ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク
 

Wa☆Daフォトギャラリー

 旅紀行日本の裸祭り

2015年12月7日改訂

 

 

 

今 日

昨 日

♪ お江戸日本橋

秋深し羽織袴の江戸侍  北舟

 

Deep autumn, transformed into Edo samurai wearing haori hakama.

2015年12月4日制作

侍に変身! / スタジオ七色(東京都台東区雷門)

拡大写真(2000X3000)568KB

侍に変身! / スタジオ七色(東京都台東区雷門)

 浅草変身写真館

丸に違い鷹の羽   スタジオ七色   丸に違い鷹の羽

 褌侍七変化

FUNDOSHI SAMURAI TRANSFORMED

羽織袴

出演・制作 和田義男

はじめに
   平成27年(2015)11月24日(火)、隅田川西岸に建つ浅草寺雷門のそばにある浅草変身写真館スタジオ七色に行き、江戸時代の着物・褌姿の侍に変身した。海外に日本の伝統文化を紹介するため、日英のバイリンガルで解説し、フェイスブックにも掲載した。 https://www.facebook.com/yoshio.wada.12   

Preface

  I went to STUDIO NANAIRO which is a photo studio near Thunder gate Kaminarimon of Sensouji Temple locating western side of Sumida River in Asakusa downtown Tokyo to take myself transforming into samurai of Edo era wearing fundoshi and kimono on November 24, 2015. In order to introduce Japanese culture to the world, I explained bilingual of Japanese and English as well as uploaded to Facebook. https://www.facebook.com/yoshio.wada.12   

 

【凡例】
 
▲:上の画像の説明文 ▼:下の画像の説明文 ●:筆者の私見 〈画像の左クリック〉:別窓に拡大写真を表示

スタジオ七色の位置 / 東京都台東区雷門
スタジオ七色の位置 / 東京都台東区雷門

拡大写真(1340X830)348KB

  Google Mapw

浅草寺雷門のすぐ西にあるスタジオ七色
浅草寺雷門のすぐ西にあるスタジオ七色

拡大写真(1500X720)163KB

  Google Map

文政3年(1820)の淺草寺

東都金龍山淺草寺図を見ると当時の隅田川は物流や交通漁業の中心で賑わう様子が良く描かれている

Sensouji Temple in 1820

According to the following picture of Sensouji Temple and Sumida River drawn in 1820, it is apparent that Sumida River was the center of commercial distribution, transprtation and fishing industry.

東都金龍山淺草寺圖 / 文政3年(1820)

東都金龍山淺草寺圖 / 文政3年(1820)

拡大写真(2400X2000)935KB

雷 門

▼ 雷門は浅草寺の山門で、東京都台東区浅草に位置する。正式の名称は、風神雷神門。 提灯には風雷神門と略字で書かれている。門に向かって右側に風神、左側に雷神が配された朱塗りの山門である。門の中央には、重さ約700Kgの提灯が吊りさげられており、浅草のランドマークとなっている。

 Thunder gate Kaminarimon

Thunder gate Kaminarimon is the temple gate of red color locating Asakusa Taito Ward Tokyo. The formal name is Fuujin- Raijin Mon.  Fuujin is on the right, Raijin on the left facing to the gate. A big paper lantern weighing about 700 kg is hanging on the center of the gate. Kaminarimon is very famous as the landmark of Asakusa.

浅草寺雷門
浅草寺雷門

拡大写真(2000X1340)650KB

  goo ブログ 緑

雷神 Raijin

 

風神 Fuujin

雷神 Raijin 風神 Fuujin

拡大写真(1200x900)193KB

拡大写真(1200x900)170KB

風神雷神図

▼ 風神雷神図は、風袋から風を吹き出し、下界に風雨をもたらす風神と、太鼓を叩いて雷鳴と稲妻をおこす雷神の姿を描写した絵である。俵屋宗達の風神雷神図(上)は、建仁寺が都国立博物館に寄託したもので、国宝。尾形光琳の風神雷神図(下)は、その模写で、東京国立博物館にある国の重要文化財。

Fuujin Raijin Zu

Fuujin Raijin Zu is a picture drawing the god of Fuujin blowing a wind from wing bag raining to the human world, and the god of Raijin causing thunderbolts and lightning by beating the drums. Fuujin Raijin Zu painted by Soutatsu Twaraya (upper) is a National Treasure which is owned by Kenninji Temple and deposited to Kyoto National Museum. Lower picture is its copy by Korin Ogata, owned by Tokyo National Museum as Important Cultural Property. 

俵屋宗達の風神雷神図(建仁寺蔵)(上)と尾形光琳の風神雷神図(下)

俵屋宗達の風神雷神図(建仁寺蔵)(上)と尾形光琳の風神雷神図(下)

拡大写真(2000X1800)671KB

三社祭 / 浅草寺 2012.5.19

三社祭 / 浅草寺 2012.5.19

拡大写真(2400X1350)963KB

三社祭
毎年5月に3基の宮神輿と100基の町内神輿が繰り出す盛大な三社祭は、浅草寺の境内で開かれ、江戸時代から続く六尺褌一丁の入れ墨をした男たちによる裸神輿が見られる。  

Sanjya Festival

Since Edo era about 400 years ago, famous Sanjya Festival joinig about 100 town mikoshi and three shrine mikoshi has been held on May every summer at precincts of Sensouji Temple. You can see the naked mikoshi by men of tattoos naked wearing fundoshi only.
三社祭の裸褌神輿 1/4 2004.5.15

三社祭の裸褌神輿 1/4 2004.5.15

拡大写真(3000X2100)1.71MB

三社祭の裸褌神輿 2/4

三社祭の裸褌神輿 2/4

拡大写真(2400X1350)602KB

三社祭の裸褌神輿  3/4

三社祭の裸褌神輿  3/4

拡大写真(3000X2250)1.02MB

三社祭の裸褌神輿  4/4

三社祭の裸褌神輿  4/4

拡大写真(2400X1350)795KB

スタジオ七色

浅草寺雷門のすぐ近くに位置する浅草変身写真館「スタジオ七色」は、テレビの報道で知り、日本の侍文化を世界に紹介するため、足を運んだのだか、最近は、外国の観光客だけでなく、日本人客も増えているそうで、江戸時代を再現した時代劇に登場する侍や姫、舞子などの衣装を身につけて、記念写真を撮る喜びを提供してくれる。 Tel 03-3843-7716 Url: www.nana-iro.tokyo/  Email: info@nana-iro.tokyo   

STUDIO NANAIRO

In Tokyo, There is a dress-up studio where visitors including foreigners can experience wearing the costumes of characters appearing in samurai dramas reproducing Edo Era several hundred years ago. In order to introduce Japan's samurai culture to the world, I went to Asakusa transformational studio 'STUDIO NANA-IRO' near Thunder gate Kaminarimon of Sensoji Temple downtown Tokyo.
のっぽビルのスタジオ七色
のっぽビルのスタジオ七色

拡大写真(1500X720)163KB

  Google Map Street View

スタジオ七色のホームページ http://nana-iro.tokyo/

スタジオ七色のホームページ http://nana-iro.tokyo/

拡大写真(1240X740)246KB

羽織袴姿
衣装室で着付けを行い、シミなどが目立たないように簡単なメイクをしたあと、7階のスタジオに行き、最初に羽織袴を着た写真を撮影した。  

Formal Japanese Attire

I wore kimono at dressing room, making up my face simply to erase the stain. I was taken my portraits at the studio room on 7th floor wearing Japanese formal attire of haori hakama. Haori is Japanese coat and hakama is Japanese skirt for formal wear. Wearing haori hakama I can attend the banquet requesting full dress.

羽織袴で記念撮影 1/3

羽織袴で記念撮影 1/3

拡大写真(2140X3000)430KB

羽織袴で記念撮影 2/3

羽織袴で記念撮影 2/3

拡大写真(2500X2600)435KB

羽織袴で記念撮影 3/3

羽織袴で記念撮影 3/3

パノラマ写真(2500X2600)413KB

羽織袴の侍に変身!
私が選択したのは、七色侍コースで、衣装・照明・撮影を担当する3人のスタッフが3時間かけて裸褌姿を含む24カット約400枚を撮影してくれた。  

Transformed into Samurai Wearing Haori Hakama!

I selected Nanairo Samurai Course so that three staffs of stage costume, studio lighting and photo shooting took about 400 cuts including naked fundoshi figures for 3 hours.

羽織袴の侍に変身! 1/4

羽織袴の侍に変身! 1/4

拡大写真(2300X3000380KB

▲▼ 太刀と脇差の二刀を腰に差すと気合いが入る。二刀とも腰骨の上部に固定されており、六尺褌の横褌(よこみつ)の上を通っているので、ずれ下がる恐れがない。帯刀する場合は、六尺褌が必須で、越中褌は不適当。  
I became fired up wearing two swords at my left waist. Both swords are fixed above the hipbone and horizontal cord of rokusyaku fundosi so that there is no fear of slide down.

羽織袴の侍に変身! 2/4

 羽織袴の侍に変身! 2/4

拡大写真(2700X3000)494KB

羽織袴の侍に変身! 3/4

 羽織袴の侍に変身! 3/4

拡大写真(2100X3000)583KB

羽織袴の侍に変身! 4/4

 羽織袴の侍に変身! 4/4

拡大写真(2200X3000)613KB

   秋深し羽織袴の江戸侍  北舟 

あきふかし はおりはかまの えどざむらい

Deep autumn, transformed into Edo samurai wearing haori hakama.

抜刀! 1/2

抜刀! 1/2

拡大写真(2000X3000)568KB

抜刀!
この写真は、実際にはあり得ない持ち方で、スタジオ七色お勧めのポーズ。格好良さを追求するのがこの写真館のコンセプト。  

Sword Drawing!

This pose is not real in the actual scene, only pursuing the coolness of samurai recommended by STUDIO NANAIRO. Please enjoy samurai costume play, my friends. 

抜刀! 2/2

抜刀! 2/2

拡大写真(2000X3000)618KB

黒田武士
「酒は呑め呑め 呑むならば 日本一(ひのもといち)のこの槍を 呑み取るほどに呑むならば これぞ真(まこと)の黒田武士」 福島正則が「これを飲み干せばどんな褒美も取らす」というと、黒田長政の名代・母里太兵衛(もり・たへえ)が名乗り出て、見事に大盃を飲み干し、天下の名槍日本号を手に入れた。  

Kuroda Bushi(Samurai)

The samurai named Tahei Mori on behalf of Japanese military commander Nagamasa Kuroda got the No.1 Spear of Japan named Nippon Gou by drinking sake in a large bowl dry by the order of Japanese military commander Masanori Fukushima. This is real samurai of Kuroda.

黒田武士 1/2

黒田武士 1/2

拡大写真(2250X3000)428KB

黒田武士  2/2

黒田武士 2/2

拡大写真(2300X3000)388KB

Wa☆Daフォトギャラリー

今 日

 和田フォトギャラリー

昨 日

 Copyright (C) 2000-2016 Yoshio Wada. All Rights Reserved. 

ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク