ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク
 

Wa☆Daフォトギャラリー

 旅紀行日本の裸祭り

2018年3月18日改訂

今 日

昨 日

♪朱 TAM Music Factory

拡大写真(1200x1050)250KB

五十年の寒の水行褌の白いそとせの かんのすいぎょう こんのしろ

   北舟

2006年1月20日制作

宮司のお祓い

寒中水浴大会(鐵砲洲稲荷神社/東京都中央区湊一丁目)

 
鐵砲洲稲荷神社神紋   鐵砲洲稲荷神社   鐵砲洲稲荷神社神紋

続寒中水浴大会

氷 柱

水浴'05 '0 '07 '08 '09 '10 '11 '12 '13 '14 '15 '16 '17 '18
氷柱 鳥船 寒禊 横顔 直会 和田義男
 
新春の風物詩
 2006年正月8日(日)、昨年に引き続き、東京都中央区湊一丁目に鎮座する鐵砲洲稲荷神社*(てっぽうず・いなり・じんじゃ)に参拝し、寒中水浴大会を取材した。この祭礼は東京の新春の風物詩として知られるが、今年も雲一つ無い晴天に恵まれ、午前11時から拝殿前の境内で51回目の大会が開催された。
*鉄砲洲稲荷神社: 中央区湊一丁目6番7号 TEL03-3551-2647  鐵砲洲稲荷神社公式サイト 

拝殿前の特設水槽

拝殿前の特設水槽

拡大写真(1400x1050)331KB

   今年は戦後61年目に当たり、また、戦後、先代の中川正光・名誉宮司が新春の禊(みそぎ)を再開してから51年目となり、100年の伝統づくりに向けた新たなスタートの年となった。今年から神社協賛会青年部の役割を担う弥生会(やよいかい)が大会の参加・運営に当たっている。

結氷した汲み置き水

結氷した汲み置き水

 

寒中水浴大会

かんちゅうすいよくたいかい
 寒中水浴大会は、毎年正月第2日曜日午前11時から禊祓(みそぎはらい)と無病息災を祈念する鉄砲洲稲荷神社の祭礼で、氏子でない人でも記帳して500円を納めれば水浴することができる。今年は紅一点の女性を含む40人が参加した。

東囃子あずまばやし

による江戸里神楽の奉納

東囃子による江戸里神楽の奉納

拡大写真(1400x1050)262KB

  鐵砲洲威儀を正して初神楽   北舟    
 
早朝の みそぎ
 拝殿の右奥に富士山の一合目から十合目までの石で築いた富士講の浅間神社(せんげんじんじゃ)が祀られている。そのそばに禊の装置があり、地下水をタンクに汲み上げ、スプリンクラーのような配管から清水が流れ落ちるようになっている。普段は早朝にここで禊が行われる。

禊の装置

禊の装置

 

常連の参加者たち

 毎年、福島、金沢、千葉など、遠隔地から参加する人たちも多く、この日も常連たちが社務所二階の控の間に集まり、談笑しながら開始を待ち、午前11時前に禊の身支度を調え、開始を伝える太鼓の合図を待った。

社務所二階で禊の用意

社務所二階で禊の用意

拡大写真(1400x1050)262KB

 
白褌しろふんどし 白衣びゃくい
 今年から禊の衣装は、男性は白褌、女性は白い着物に統一された。褌は越中褌が基本であるが、数年前から六尺褌も認められている。褌を持参していない人は、弥生会が用意した越中褌を800円で分けてもらえる。

和気藹々わきあいあい

着替え

余裕の常連たち

和気藹々の着替え 余裕の常連たち

拡大写真(1024x768)212KB

拡大写真(1400x1050)171KB

   拝殿の太鼓が打ち鳴らされると、参加者全員拝殿前に集合。禊が行われる特設水槽の周りには虎ロープが張られ、弥生会の警備員が警備に当たっていた。ロープの内側は、関係者以外は立入禁止となっている。

弥生会参加者と陣頭指揮に立つ青柳晴男会長

弥生会参加者と陣頭指揮に立つ青柳晴男会長

パノラマ写真(1600x800)291KB

   去年までは、規制がなかったため、アマチュア・カメラマンたちが水槽の周りに押しかけ、事故の恐れが懸念されたため、今年から弥生会が事故防止にあたることになったという。

ハンドマイクで挨拶する中川文隆宮司

ハンドマイクで挨拶する中川文隆宮司

   午前11時きっかりに寒中水浴大会が始まり、最初に去年自ら水浴して指導に当たった中川文隆宮司が挨拶。今年から禊の本旨を徹底し、神社本庁の道彦(みちひこ 導師)による古式に則った禊を行うことにしたという。
  五十年の寒の水行褌の白   北舟    

宮司のお祓い

宮司のお祓い

拡大写真(1400x975)370KB

氷柱 鳥船 寒禊 横顔 直会 和田義男
水浴'05 '0 '07 '08 '09 '10 '11 '12 '13 '14 '15 '16 '17 '18
Wa☆Daフォトギャラリー

今 日

 和田フォトギャラリー

昨 日

 Copyright (C) 2000-2018  Yoshio Wada. All Rights Reserved. 

ホームページお知らせお便りコーナー徒然日記俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィールリンク