子たち

【解説】撤饌(てっせん)のあと、禰宜による昇神詞の奏上で神々を送り、砂浜での修祓(しゅばつ)の神事が終わると、海に入って垢離(こり)を取る浜垢離(はまごり)を行うため、先供(さきとも)たちは、砂浜の上で脱衣して褌(ふんどし)一丁の裸形(らぎょう)となった。 私もTシャツと短パンを脱いで六尺褌一丁になり、海に入って激写する体勢を整えた。 


□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□

その場で裸になる神輿先供係たち 11:00

その場で裸になる神輿先供係たち 11:00

拡大写真(2300X3000)1.30MKB

2019年5月2日(木)雨〜晴  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

前垂式六尺褌「江戸っ子」新発売!

和田フォトファンの皆様

こんばんは。

 和田爺謹製前垂式六尺褌「江戸っ子」新発売!

 https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/wadafundoshi07.html 

 http://wadaphoto.jp/maturicd5.htm#江戸 

 江戸時代から明治期にかけて、日本男性の下着は褌でしたが、浮世絵に描かれているように前垂式六尺褌が主流でした。高温多湿の日本の夏は暑く、夏季には六尺褌は仕事着でもあり、神輿祭や裸祭では祭着にもなったのです。

 「緊褌一番」や「褌を締めてかかる」という言葉は、六尺褌から生まれた格言で、越中褌では「褌をきりりと締めて」というわけにはいきません。

 江戸時代の人々が日常当たり前のように締めていた前垂式六尺褌を締めた感触は、越中褌とは違った締め付け感があり、自然と気合いが入るから不思議です。

 このたび、愛好者のご要望にお応えし、正統派・和田爺謹製の前垂式六尺褌を製作・販売することにしました。日本男児に生を受けた以上、一度は試してみる価値があると思います。 

商品情報(一枚2000円)

 和田爺謹製前垂式六尺褌「江戸っ子」は、関西ファッション連合保証の高級白晒木綿「泉羽衣晒」を使用した自家製の前垂式六尺褌一枚組で、江戸っ子の下着として使われていたものをそのまま再現したものです。当時の江戸っ子の後ろ褌(うしろみつ)の結び方も写真で解説しています。

● 長さ200cm 幅30cm 全周折返し補強

● 前袋式六尺褌や水褌(すいこん)と違って、前垂れ(まえだれ)があり、幅30cmが丁度良い寸法です。歌舞伎では、尻端折り(しりはしょり)したり、股を広げたりすると、着物の裾から前垂れがちらりと見えるのが、男の色気だとされてきました。

● 写真で締め方を説明していますので、参考にしてください。締める場所は、越中褌同様、臍下三寸(約10cm)と腰骨の上端部を通るように締めると緩まず、格好良く見えます。

□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□

和田爺謹製前袋式六尺褌「天王祭」

和田爺手製の前袋式六尺褌「天王祭」

2019年4月30日(火)曇  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

前袋式六尺褌「天王祭」の販売開始!

和田フォトファンの皆様

こんばんは。

 和田爺謹製前袋式六尺褌「天王祭」新発売!
 https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada…/wadafundoshi06.html 

いよいよ夏祭のシーズン到来! Wa☆Daフォトギャラリー「日本の裸祭り」  http://wadaphoto.jp/maturi/index.html は、平成最後の4月30日(火)に1日アクセス850件を越えました。

裸祭といえば、六尺褌。特に、前袋式六尺褌は、乱れが殆ど無いため、海を渡る江ノ島天王祭(白褌神輿)
 http://wadaphoto.jp/maturi/byakkon06.htm を代表に全国で催行される勇壮な裸祭に欠かせません。

このたび、愛好者のご要望にお応えし、正統派・和田爺謹製の前袋式六尺褌を用意しました。

商品情報

和田爺謹製前袋式六尺褌「天王祭」は、関西ファッション連合保証の高級白晒木綿「泉羽衣晒」を使用した自家製の前袋式六尺褌一枚組です。

● 長さ240cm 幅22cm 全周折返し補強 一枚組 2,000円

● 学生時代、水褌(すいこん)は、全幅(34cm)の白晒木綿を半分に折り、半幅褌(17cm)だったのですが、これは、水褌専用の褌が販売されていなかったための間に合わせでした。現代に至り、internetの通販店で種々の六尺褌が発売されるようになりましたが、わざわざ間に合わせの17cm幅の六尺褌が販売されています。しかし、これではちょっと幅が狭く、和田爺の研究では、理想的な幅は22cmです。

● 写真で締め方を説明していますので、参考にしてください。締める場所は、越中褌同様、臍下三寸(約10cm)と腰骨の上端部を通るように締めると緩まず、格好良く見えます。

【参考】六尺褌の締め方(テレビ朝日)
 https://www.facebook.com/yoshio.wada.12/videos/2025746454217959/?t=9 
 http://wadaphoto.jp/maturi/kakufun2.htm 

facebook動画url 
 https://www.facebook.com/yoshio.wada.12/videos/2035129399946331/  


□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□

和田爺謹製前袋式六尺褌「天王祭」

和田爺手製の前袋式六尺褌「天王祭」

2019年3月31日(日)晴  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

和田爺謹製越中褌「長寿」「気合」「古稀」の販売!

和田フォトファンの皆様

こんばんは。

 このほど、白晒褌の和田爺謹製越中褌「長寿」に続き、赤晒褌の「気合」を発売。紅白褌の「古稀」を加え、ワダフォト・ヤフーショッピング店は5品目のラインアップとなりました。これまでに紅白あわせて10枚の注文があり、まずまずの滑り出しです。在庫を増やし、直ぐにお送りできるように備えています。夏に備え、クールな越中褌のご用命をお待ちしております。〈 拝 〉

ワダフォト・ヤフーショッピング店「褌(ふんどし)」の頁
  https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/eaeea1caa4.html  

【1】和田爺謹製越中褌 長寿 高級白晒木綿 一枚組(1500円)
  https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/wadafundoshi02.html  

【2】和田爺謹製越中褌 長寿 高級白晒木綿 二枚組(2500円)
  https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/wadafundoshi01.html  

【3】和田爺謹製越中褌「気合」高級赤晒木綿 一枚組(1500円) 
  https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/wadafundoshi03.html  

【4】和田爺謹製越中褌「気合」高級赤晒木綿 二枚組(2500円) 
  https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/wadafundoshi04.html  

【5】和田爺謹製越中褌「古稀」高級晒木綿 紅白二枚組(2500円) 
  https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/wadafundoshi05.html  

 白褌は、大阪・堺の高級白晒木綿「月光」を使用した自家製の越中褌一枚組と二枚組。筆者こだわりの前垂(まえだれ)やや短めの越中褌です。

 赤褌は、白晒木綿を赤く染めたもので、染料は、発がん性物質を生成する恐れのあるアゾ染料(特定芳香族アミン)ではないので、安心して着用できます。お使い始めの際は、当分、単独で手洗いして下さい。何度か洗濯するうちに色落ちがなくなり、他の衣類と一緒に洗濯できるようになります。
 
● 立褌(たてみつ):長さ96(赤98)cm 幅30cm 全周折返し補強
 
● 横褌(よこみつ)(紐):長さ138cm 幅2cm
 
● 立褌と横褌の交差部に力糸(ちからいと)を用いて補強
 
● 洗濯後のサイズ
  立褌(たてみつ):長さ94(赤96)cm 幅30cm
  横褌(よこみつ)(紐):長さ136cm 幅2cm
 
● 洋服にも合うように前垂(まえだれ)を短めに裁断
 長い前垂は、着物には合いますが、洋服の場合、前垂が長いと股間で絡み合い、半ズボンの場合は、はみ出てくる危険性があります。現代では、短めの前垂が合理的で、筆者はその方が格好良く感じます。市販のものはフリーサイズが多く長めのものが多いですね。
 
● 横褌(よこみつ)(紐)は、140cm近くあり、恰幅の良い方でも着用できるようにしています。幅34cmの晒し布を4等分し、四つ折りにして紐にしているのでしっかりした紐になっています。褌は、その種類を問わず臍下三寸(約10cm)と腰骨の上端部を通るように締めると緩まず、格好良く見えます。 


□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□

和田爺謹製長寿褌

和田爺謹製気合褌

和田爺謹製古稀褌(紅白二枚組)

2019年3月27-28日(水-木)晴  S. H.  様より

「長寿」拝受しました!

和田義男 様

 桜花爛漫の候 長らくご無沙汰しております。丁重なメ−ル拝受 お元気で何よりです。

 早速ですが、 「 長寿2枚」 お願い致します。「ゆうちょ銀行」で送金をと思っております。記載済みか と思いますが、改めて振込先を願います。 満85歳 緊褌一番 相応に前向きに生きております。何とぞ 宜しくお願い致します。3月27日

和田:こんばんは。お久しぶりです。お元気で何よりです。早速のご注文、光栄です。二枚組2500円を本日お送りします。ご査収後、下記口座にお振り込み下さい。
ゆうちょ銀行(以下略)
以上、よろしくお願いします。ありがとうございました。〈 拝 〉

S.H.:和田 義男 様
 こんばんは。早々に長寿2枚お送り頂き有り難うございました。先程、近くの郵便局から送金させて頂きました。

 何時もながら、迅速かつ几帳面さに驚いております。使用者の立場を考えた丁寧な立派な品ですね。何時ぞや頂いたもの共々大切に使わせ頂きます。

 小生、家では殆んど着物、時には外出時もです。従って、肌着はすべて和式で統一しております。やはり下着は、日本古来の越中褌が一番ですね。

 中学生の頃から常時愛用し現在に至っております。洋装時も他の褌や洋式のものは殆んど使いません。ご造詣の深い貴兄には多くを教示頂いております。貴兄の作品は、仰る通り洋服時には最適ですね。

 馬齢を重ね水浴・滝行は控えておりますが元気です。早速、今宵の入浴後に着用させて頂きます。貴兄を偲び感謝の念を込めて… 有り難うございました。3月28日

和田:こんばんは。お知らせありがとうございました。東京都青梅市の武蔵御嶽神社の滝行でお逢いして以来、長いお付き合いですね。一貫して日本伝統の和服や越中褌を愛用されている羽場さんに和田爺謹製越中褌「長寿」をご購入していただき、光栄です。長年着用している人でないと分からない仕立てをしています。丈夫で長持ちする快適な晒木綿の越中褌です。末長く愛用下さい。ありがとうございました。〈 拝 〉
2019年3月20日(水)晴  S. S.  様より

安心しました!

和田義男 様

ご無沙汰しております。
今年の鐡砲洲稲荷神社の寒中水浴大会では病気療養中とのことでお目にかかることができず心配していました。
このたび越中褌の販売開始のお知らせをいただき、無事に快復・退院されたのだなと安堵しました。

私の越中褌歴は平成17年からで今年で14年になります。
最近は自作もしていますが、自分好みに前垂れをもっと短く86センチ、横みつの幅を広く4センチで作っています。

和田さんのご健康とますますのご活躍をお祈り申し上げます。
またお目にかかれることを楽しみに、今後ともよろしくお願いいたします。

S. S. 様

こんばんは。お便りありがとうございました。三ヵ月間、福岡の旅行先で静養しておりましたが、無事に東京に帰ってくることができました。三月から羽村市にアトリエを借り、アルバイトをしながら軍資金を調達し、ライフワークに邁進したいと思っています。ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。これからもどうか宜しくお願いします。

S. S.さんの越中褌は、私以上にこだわっていますね。自分の好みにあったものが一番です。これからもお互いに褌ライフを楽しみましょう。(^-^)
2019年3月20日(水)晴  和田フォトファンの皆様  Wa☆Daフォトギャラリーより

越中褌「長寿」の販売開始!

こ和田フォトファンの皆様

こんばんは。

このたび、Wa☆Daフォトギャラリー http://wadaphoto.jp 愛好者のご要望にお応えし、日本人男性のアイデンティティともいえる褌(ふんどし)を店主みずから縫製し、和田フォト本店とYahoo!店で販売することにしました。得られた浄財は、裸祭の参加・取材費の一助として活用させていただきます。どうかご支援を賜りますようお願い申し上げます。〈 拝 〉

和田フォト本店
 http://wadaphoto.jp/maturicd5.htm#長寿 

Yahoo!店
【1】和田爺謹製越中褌 長寿 高級白晒木綿 一枚組 (1500円)
 https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/wadafundoshi02.html 

【2】和田爺謹製越中褌 長寿 高級白晒木綿 二枚組 (2500円)
 https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/wadafundoshi01.html 

Wa☆Daフォトギャラリー http://wadaphoto.jp 主催者が半世紀以上愛用してきた越中褌は、江戸時代に発明されたものです。高温多湿の日本の気候風土に最適な下着であったことから日本人男性に歓迎され、数百年もの間、廃れることなく存続。現在も人気があるのは、通風性と吸湿性に優れ、清潔でシンプルな伝統の健康下着だからです。72歳の和田爺が愛用者のご健勝とご多幸を願って「長寿」と名付け、一つ一つ心を込めて縫製しています。

● 立褌(たてみつ):長さ96cm 幅30cm 全周折返し補強
● 横褌(よこみつ)(紐):長さ138cm 幅2cm
● 立褌と横褌の交差部に力糸(ちからいと)を用いて補強

● 洗濯後のサイズ
  立褌(たてみつ):長さ94cm 幅30cm
  横褌(よこみつ)(紐):長さ136cm 幅2cm

● 洋服にも合うように前垂(まえだれ)を短めに裁断
 長い前垂は、着物には合いますが、洋服の場合、前垂が長いと、股間で絡み合い、半ズボンの場合は、はみ出てくる危険性があります。現代では、短めの前垂が合理的で、筆者はその方が格好良く感じます。

● 横褌(よこみつ)(紐)は、140cm近くあり、恰幅の良い方でも着用できるようにしています。幅34cmの晒し布を4等分し、四つ折りにして紐にしていますのでしっかりした紐になっています。写真のように臍下三寸(約10cm)腰骨の上端部を通るように締めると緩みません。 


□==========================================================□
■== Wa☆Daフォトギャラリー url: http://wadaphoto.jp/ ==■
■== mail: master@wadaphoto.jp               ==■
□== 和田義男 ==============================================□

和田爺手製の長寿褌

おことわり

 私宛の e-mail をこのページに掲載することについては、お便りをお出しいただいた方々に事前のご了解をいただいていませんが、ホームページを通じて多くの方々と素晴らしい出会いや交流が生まれたことをお伝えしたいために、問題のない方法で掲載させていただいています。 もし問題の箇所があればお知らせ下さい。直ちに訂正させて頂きます。どうかよろしくお願いします。
Although I have no prior authorization of the sender to show his e-mail in this page, I intentionally show it here in a manner of no problem so that I can appeal wonderful encounter and exchange has occurred through this web-sight. Please inform me if you have any problem. I will correct immediately according to your request. Please best regards. Thank you. Yoshio WADA

特集!旅紀行(海外写真集)

 

世界の名城

感動写真集

旅紀行ジャパン   奉納相撲   多摩川紀行
旅紀行日本の祭り 旅紀行日本の裸祭り 旅紀行日本の花

ログイン時刻

 

 

 

今 日

 和田フォトギャラリー

昨 日

リンク フリー のサイトです。 リンクの際は ご一報いただき、リンク用バナー お使い下さい。
写真を個人で楽しむのは 自由ですがホームページや商用等に使用する際は ご連絡下さい。
 Copyright (C) 2000-2019 Yoshio Wada. All Rights Reserved. 
ホームページお知らせ徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィール