ホームページお知らせお便りコーナー俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィール
Wa☆Daフォトギャラリー  Wa☆Daフォトギャラリー  

2016年6月29日改訂

ログイン時刻

 

 

 

今 日

昨 日

♪メドレー「野の花〜春の海」
旅と写真は元気の泉

感動の裸祭CD完成!

神庭の夏越の海や褌の白   北舟

 拡大写真(2000X1500)419KB

White are the loincloths,
 summer purification at the sea of deity's garden.

2000年7月16日開設

祈りの祝詞 11:13
祈りの祝詞/九十九里浜釣ヶ崎海岸(千葉県長生郡一宮町)
2016年の日記 6月
wadapho.jp 内検索  
  5月 6月 7月

「徒然日記」目次


2016年6月30日(木)雨
■■■ 北舟の褌談義〈34〉英訳写真俳句 -拾八- ■■■
北舟の褌談義〈34〉英訳写真俳句 -拾八-

【参拾四】湯殿山滝行(修験道)

山形県鶴岡市 出羽三山神社錬成修行道場 2011年8月6-8日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/dewa01.htm 
Youtube : https://youtu.be/mQ79xqPPjD4 

● 雲の峰即身仏の湯殿山  北舟
(くものみね そくしんぶつの ゆどのさん)
The ridges of summer clouds,
Mt. Yudono
the mummificated monks.
鉄門海上人(てつもんかいしょうにん)の即身仏/注連寺(鶴岡市大網) 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa012lbl.jpg 
真如海上人(しんにょかいしょうにん)の即身仏/瀧水寺大日坊(同上) 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa012lcl.jpg 

〈即身仏〉修験道は、日本古来の山岳信仰がシャーマニズム、仏教、神道などの影響を受けて古代末期に宗教の形態をとるようになったもので、修験は修行得験(しゅぎょう・とっけん)の意とされ、深山幽谷に分け入って命がけの修行を積み重ね、霊力、験力を獲得することを目的としている。

 即身仏は、本人の意志により生きたまま土中に埋められ、ミイラ化して仏となった山伏のことで、出羽三山の修験道の極致である。即身仏で有名な瀧水寺大日坊は、次のように説明している。 

「 湯殿修験行人の行う難行苦行の最たるもので、木食(もくじき)の行を積み重ね、身と口と心の行いを正して自らを修め、慈悲を施して他人を正し、現世来世を通じて仏国楽土を築かんとの信仰から死後も体を残して人々に仏教を語ろうと決意され、生きながらにして土中に入定(にゅうじょう)し、三年三ヶ月後に弟子や信者の手により掘り出し、これを洗い清め、乾かして即身仏となられるのである。尚、木食の行を何十年もくりかえし実行の結果は、身体内の窒素率を消耗しつくし、腐敗雑菌の発生を防ぎ、朽ちない身となるのである。」 

● 緑陰の桃聖見上ぐ羽黒山  北舟
(りょくいんの とうせいみあぐ はぐろさん)
Mt. Haguro,
looking up Tohsei
in the shade of trees.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa003cl.jpg (芭蕉像と句碑)

● 月山にのぼる小径や草葎  北舟
(がっさんに のぼるこみちや くさむぐろ)
The overgrown weeds,
a path for climbing
Mt. Gassan.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa014kl.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa082ml.jpg 

● 湯殿山白褌の滝行人  北舟
(ゆどのさん しろふんどしの たきぎょうにん)
Mt. Yudono,
ascetics of white loincloth
beneath a waterfall.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa185cl.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa185el.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa197cl.jpg 

〈解説〉出羽三山は、山形県庄内地方に広がる羽黒山(はぐろさん)(414m)・月山(がっさん)(1,984m)・湯殿山(ゆどのさん)(1,504m)の総称で、修験道を中心とした山岳信仰の場として、現在も多くの修験者や参拝者を集めている。

 出羽三山の最奥の地・湯殿山の御神体は、女性の秘所に似た霊巌(れいがん/岩)である。その頂上から流れ出る湯は梵字川に注ぎ、やがて赤川となって庄内平野の大地を潤し、日本海に注ぐ。この不思議な巌(いわお)が発見されて以来、湯殿山と名付けられた霊山の慈悲深い湯殿の大神により、新しい生命を賜って再生するという信仰が生まれたのは、日本人にとっては自然の成り行きであった。

 しかし、下級武士たちの革命で生まれた明治政府は、神仏分離令や修験道廃止令により、国宝級の仏教寺院や仏像を破壊し、修験道を放逐してしまった。これは、イスラム原理主義を標榜するタリバンによるバーミヤン石窟の破壊以上に罪深いもので、今となっては取り返しのつかない失政である。敗戦後、日本は一時的に連合軍に占領されたものの、幸いにも植民地化を免れて民主化され、日本国憲法によって信教の自由が保障されると、神仏混交の文化が鮮やかに蘇った。

 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa174cl.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa210cl.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa215cl.jpg 

〈所感〉山々に鎮座する神々の御加護を受けて、父母の厳粛な営みにより新しい命を賜った我々は、死後、その魂が山に還ってゆくという信仰は、六世紀半ばに中国から仏教が伝来すると、神仏習合の文化となり、修験道となって庶民の心を捉え、栄えて行った。現在もその思想に共感する人々が全国から出羽三山神社の錬成修行道場に集まり、山伏体験が行われている。 

 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa203cl.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa198cl.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images11/dewa203gl.jpg 

 今、ファッショナブルな装備品を身に着けて山に登る山ガールがはやっているそうだが、湯殿山錬成修行道場も半数近くが女性行者であることを考えると、隔世の感がある。男性だけでなく、若い女性までもが物質文明に毒された都会の生活から一時的に脱出し、大自然の山に分け入り、山駈け、沢駈け、滝行と、かつての修験者・山伏たちがやっていたことを体験することは、西洋至上主義や経済大国を目指す価値観のもとに走り続けてきた日本国民から失われてしまったものを取り返す縁(よすが)となることだろう。

2016年6月29日(水)曇
■■■ 北舟の褌談義〈33〉英訳写真俳句 -拾七- ■■■
冷水を肩に浴びる
北舟の褌談義〈33〉英訳写真俳句 -拾七-

【参拾参】山伏滝行(里山伏)

新潟県南魚沼市塩沢  巻機山萬学院 平成18年(2006)2月18日(土)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/seppu1.htm  
Youtube : https://youtu.be/UH19EtJCIcg 

● 雪解風巻機山の修験みち   北舟
(ゆきげかぜ まきはたやまの しゅげんみち)
Snow-melting wind,
an path for yamabushi the itinerant Buddhists
of Mount Makihata.
魚野川・前島橋から眺めた越後三山を含む連山(南魚沼市塩沢)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu01l.jpg 
霊峰・ 巻機山(まきはたやま)(1967m) 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu66l.jpg 
豪雪に埋まるC水地区
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu03l.jpg 

〈山伏水行之儀〉塩沢の里山伏(さとやまぶし)たちが午前10時から火生(かしょう)の滝で行う「山伏水行之儀」の会場は、機織り(はたおり)の神・巻機権現(まきはたごんげん)として崇められる山岳修験道の霊山・巻機山(まきはたやま 1967m)の登山口にあるC水(しみず)と呼ばれる村落で、JR塩沢駅から車で15分ほどで着く。

 「山伏水行之儀」は、天台系の里山伏である本山修験宗(ほんざんしゅげんしゅう)の巻機山萬学院(まきはたやま・まんがくいん)住職・田村昌法(たむらしょうほう) (電話 025-782-3595)が主催する滝行(たきぎょう)で、この日、8人の水行者たちが外気温-5℃の雪中で雪解水を浴びた。

〈修験道〉日本古来の山岳信仰がシャーマニズム、仏教、神道などの影響を受けて古代末期に宗教の形態をとるようになったものが修験道(しゅげんどう)である。修験は修行得験(しゅぎょう・とっけん)の意とされ、深山幽谷に分け入って命がけの修行を積み重ね、霊力、験力を獲得することを目的としている。

 奈良時代から平安時代にかけて、畿内(きない 京阪神)の山岳地域を跋扈(ばっこ)していた山岳修行者を中心に修験道が形成され、その開祖は役小角(えんのおづぬ)とされる。

 平安時代には、比叡山や高野山などの山岳寺院が修行道場として重視され、多くの密教僧が修験者(しゅげんじゃ)として激しい修行に挑んだ。鎌倉末期になると教団の組織化が進み、やがて一定の教義、儀礼などをもった修験教団が確立していった。

〈里山伏〉江戸時代になると、こうした教団の強大化に対する幕府の締め付けが厳しくなり、かつて山中を自由に跋扈していた山伏たちは、やがて妻帯し、山麓の町や村への定住を余儀なくされた。これらの山伏を里山伏と呼ぶ。

法螺貝を吹く水行装束(白衣褌)の山伏
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu89l.jpg 

 里山伏によって、修験道の儀式化が行われ、次第に大衆化されていった。明治時代に入ると、神仏習合の典型である修験道は、明治政府の神仏分離政策の大打撃を受けたが、第2次世界大戦後、ようやくその一部が復興する形で現在に伝えられている。現在、里山伏(さとやまぶし)は、新潟県と高知県にしか見られないといわれる。

● 山伏の飛び散る飛沫雪解水  北舟
(やまぶしの とびちるしぶき ゆきげみず)
Melted snow flying about
like a cloud of spray
from a body of yamabushi. 
雪で洞窟のようになった火生(かしょう)の滝
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu05l.jpg 
萬学院昌法の滝行 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu29l.jpg 
滝に入る山伏
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu30l.jpg 

● 寒行の山伏印を結びをり   北舟
(かんぎょうの やまぶしいんを むすびおり)
Yamabushi the itinerant Buddhist 
making symbolic signs with his fingers
in the cold-water ablutions.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu32l.jpg 
自然と一体になる・・・
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu07l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu36l.jpg 

● 山伏の肌ほとばしる雪解水  北舟
(やまぶしの はだほとばしる ゆきげみず)
Melted snow
gushing from the skin
of yamabushi the itinerant Buddhist.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu35l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu08l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu24l.jpg 

● 初春やマイナス五度の水の行  北舟
(はつはるや まいなすごどの みずのぎょう)
Early spring,
cold-water ablutions
temperature minus five degrees Centigrade.
背中を刺す痛みに耐える水行者
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu41l.jpg 
冷え切った身体を焚き火で温める
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu52l.jpg 

● 護摩壇の紅蓮の炎雪解風  北舟
(ごまだんの ぐれんのほのお ゆきげかぜ)
Snow-melting wind,
bright red flames on a holy-fire platform
for invocation.
護摩壇で神札を炊きあげる山伏たち
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu14l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu16l.jpg 

● 早春の千灯ゆらぐ越の里  北舟
(そうしゅんの せんとうゆらぐ こしのさと)
A village of Niigata,
one thousand of candles flickering
in early spring.
奉納された千本蝋燭
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu17l.jpg 

〈解説〉塩沢(しおざわ)は、江戸時代に三国街道(みくにかいどう)の宿場町として栄えたところで、「しおざわ雪譜まつり」は町おこしのイベントとして塩沢町商工会が発起人となって始まったもので 、塩沢で生まれた江戸時代の文人・鈴木牧之(すずきぼくし)が書いた「北越雪譜(ほくえつ・せっぷ)」にちなんで「雪譜まつり」と名付けられた。

 この祭りの主役は、巻機山(まきはたやま)萬学院(まんがくいん)の里山伏たちで、「山伏水行之儀」と呼ばれる火生(かしょう)の滝で行われる滝行と護摩壇で行われる夜の柴燈護摩(さいとうごま)がメインイベントで、いずれも北越ならではの雪の祭典である。

雪中水行 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu40l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu38l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/seppu45l.jpg 

〈感想〉インターネットで雪譜祭りを知り、一泊二日の日程で取材した。今回、寒い中を出掛けたのは、里山伏に興味を抱いたからである。特に、これまで滝行の写真がなかったので、山伏水行之儀が取材する決め手となった。

 素晴らしい天候に恵まれ、美しい雪国の風景を活写することができた。祭りの主役を務めた里山伏に焦点を合わせて編集したので、ひと味違った作品ができあがった。 
 撮影の合間に新潟の美味しい樽酒を飲ませて頂いた。春を迎える雪国の人々の祭りに賭ける熱い思いがヒシヒシと感じられ、とても素晴らしい祭りだった。 

2016年6月28日(火)曇
■■■ 北舟の褌談義〈32〉英訳写真俳句 -拾六- ■■■
白組の護符争奪戦
北舟の褌談義〈32〉英訳写真俳句 -拾六-

【参拾壱】四天王寺どやどや(日本三大奇祭)

大阪府大阪市天王寺区 四天王寺 毎年1月14日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/doya1.htm 
Youtube : https://youtu.be/eSHC7JcRTGo 

● どやどやの御堂を目指す褌衆  北舟
(どやどやの みどうをめざす ふどししゅう)
Doyadoya ritual,
men of fundoshi loincloths
going to the temple.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya018l.jpg 

● どやどやの濡れ褌や札奪ひ  北舟
(どやどやの ぬれぶんどしや ふだうばい)
Doyadoya ritual,
wet fundoshi loincloths
for winning charms.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya002l.jpg 

● どやどやの紅白褌六時堂  北舟
(どやどやの こうはくふんどし ろくじどう)
Six Times Temple,
red and white loincloths
at Doyadoya ritual.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya038l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya007l.jpg 

● どやどやの熱気渦巻く褌かな  北舟
(どやどやの ねっきうずまく ふどしかな)
Doyadoya ritual,
fundoshi loincloths
in a whirl of enthusiasm.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya035l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya025l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya029l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya037l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya039l.jpg 

〈解説〉四天王寺では、元旦から14日間、六時堂で天下泰平・五穀豊穣を祈願する修正会(しゅしょうえ)が修せられ、1月14日の結願(けちがん)の日に前袋式六尺褌一丁の若者たちが六時堂に入って護符を奪い合う「どやどや」が行われる。

 江戸時代から続くこの裸祭は、昔は西大寺会陽や黒石寺蘇民祭と同じように地元民が争奪戦を繰り広げていたが、褌一丁で御札を奪い合うという伝統は固持しているものの、現在は実施時期を新正月にシフトし、混乱を避けるため、日中に地元の中高生男子たち総勢約800人が参加する行事となっている。

 大都市大阪のど真ん中で、若人たちの裸体が躍動し、ぶつかり合う裸祭は他に例がなく、毎年、若者たちの元気をもらおうと、聖徳太子が創建した四天王寺の境内は多くの観光客で一杯になる。 

 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya003l.jpg 

〈どやどやの起源〉かつては、毎年正月14日の修正会(しゅしょうえ)結願(けちがん)の日に、僧侶の儀式に平行して、鉢巻とふんどしを赤白に色分けした血気盛んな若者たちが、東西から六時堂前面の拝殿に押し寄せ、双方の代表者各4名が背中合わせになり、全員で左右から押し合い揉み合い、いずれかへ押し切った方が勝ちとなった。 

 東の白は生野方面の百姓、西の赤は阿倍野方面の漁師であった。このため現在も白組は東から、赤組は西から登場する。勝負がつくと同時に六時堂前に篝火(かがりび)がともされ、その後、数百の牛王宝印楊枝(ごおうほういんようじ)(柳の枝にはさんだ魔除けの護符)がお堂の梁の上から群集の中に投げ入れられ、それを取ろうとして裸の群れがひしめきあった。

 持ち帰った柳の枝を水田に立てておくと、害虫がつかず豊作になると信じられた。このようなことから、どやどやの行事は、もと天王寺村の農家が五穀豊穣を祈願した名残りだと見られている。 

 牛王宝印楊枝を受けようと、どやどやと六時堂に群衆が集まることから、この習俗がいつしか「どやどや」と呼ばれるようになった。また、ドヤドヤ(どうだどうだ、これでも負けないか)と言って押し合ったからだともいわれる。昔は酉の刻(午後6時)から法要が始まり、牛王宝印楊枝を投ずるのは夜8時〜9時頃だったという。 

熱気を帯びる護符争奪戦
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya032l.jpg 

〈所感〉厳寒の季節に褌一丁の裸形になり、力水を頭から被りながら護符を奪い合う「どやどや」は、難波(なにわ)の新春を告げる風物詩で、観客も多く、見ているだけで元気が出てくる。 

 この時期、中学・高校の3年生にとっては受験準備の最後の追い込み期間であり、大事な時機ではあるが、毎年多くの学生が参加していることは、誠に喜ばしい。

「どやどや」は黒石寺蘇民祭と西大寺会陽と共に日本三大奇祭に数えられるが、混乱を避けるために四天王寺学園と清風学園の男子生徒に限って参加を認めている。 

 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/doya005l.jpg 

 江戸時代の村人同士のどやどやからは、かなり変質した行事となっているが、奇祭と位置づけられる伝統の裸褌文化が存続していることは、大変素晴らしいことだと思う。一人の装束違反者もなく、六尺褌を紅白に締め分けて護符を争うさまは壮観で、誠に頼もしい限りである。 

「四天王寺どやどや」名作集!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images13/doya458.gif  (アニメーション)

【参拾弐】大野八幡神社やんさ祭(中津市無形民俗文化財)

大分県中津市耶馬溪町 大野八幡神社 平成21年(2009)12月2日(水)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/yansa1.htm 

● 白褌のやんさやんさと杵の餅  北舟
(びゃっこんの やんさやんさと きねのもち)
Wearing white loincloths,
pounding a rice cake with mallets
shouting yansa yansa!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/yansa016l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/yansa019l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/yansa028l.jpg 

● 神前の餅搗棒や白ふどし  北舟
(しんぜんの もちつきぼうや しろふどし)
Mallets
in front of the guardian god,
white is the loincloths.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/yansa018l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/yansa025l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/yansa031l.jpg 

● 餅搗や泥褌の臼倒し  北舟
(もちつきや どろふんどしの うすたおし)
Pounding rice cakes,
men of muddy loincloths
putting the mortar down.
http://wadaphoto.jp/maturi/images7/yansa042l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images7/yansa043l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images7/yansa045l.jpg 

〈解説〉平成21年(2009)12月2日(水)夜、大分県中津市耶馬溪町(なかつし・やばけいまち)に鎮座する大野八幡神社(おおの・はちまんじんじゃ)で600年の歴史を有する「やんさ祭」が行われた。

 この神社に鶴ヶ岡八幡宮の神霊を勧請した際、野中の若侍33人が鏡餅を搗(つ)いて神前に供えたのが「やんさ祭」の始まりという。新暦11月30日から12月2日までの3日間にわたり行われる大野八幡神社の霜月祭(しもずきまつり)の別称が「やんさ祭」で、最終日の12月2日の夜、33人の氏子が褌(ふんどし)一丁の裸形になり、「やんさ、やんさ」とはやしながら餅をつく神事が行われる。

 この行事を伝えた野中氏は、かつては豊前の豪族として下毛(しもげ)、上毛(かみげ)、宇佐(うさ)の三郡を支配していたが、23代野中兵庫頭鎮兼に至り、天正16年(1588)、中津城主・黒田孝高・長政父子により攻め滅ぼされたが、この行事は、その後も村人たちにより受け継がれ、今日に至っている。

 「やんさ祭」は、33人に因んで決められた3升3合3勺(約5kg )の餅米(もちごめ)を蒸し、褌衆が「やんさ、やんさ」と掛け声をかけながら6尺(1.8m)の樫(かし)の杵棒(きねぼう)と木臼(きうす)で7臼半の餅を搗(つ)く。つき終わると臼を守る座元側(モト方)とこれを倒そうとする氏子側(ウラ方)の二手に分かれ、水を撒(ま)いた境内で泥んこになって揉み合う臼倒しが始まる。 

 この木臼をめぐる壮烈な攻防戦がやんさ祭のクライマックスで、臼を倒すとウラ方の地区が豊作になるが、引き分けるとどちらも豊作になるため、毎年引き分けて豊作を祈願する。「やんさ祭」は昭和51年(1976)耶馬溪町(現中津市)により無形民俗文化財に指定された。

〈感想〉「やんさ祭」は、その道具立てが樫の棒と臼と餅米だけという単純素朴な祭りで、裸になって褌を締めれば直ぐにでも催行できる手軽さがある。大金を積まないと手に入らない神輿などは必要ない。地方の山村の素朴な裸褌文化が滲み出ており、古き良き時代の郷愁を感じる。

 泥だらけの臼倒しは見事である。長い伝統の中で座元側が水を撒いて攻撃を和らげるための工夫が泥だらけの攻防戦となり、奇祭に位置づけられる要因となっている。

 神事というものは、百年一日の如く、毎年変わらぬものであるらしく、現代人の感覚では「大いなるマンネリ」かも知れない。しかし、諸行無常の世の中にあって、こうして600年も続く文化が存在することは、むしろ素晴らしいことではないだろうか。

 しかし、かつては、大勢の村人たちにより、地域の娯楽のひとつとして盛大に催行されていた「やんさ祭」だが、近年の過疎化の影響は深刻で、氏子数は40人ほどになり、2011年の参加者は16人だった。それでも伝統の裸祭を絶やすまいと、毎年、褌一丁の裸形を変えることなく伝統文化を維持しているが、僅か20分ほどで終わってしまった。年々、勢いがなくなってゆく「やんさ祭」に、時代の流れを感じ、諸行無常と諦めるのはたやすいが、600年の歴史を鑑みると、何とも残念であり、これからも頑張って欲しいと思う。

2016年6月27日(月)晴
■■■ 北舟の褌談義〈31〉英訳写真俳句 -拾五- ■■■
仕掛けていた花火が上がる! 17:57:00
北舟の褌談義〈31〉英訳写真俳句 -拾五-

【弐拾九】盛岡舟っこ流し(盛岡市無形民俗文化財)

岩手県盛岡市 長松寺 2013年8月16日(金)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/funekko01.htm 
Youtube : https://youtu.be/MMeA75i5b94 

北上川と岩手山(2,038m)の景観
http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko235l.jpg
北上川の会場 / 明治橋付近より上流(西北西)を臨む
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko094l.jpg 

● 仙北の精霊舟や赤褌  北舟
(せんぼくの しょうろうぶねや あかふどし)
Red fundoshi loincloth,
Senboku boat
for the spirits of dead.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko063l.jpg 

● 処暑近し車道の舟っこ赤褌  北舟
(しょしょちかし しゃどうの ふねっこあかふどし)
Nearing the limit of heat,
the Funekko boat going on the car road
by guys of red fundoshi loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko093l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko088l.jpg 

● 仏舟赤褌どもの入川す  北舟
(ほとけぶね あかふんどもの にゅうせんす)
The boat for the spirits of dead,
guys of red fundoshi loincloth
going into the river.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko171l.jpg 

● 仙北の赤褌一丁花火舟  北舟
(せんぼくの あかふんいっちょう はなびぶね)
Senboku guys of red fundoshi loincloth,
fireworks
from the boat.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko186l.jpg 

● 燃え尽きて成仏願ふ送舟  北舟
(もえつきて じょうぶつねがう おくりぶね)
The sending boats for the spirits of dead,
hoping rest in peace
after burning out.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko210l.jpg 

〈解説〉平成25年(2013)8月16日(金)、岩手県盛岡市内を流れる北上川で、盆の送り火行事として知られる盛岡舟っこ流し(同協賛会主催)が開催され、例年、長松寺(ちょうしょうじ)(斗ヶ澤祥悦住職)を基地とし、参加団体のうち唯一赤褌(あかふん)一丁の裸形で精霊舟(しょうろうぶね)を流す仙北(せんぼく)二丁目自治会(コ田石男会長)の勇姿を激写した。

 「舟っこ」(ふねっこ)は裸衆に担がれて北上川右岸の会場に運ばれ、法要のあと入川(にゅうせん)して火が着けられ、燃えながら川を下って行く。280余年の歴史あるこの祭典は、盛岡市無形民俗文化財に指定されており、毎年北上川を舞台に10隻を越える精霊舟により繰り広げられる盛大なページェントは、盛岡市民の誇りであり、夏の風物詩となっている。

 かつての盛岡では、夏になると赤褌(赤色の水褌)一丁で北上川で泳ぎ、暑い夏を凌いだ。戦後、アメリカ文化が流入し、赤褌はいつしか海水パンツに替わってゆき、先祖の霊を慰める「舟っこ流し」もその例外ではなかった。しかし、古き良き時代を知る人々は、これでは日本人の魂までもが欧米化されてしまうとに危惧を抱き、仙北二丁目自治会が長松寺住職の指導で未だに赤褌一丁の昔のままで舟っこ流しを続けている。

点火棒に火を着ける長老
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko174l.jpg 
舟っこに点火!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko182l.jpg 
花火の噴水!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko188+l.jpg 
火を噴くドラゴン
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko189l.jpg 
観衆で埋まったアルプス席(無料)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko218l.jpg 

〈所感〉 高知県須崎市の漁師町で育った筆者は、団塊の世代で、小学低学年のころは、まだ水褌(すいこん)姿がみられ、筆者は黒猫褌かフリチンで泳いでいた。貧乏人は、水褌を買うことができなかったからである。水褌は格好良く、大きくなったら締めてみたいという憧れを抱いたものである。

 現在、東京では裸褌祭が希少価値を持つような事態になってしまったが、地方ではそこかしこに褌姿が息づいている。日本人には、褌が良く似合う。どうか、盛岡の男たちも赤褌文化を絶やすことなく、世界に誇る伝統文化を続けていってほしい。褌万歳!〈 拝 〉

「盛岡舟っこ流し」名作集 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/funekko186m.gif (アニメーション)

【参拾】松平天下祭

愛知県豊田市松平町 松平東照宮 2012年2月11・12日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/tenkasai01.htm 
Youtube : https://youtu.be/_wgz-QRGP4I 

● 冴ゆる夜の天下褌いざ出陣   北舟
(さゆるよの てんかふんどし いざしゅつじん)
Summer beach,
life-saving course
wearing loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai190l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai229gl.jpg 

● 冬花火鳥船漕の濡褌   北舟
(ふゆはなび とりふねこぎの ぬれふどし)
The winter fireworks,
wet loincloths
rowing a Torifune boat.
http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai236l.jpg 

● 冬晴るるみな褌のTバック   北舟
(ふゆばるる みなふんどしの てぃばっく)
Fine day in winter,
all ascetics
of T-back loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai434l.jpg 

● 裸木や褌衆の鬨の声  北舟
(はだかぎや ふんどししゅうの ときのこえ)
Bare trees,
a battle cry
wearing a loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai458l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai470l.jpg 

● 冬日影褌衆の玉競場   北舟
(ふゆひかげふんどししゅうのたませりば)
The winter sunshine,
ascetics of fundoshi loincloth
in the ground of ball battle.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai506l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai508l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai514l.jpg 

● 冬晴や勝鬨あげる褌衆  北舟
(ふゆばれや かちどきあげる ふどししゅう)
The winter sunshine,
ascetics of loincloth
raising a shout of victory.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai578l.jpg 

● 冬日さす杜に谺す鬨の声  北舟
(ふゆびさす もりにこだます ときのこえ)
The winter sun
shining into the grove,
a battle cry echoing.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tenkasai604l.jpg 

〈解説〉今から四半世紀前の昭和63年(1988)、町興しの熱意に燃えた若者たちが、かつて天下を制した徳川家康の祖先・松平親氏(まつだいら・ちかうじ)の出身地というビッグネームを生かしてプロデュースした裸祭がこの松平天下祭(まつだいら・てんかまつり)である。現代に生まれた裸祭だが、内容は、江戸時代の裸褌文化を忠実に再現しており、「江戸時代から何百年も続く祭」だと説明されても誰も疑いを持たないだろう。 

〈所感〉テレビがデジタル化され、日々大きく鮮明な動画をリビングに送り込んでくれる世の中になった現在、写真という静止画の世界も変わってゆかねばならない。フルハイビジョン・テレビを超える超精細画像を提供し、背景まで鮮明に記録された画像こそがデジタル写真の真骨頂である。そのため、これまで以上の巨大な写真を内部リンクした。ディスプレーからはみ出る巨大写真をスクロールしながら細部まで御覧頂ければ、テレビとは違った臨場感と迫力を体感していただけるに違いない。

2016年6月25日(土)曇
■■■ 北舟の褌談義〈30〉英訳写真俳句 -拾四- ■■■
北舟の褌談義〈30〉英訳写真俳句 -拾四-

【弐拾八】江戸の華!三社祭

東京都台東区浅草 浅草寺・浅草神社 2012年5月19日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/sankita01.htm 
Youtube: https://youtu.be/8FjL7JzDLvg 

〈浅草寺〉浅草寺は、東京都台東区浅草二丁目にある都内最古の寺院で、山号は金龍山(きんりゅうざん)。本尊は聖観音(しょうかんのん)。もと天台宗に属していたが、戦後独立し、聖観音宗総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。都内では唯一、坂東三十三所観音霊場の13番札所となっている。

 淺草寺縁起によれば、推古36年(628)3月18日未明、宮戸川(隅田川)で漁をしていた檜前浜成(ひのくまのはまなり)・竹成(たけなり)兄弟の網に仏像がかかった。郷司(ごうし 村の長)の土師真中知(はじのまつち)がこれを見て尊い観音像であることを知り、深く帰依して自宅を寺とし、その観音像を奉安し、拝礼・供養に勤めた。

 これが1寸8分(約5.45cm)で金無垢と伝える本尊であるが、大化元年(645)、勝海上人がこの地に留まり観音堂を建立し、また、夢告により、本尊は秘仏(非公開の仏)とされ、武蔵国の観音信仰の中心地となった。

 平安期初頭、慈覚大師の巡拝により伽藍の整備が行われ、信者の層も厚くなった。江戸時代、天海僧正の進言もあって徳川幕府の祈願所と定められ、江戸の信仰と文化の中心として庶民の間に親しまれるようになった。

三社祭の神輿が通れるように大提灯が畳まれた雷門(かみなりもん)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images/sanj06l.jpg 
淺草寺の巨大な観音堂(本堂)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja121l.jpg 
東都金龍山淺草寺圖 / 文政3年(1820)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja97l.jpg 

〈浅草神社〉三社(さんじゃ)様・三社権現の名で親しまれる淺草神社(あさくさじんじゃ)は、淺草寺観音堂(本堂)正面から東60mに鳥居があり、その奥に拝殿がある。祭神は隅田川で観音像をすくい上げた檜前浜成(ひのくまのはまなり)・竹成(たけなり)の兄弟と、その像を小堂に奉安した土師真中知(はじのまつち)である。 

 網が3つ組み合わされた神紋・三網紋は、他に例を見ないもので、淺草寺創建の功労者である三柱の神を象徴している。のちに、現在の淡島堂付近にあった東照宮が寛永19年(1642)に焼失したため、東照大権現(徳川家康)を合祀した。三網紋のほかに徳川の葵の紋があるのは、そのためである。

 淺草神社(三社権現社)の創建は平安末期から鎌倉時代初期で、現社殿は慶安2年(1649)徳川三代将軍家光の寄進になるもの。拝殿・石の間・本殿を工の字形に配置して1棟を構成する権現造りといわれる江戸初期の建築様式を伝える建物で、先の戦争でも難を逃れ、昭和21年(1946)国の重要文化財に指定された。

 江戸時代以前は、神仏混淆(しんぶつこんこう)により淺草寺と一体となっていたが、明治のはじめ、神仏分離政策により淺草寺と別れ、明治元年(1868)三社明神、同5年(1872)淺草神社と改称し、現在に至っている。 

震災も戦災も無事だった淺草神社
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja122l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja123l.jpg 

● 金龍や蓮珠の舞の早春賦  北舟
(きんりゅうや れんじゅのまいの そうしゅんふ)
A golden dragon, 
the dance for a lotus charm
is a poem of early spring.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja09l.jpg 

【西浅三北神輿/にしあささんきたみこし】

● 観音を背負ふ江戸っ子三社祭  北舟
(かんのんを せおうえどっこ さんじゃさい)
Sanja festival, 
a traditional Tokyoite
carrying Kannon on his back.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja64l.jpg 

● 観音に差し上ぐ神輿江戸の粋  北舟
(かんのんに さしあぐみこし えどのいき)
A portable shrine
raised up for Kannon,
the dandyism of Edo.
観音堂の花道
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja67l.jpg 
観音堂正面の神輿差し!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja01l.jpg 
土煙の中の裸神輿 / 観音裏広場
 http://wadaphoto.jp/maturi/images18/sanja70ll.jpg 
 
● 三北の入墨褌神輿差し  北舟
(さんきたの いれずみふんどし みこしさし)
Sankita
of tattoo and fundoshi loincloth,
raising a portable shrine.
観音堂正面の神輿差し!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/sankita072l.jpg 

● 江戸っ子の神輿褌三社祭  北舟
(えどっこの みこしふんどし さんじゃさい)
Sanja Festival, 
the portable shrine
by Edokko of fundoshi loincloth.
西浅三北の裸褌神輿
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/sankita196l.jpg 

● 三社祭自慢の褌尻はしょり  北舟
(さんじゃさい じまんのふどし しりはしょり)
Sanja festival,
wearing fundoshi and a tucking up hanten
are proud of guys.
こだわりの褌派の人たち 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja111.jpg 
町内渡御
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja117l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja116.jpg 

● 夜渡の三社神輿や白ふどし  北舟
(よわたりの さんじゃみこしや しろふどし)
A Sanja portable shrine
in the gathering dusk,
each wearing white fudoshi.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja45l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja46l.jpg 

● 浅草に手締響くや神輿舁  北舟
(あさくさに てじめひびくや みこしかき)
Mikoshi carrying,
hand clapping 
sounding through Asakusa.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/sankita250l.jpg 

● 浅草の白黒神輿三之宮  北舟
(あさくさの しろくろみこし さんのみや)
Sannomiya God,
white and black mikoshi
of Asakusa.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/sankita176l.jpg 

● 浅草の船渡神輿や七百年  北舟
(あさくさの ふなとみこしや ななひゃくねん)
Seven hundredth anniversary, 
portable shrines of Asakusa 
cruising on a boat.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/sankita320l.jpg 

〈彫長の入墨〉年一回の三社祭で、彫長にお世話になった白半纏の氏子(一般市民)たちが記念写真を撮ったので、私もカメラを向けさせてもらった。紅一点の彼女が中央で笑みを浮かべている。彫師は生体の芸術家で、特に背中が腕の見せ所という。同じ絵柄の人は一人もいない。「彫長」や「長」というサインが入っている人もいる。
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja103.jpg 

 彫長の入墨を背負った白半纏の人たち。去年に次いで今年も撮影させてもらったが、入墨を近くで見れば見るほど本当に美しい。日本の入墨 tattoo は、世界に誇る生きた芸術で、海外での評価は高い。我が町内の江戸っ子たちが、伝統の入墨文化を身をもって伝えていることを嬉しく思う。 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja102l.jpg 
全身総入墨(ほりもの)を施した江戸時代の男たち / 撮影:明治3年(1870)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja132.jpg 

〈解説〉かつて江戸の祭は「神輿深川、山車(だし)神田、だだっ広いが山王様」といわれたように、江戸三大祭といえば、深川祭・神田祭・山王祭と云われていたが、現代の大江戸で町神輿100基と宮神輿3基が渡御する三社祭(さんじゃまつり)は、規模と人気において、神田祭と深川祭と共に江戸三大祭のひとつに数えられる。

 江戸の下町情緒が色濃く残る浅草に暮らす江戸っ子たちは、漁師が神様になった三社様(さんじゃさま)の氏子として、先祖代々、庶民の伝統文化を受け継いできた。小さいときから血湧き肉躍る三社祭に親しんできた浅草っ子にとって、三社祭は正月のようなもので、「おめでとう」と挨拶を交わし、この祭を中心に1年の計を立てる。

 淺草神社の祭礼・三社祭は、氏子44ヵ町と浅草組合(あさくさくみあい)で構成される淺草神社奉賛会の主催により、毎年5月17・18日に近い金・土・日に行われる。

 江戸時代から伝わる入墨(当時の彫物)は、現在、暴力団組員のシンボル的存在となっており、銭湯などで「入墨の人お断り」の表示が見受けられるなど、差別行為が行われている。しかし、西浅三北町会だけでなく、浅草の一般市民で彫長(ほりちょう)による入墨をしている愛好者がいることも事実である。この作品は、マスコミが無視し続けている西浅三北町会の裸褌入墨神輿の全容を記録した問題作である。 

 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/sanja79l.jpg 

〈感想〉〜裸褌刺青神輿〜 江戸学の第一人者として知られる歴史・民俗学者の西山松之助(にしやま・まつのすけ)は、平成5年(1993)に出版した講演録「江戸庶民の四季」(岩波セミナーブックス)の中で、「私はいま日本中のお祭の中で、三社祭がいちばん江戸時代の伝統をよく伝えているのではないかと思います。」と述べている(130頁)。

 「午前八時になりますと御幣(おんぺい)が一宮、二宮、三宮に渡されまして、それから神輿を担ぎ出すのです。しかし、体中、刺青(いれずみ)した若衆たちが褌(ふんどし)一つで神輿の上に上ってしまうのでスムーズには行かない。ああいう風景はどこにも見られません。三社祭だけです。」(131頁)と述べ、まさに西浅三北神輿があるが故に、三社祭が日本中の祭の中で最も江戸時代の伝統を伝えている祭であると高く評価しているのである。 

 今回、西山松之助が「ああいう風景はどこにも見られません。」と断言した西浅三北神輿にスポットライトを当て、Sさんが二年に渡って取材された素晴らしい写真をもとに、三社祭の全容を描いた決定版を世に出すことができたことは大きな喜びである。地元氏子でなければ、これだけ肉薄した写真を撮影することは不可能であり、これまでマスコミが取り上げてこなかった江戸っ子の鯔背な神輿を世界中の方々にご覧いただき、日本人の裸文化を見直していただければ幸いである。 

 マスコミは、暴力団が参加するイベントは報道しないという倫理規定に拘束されているため、時として真実を伝えず、国民に誤った認識を持たせることが起こる。私は西浅三北神輿が三社祭の花形として人気を博している事実を正しく伝えたいと思って編集した。褌も入墨(刺青)も裸神輿も今に伝わる江戸下町の伝統文化である。読者の方々には、是非とも来年の三社祭に足を運んで、その真骨頂を体感して頂きたい。

 編集段階で、機動隊車輌が西浅三北町会の本社神輿渡御に繰り出した写真を掲載しようとしたところ、Sさんが当時の過剰規制を思い出す写真だといわれるので、掲載を断念した。一般市民が警察の姿を見て嫌な思いをすることはとても不幸なことであり、残念に思う。Sさんは、「人それぞれに境遇の違いがあっても、同じ町会に暮らす氏子たちが、今年も無事に三社祭に参加できたことを神に感謝し、同じ神輿を心おきなく担いでその喜びを分かち合いたい。」と願っておられ、このささやかな願いは、誰憚ることもない。

 ここで、Sさんのコメントを紹介しておこう。「高橋組は、黒半纏1000人の休憩場所として、路上やガソリンスタンドにテントを設営し、簡易トイレや木枠で囲ったゴミ捨て場を設置するなど、近隣住民に迷惑をかけないように大変気を遣っています。祭りが終わった翌朝には、何事も無かったように片付いて、タバコの吸殻一つ落ちていません。近隣住民として、組事務所の存在は普段の生活では感じませんが、祭りのときには、彼らの力をいい意味で感じます。組やマルキンだからといった偏見は無く、彼らの力が無ければ三北神輿は上がらないし、本社神輿の渡御も叶いません。分け隔てなく同じ氏子として神輿を担ぎ、祭りの成功を願っています。」 

〈裸祭と暴力団〉これまで、100回を超える裸祭の取材を通じて分かったことは、数の多寡はあれ、殆どの祭に暴力団関係者が参加している。祭を主催する社寺の宮司や住職らの考え方は、神仏の前では、社会的身分や職業、貧富の差などに関わりなく、全て平等であるということで一貫しているが、その一方で、警察の推進する暴力追放運動に協力する立場にある。 

 私も宮司らの考え方に賛成であり、暴力で祭を妨害したり支配したりするなどの狼藉を働かない限り、暴力団関係者を祭から排除すべき根拠は存在しない。

 Sさんによると、西浅三北町会代表の下に編成された一般住民の若睦(わかむつみ)が神輿舁を担当しており、グレーの役半纏(やくばんてん)を着ている会長が総指揮者である。白半纏が一般の氏子住民、黒半纏が高橋組関係者で、一方だけでは神輿は揚がらず、車の両輪のように協力して神輿を担ぐという。若睦会長の命令には黒半纏も白半纏も絶対服従で、双方は仲良く祭を楽しんでいる。若睦会長の命に背く黒半纏がいると、それに制裁を加える黒半纏の世話役が控えているから、町会の若い若睦会長も安心して指揮することができるという。

 なお、蛇足ながら、警察を中心とした暴力団壊滅のための三ない運動(暴力団を恐れない・金を出さない・利用しない)は、国民の願いに叶うものであり、筆者も暴力や違法行為のない明るい社会の実現を切に望んでおり、暴力団を擁護する気持ちはひとかけらも無い。しかし、暴力団員といえども警察に逮捕されずに娑婆にいて社会生活を営んでいる日本国民であれば、公序良俗に反する行為を行わない限り、日本国憲法によって一般市民同様に祭を楽しむ自由を享受する権利が保障されており、警察といえどもそれを妨げる権限はない。

2016年6月24日(金)曇
■■■ 北舟の褌談義〈29〉英訳写真俳句 -拾参- ■■■
北舟の褌談義〈29〉英訳写真俳句 -拾参-

【弐拾六】玉前神社大寒禊

千葉県長生郡一宮町 玉前神社 2013年1月27日(日)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/tama131.htm 
Youtube : https://youtu.be/TYp1tR808io 

● 大寒の大波浴びる褌衆  北舟
(だいかんの おおなみあびる ふどししゅう)
Men of loincloth,
bathing huge waves
in the coldest season.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images9/tama214l.jpg 

● 寒みそぎ波に洗わる白ふどし  北舟
(かんみそぎ なみにあらわる しろふどし)
Midwinter ablutions,
the white loincloths being washed
by the waves.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/tama004l.jpg 

● 大寒の海に合掌褌衆  北舟
(だいかんの うみにがっしょう ふどししゅう)
The ascetics of loincloth,
joining their palms together for the sea
in the coldest season.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/tama379l.jpg 

● 寒禊真砂の光る九十九里  北舟
(かんみそぎ まさごのひかる くじゅうくり)
Midwinter ablutions,
the glistening sands
of Kujyukuri.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/tama006l.jpg 

● 寒禊雄詰剣印濡褌  北舟
(かんみそぎ おころびけんいん ぬれふどし)
Midwinter ablutions,
Okorobi practice of sword sign
wearing a wet loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/tama044l.jpg 

〈解説〉平成25年(2013)1月27日(日)、千葉県長生郡一宮町(ちばけん・ちょうせいぐん・いちのみやまち)に鎮座する上総国一ノ宮(かずさのくに・いちのみや)「玉前神社(たまさきじんじゃ)」の第4回大寒禊(だいかんみそぎ)(通算7回目の浜垢離)が九十九里浜(くじゅうくりはま)一宮(いちのみや)海岸で行われ、厳寒の中、神職2人、女性2人を含む26人が禊を行った。

 大寒禊の会場となった一宮海岸の九十九里浜(くじゅうくりはま)は、千葉県房総半島東岸にある刑部岬(ぎょうぶみさき)(旭市)から太東埼(たいとうさき)(一宮町)までの全長約66kmの太平洋に面する海岸で、「日本の白砂青松100選」と「日本の渚百選」に選ばれた雄大かつ風光明媚な海岸である。 

 古名は玉浦(たまうら)(玉の浦)であるが、源頼朝の命で6町を1里(註)として、1里ごとに矢を立てたところ、99本に達したという伝承から、「九十九里浜」といわれるようになったとの説が知られている。 

註:〈6町を1里〉36町を1里とする現在の日本の尺貫法では、66kmは17里弱となる。このことから長く続いている浜なので九十九里といったとの説もある。しかし、古くから用いられていた長さの単位の1里は6町(1町は約109m)で、109m×6町×99里=約64.7kmとなり、実際に約九十九里となるので、有力な説となっている。

 玉前神社大寒禊は、太平洋の雄大な大海原を前に荒波に分け入り、大自然と一体となって禊をすることが最大の魅力である。褌一丁の生身の人間の無力さや自然の営みの偉大さを実感することで、貴重な感動体験が得られることは間違いない。

【弐拾七】玉前神社夏越禊

千葉県長生郡一宮町 玉前神社 2015年6月21日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/tama151.htm 
Youtube : https://youtu.be/IV9PVyJcGtw  https://youtu.be/fiuJqHuvmR8 

● 褌の救命講習夏の浜   北舟
(ふんどしの きゅうめいこうしゅう なつのはま)
Summer beach,
life-saving course
wearing loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/tama094l.jpg 

● 白褌の鳥船海の夏禊   北舟
(びゃっこんの とりふねうみの なつみそぎ)
Summer ablution at sea,
the Torifune practice
naked with a white loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/tama311cl.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/tama280c-l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/tama281c.gif  (アニメーション)

● いざ行かむ禊褌夏怒濤   北舟
(いざゆかん みそぎふんどし なつどとう)
Surging waves of summer,
let's go to the purification
wearing a loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/tama126l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/tama292cl.jpg 

● 白褌のドドンと波の夏禊  北舟
(びゃっこんの どどんとなみの なつみそぎ)
Summer purification
of white loincloth,
the shock of the wave.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/tama133l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/tama137l.jpg 

● 褌の前垂れ靡く夏禊   北舟
(ふんどしの まえだれなびく なつみそぎ)
Summer purification,
aprons of the loincloths
streaming in the wind.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/tama158l.jpg 

● 海の気を吸ふや夏越の白ふどし  北舟
(うみのきを すうやなごしの しろふどし)
Breathing ocean air,
wearing white loincloth
for summer purification ceremony.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tama763l.jpg 

● 神庭の夏越の海や褌の白  北舟
(かむにわの なごしのうみや こんのしろ)
White are the loincloths,
summer purification
at the sea of deity's garden.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tama775l.jpg 

● 褌の長老夏の元気かな  北舟
(ふんどしの ちょうろうなつの げんきかな)
Golden ager of loincloth,
full of vitality
in summer.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/tama153l.jpg 

〈解説〉平成27年(2015)6月21日(日)、千葉県長生郡(ちょうせいぐん)一宮町(いちのみやまち)に鎮座する上総国(かずさのくに)一ノ宮(いちのみや)玉前(たまさき)神社(栗原崇次宮司)を訪れ、九十九里浜釣ヶ崎(つりがさき)海岸(玉之浦たまのうら)で行われた夏越禊(なごしみそぎ)(2010年以来12回目の浜垢離はまごり)を密着取材した。

 玉前神社の社伝によると、祭神の玉依姫命(たまよりひめのみこと)は、神代の昔、現在の釣ヶ崎海岸に当たる玉ノ浦に波に乗って漂着したとあり、その場所で夏越(なごし)の禊祓(みそぎはらえ)を行うことは、とても意義深い。

 近年、この海岸はサーフィンの世界大会が開催されるなど、サーファーにとっても神聖な場所となっている。祭神が波に乗る姿は現代のサーフィンに通じるものがあり、興味深い。秋になると、玉依姫命に関係ある神々がこの地に会して祭祀が行われる十二社祭の斎場となり、上半身裸の男たちによる勇壮な神輿練りが行われる。

 文久2年(1862)大分県宇佐郡に生まれた川面凡児(かわつら・ぼんじ)という先人が廃(すた)れていた奈良時代の禊行法(みそぎぎょうほう)を復興し、現在、川面流(かわつらりゅう)として、東京都中央区に鎮座する鐵砲洲稲荷神社の寒中水浴大会はじめ、東京都青梅市御岳山(みたけさん)山頂(929m)に鎮座する武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)の滝行(たきぎょう)や茨城県鹿嶋市に鎮座する鹿島神宮の大寒禊など、全国各地で実践されている。

 川面流は、和歌を斉唱しながら行う鳥舟などの準備運動を行った後、水浴して禊を行い、終わったあとも鳥舟などの整理運動を行って完了する一連の水浴(禊)の様式を定めたもの。一般に、禊は寒い時期に行われるため、準備運動や整理運動を行って体を温め、禊を全うするための工夫が施されている。夏越禊は、寒くはないが、川面流を踏襲しており、鳥舟などを行うのは、禊ぎにおけるルーティーンである。

 鳥船(とりふね)とは、天孫降臨の際にニニギノミコト(瓊瓊杵尊)が乗られた船のことで、鳥船行事は、身体の邪気を発散させつつ心と霊魂(れいこん)を浄化統一する作法で、略して鳥船/鳥舟という。その実際は櫓(ろ)で舟を漕ぐ動作が中心となる。
 
 まず左足を踏み出して漕ぎ、引くときに「イーエッ」、押すときに「エーイッ」と声を出す。動きに合わせて和歌を一首。「朝夕に神の御前(みまえ)にみそぎして、すめらが御代(みよ)に仕えまつらむ(ん)」 
 
 次に右足を踏み出して漕ぎ、引くときに「エーイッ」、押すときに「ホッ」と声を出す。息が合ってきたところで、和歌を一首。「天神(あまつかみ)、地祇等(くにつかみたち)みそなは(わ)せ、おもひ(い)たけりて吾が為す業(わざ)を」
 
 最後に左足を踏み出して漕ぎ、引くときに「エーイッ」、押すときに「サッ」と声を出す。息が合ってきたところで和歌を一首。「遠神(とおつかみ)固め修(おさ)めし大八州(おおやしま)、天地(あめつち)共にとは(わ)に栄へむ(えん)」 。 

 ちなみに、鐵砲洲神社寒中水浴大会と比べると、和歌の順序が違っていて、第二首と第三首が入れ替わっている。一部歌の文言にも差があり、川面流の継承者によってバリエーションが見られるが、大局的には変わらない。

2016年6月23日(木)曇
■■■ 北舟の褌談義〈28〉英訳写真俳句 -拾弐- ■■■
豪快に甘酒を掛けあう褌衆/猪鼻熊野神社(埼玉県秩父市荒川白久)
北舟の褌談義〈28〉英訳写真俳句 -拾弐-

【弐拾四】猪鼻の甘酒こぼし(埼玉県無形民俗文化財)

埼玉県秩父市荒川白久 猪鼻熊野神社 2015年7月26日(第4日曜日)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/amazake27.htm 
Youtube : https://youtu.be/E0Avm8chH0w 

● 白褌の甘酒こぼし奥秩父  北舟
(びゃっこんの あまざけこぼし おくちちぶ)
The back Chichibu,
sweet sake scattering
wearing white loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/amazake155cl.jpg 

● 甘酒を運ぶ村人白ふどし  北舟
(あまざけを はこぶむらびと しろふどし)
Villagers
of white loincloth,
carrying sweet alcoholic amazake. 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/amazake284l.jpg 

● 翠巒の甘酒こぼし白ふどし  北舟
(すいらんの あまざけこぼし しろふどし)
Green mountain,
white loincloth
of amazake scattering festival.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/amazake342l.jpg 

● 緑さす樽転がしや濡ふどし  北舟
(みどりさす たるころがしや ぬれふどし)
Surrounded by green trees,
wet loincloth
of cask-rolling.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images12/amazake400l.jpg 

「 景行天皇(西暦71-130年)の第三皇子である倭建命(やまとたけるのみこと)が東夷(とうい)(東方のえびす、えぞ)平定のおり、甲斐の国(山梨県)から雁坂峠を越えて三峯(みつみね)に登り、下山の途中、この地で人々を苦しめていた大きな猪(いのしし)を退治した。

 実はこの猪は山賊の頭で、仲間たちもみんな巨岩に押し倒されて死んでしまった。この巨岩が猪の鼻にそっくりだったので、この土地を「イノハナ」と呼ぶようになった。

 山賊を退治してもらった人々は大変喜び、濁り酒(ドブロク)を造って命(みこと)に献上した。これが後に甘酒となり、村人がお互いに甘酒をかけあう疫病除け(えきびょうよけ)のまじないとなり、熊野神社(オクマンサマ)の「甘酒こぼし」という夏祭として今に伝わっている。

 現在は、毎年七月第四日曜日の午後一時、無病安全豊作などの祈願をし、土地の人が造った甘酒を熊野神社にお供えし、参詣の人々や氏子たちが飲んでから、子供から老人までが、ふんどしひとつで賑やかに甘酒を頭からかけ合う「甘酒こぼし」をしている。」
(埼玉県秩父市荒川白久猪鼻 熊野神社社務所 甘酒こぼし保存会資料より)

〈解説〉平成27年(2015)7月26日(第4日曜日)、埼玉県秩父市荒川白久(あらかわ・しろく)に鎮座する猪鼻熊野神社(いのはな・くまの・じんじゃ)(井上哲雄宮司)で、「猪鼻の甘酒こぼし」(埼玉県無形民俗文化財)が開かれたので、平成23年(2011)以来連続五度目となる密着取材を行った。

 天平8年(736)以来今日まで約1300年にわたって「甘酒こぼし」を継承してきた奥秩父の猪鼻地区では、過疎化高齢化が進み、かつて70戸あった村落が39戸にまで減少し、もはや地元の氏子だけでは祭の催行が難しくなっている。

 伝統文化の絶滅危惧種とでもいうべき「甘酒こぼし」に加勢するため、筆者は平成24年(2012)からWa☆Daフォトギャラリーに募集広告を掲載して全国から参加者を募り、和田グループを編成して参加取材してきた。

 最初は甘酒(麦麹で造った一夜酒)を掛けあうが、量が少ないため、水槽の山水を補充しながら行うので、途中から水掛合戦となる。 

水掛合戦 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/amazake696l.jpg 
幟柱の収納 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/amazake774l.jpg 

 平成23年(2011)に初取材してWa☆Daフォトギャラリーに掲載すると、このユニークな「甘酒こぼし」は全国的に知られるようになり、翌年から部外参加者が激増した。そのため、地元では外来者の受入準備が忙しくなり、甘酒こぼし保存会会長の要望で、平成25年(2013)の二期目から和田グループの定員を5〜6人に限定した。

筆者の裸褌写真
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/amazake695++l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/amazake781l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/amazake588l-.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/amazake622l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/amazake625l.jpg 

【弐拾五】島立堀米の裸祭り(長野県無形民俗文化財)

長野県松本市 津島牛頭天王社 2011年7月3日(7月第一日曜日)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/simadati01.htm 
Youtube : https://youtu.be/zLjUkr3fpZU  https://youtu.be/sFiRYuysK6s 

● 幟持つ児らはふんどし村祭  北舟
(のぼりもつ こらはふんどし むらまつり)
A village festival,
children of loincloth
each holding a flag.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/simadati009lw.jpg 

● 白ふどし悪霊祓ふ子らの夏  北舟
(しろふどし あくりょうはらう こらのなつ)
Summer of the children, 
exorcising evil spirits,
wearing white loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/simadati033lc.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/simadati051lg.jpg 

● 青田道豊作祈願のふどしっ子  北舟
(あおたみち ほうさくきがんの ふどしっこ)
A path of green fields,
children of loincloth
praying a good harvest.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/simadati052lc.jpg 

〈解説〉平成23年(2011)7月3日(日)、長野県松本市島立堀米(しまだちほりごめ)に鎮座する 津島牛頭天王社(つしまごずてんのうしゃ)(津島神社)で、長野県無形民俗文化財に指定されている「島立堀米の裸祭り」が開かれた。 

 裸祭りに参加するのは、全員、島立(しまだち)小学校の児童で、町会長によると、男子49人、女子42人、合計91人 ということだった。裸で参加するのは男子だけで、女子は、運動服姿で参加する。 

 男子児童は、全員白晒の前袋式六尺褌、いわゆる水褌(すいこん)と、「堀米」と染められた黄色い鉢巻を締めている。親玉(おやだま)の6年生は大幟(おおのぼり)、中玉(ちゅうだま)の4〜5年生は中幟(ちゅうのぼり)、小玉(こだま)の1〜3年生は五色の紙幟(かみのぼり)を持つ。 

 子供たちは、町内巡視を終えて神社に戻ってくると、幟を収め、参拝のうえ禊場に飛び込んで禊を行った。元気な子供たちは、池の中を徘徊(はいかい)し、中には泳ぎ出す子もいて、アッという間に泥池(どろいけ)になり、清浄であるべき禊場(みそぎば)が泥んこ遊びの遊園地と化したが、大人たちは男児らの元気な姿に眼を細めるばかりだった。神事のために締めた純白の褌もあっという間に泥褌となってしまった。

 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/simadati065lc.jpg 

2016年6月22日(水)曇
■■■ 北舟の褌談義〈27〉英訳写真俳句 -拾壱- ■■■
北舟の褌談義〈27〉英訳写真俳句 -拾壱-

【弐拾弐】見附天神裸祭/浜垢離(国指定重要無形民俗文化財)

静岡県磐田市 矢奈比賣(やなひめ)神社(見附天神) 2014年8月24-31日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/mituke61.htm 
Youtube : https://youtu.be/oMLtV-FkkB0 https://youtu.be/deV5CxBNuK8 

● 白褌の波に洗わる秋の垢離  北舟
(びゃっこんの なみにあらわる あきのこり)
The autumnal purification,
white loincloths being washed
by the waves.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke1110l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke1027l.jpg 

● 秋の空白ふんどしの浜の垢離  北舟
(あきのそら しろふんどしの はまのこり)
The autumn sky,
purification wearing a white loincloth
at a beach.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/mituke012l.jpg 

● 觸鈴を手に秋祭しろふどし  北舟
(ふれすずを てにあきまつり しろふどし)
Autumnal festival,
the heralding bells in hands
wearing white fundoshi loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke882l.jpg 

● 天高し浜の押し合ひ白褌  北舟
(てんたかし はまのおしあい しろふどし)
The autumnal sky,
jostling with a white loincloth
at a beach.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/mituke025l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke1145l.jpg 

〈解説〉静岡県磐田市の中心部に位置する見付宿場通り(みつけしゅくばどおり)(旧東海道)一帯は、江戸時代に東海道53次の見付宿(みつけじゅく)として栄えた宿場町である。700年余の伝統を有するの見付天神裸祭は、8日間にわたって行われる矢奈比賣(やなひめ)神社(見付天神)の秋の例大祭で、その最大の見所が毎年旧暦8月10日の直前の土日に催行される御大祭(ごたいさい)である。その3日前に行われるのが浜垢離で、天神の南方8kmの遠州灘に臨む福田浜(ふくではま)で行われる。

西区一番觸の浜垢離〜荒波〜/遠州灘福田浜(アニメーション)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images13/mituke497m.gif 
御大祭フィナーレの鬼踊り!(アニメーション)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke1002m.gif 

 平成26年(2014)8月24日(日)から31日(日)までの8日間、見付天神裸祭(みつけてんじんはだかまつり)が開催された。事前に 見付天神裸祭のご案内 http://wadaphoto.jp/maturi/mitukewada14.htm により「見付天神裸祭全国連和田グループ第六期」を募集し、8月27日(水)の浜垢離(はまごり)に 2人(東京・神奈川各1人)、8月30日(土)31日(日)の御大祭(ごたいさい)に 8人(北海道1人、東京5人、神奈川1人、大阪1人)が参加した。

全国連和田グループ御大祭の勇姿(アニメーション)
http://wadaphoto.jp/maturi/images14/mituke621m2.gif
見付天神裸祭2014年名作集(アニメーション)
http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke1222m.gif

 見付天神裸祭は、国の重要無形民俗文化財に指定された数少ない裸祭であるばかりでなく、神事と祭事、静と動とが見事に調和した美しくて勇壮な祭礼であり、この年も終生心に残る素晴らしい体験をさせて頂いた。

 これからも毎年募集するので、我と思わん方は、是非、ご参加頂きたい。特に、白の水褌一丁で遠州灘の荒波に洗われる浜垢離は、「我は海の子」を体感する絶好の機会なのでお勧めしたい。私と一緒に童心に還って古き良き日本の裸褌文化を楽しみませんか!

感動の浜垢離!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke801bl.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke795l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke794l.jpg 

松原の直会
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke811l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke1129-l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/mituke903cl.jpg 

【弐拾参】白子海岸初禊

三重県鈴鹿市 伊勢湾白子海岸 平成23年(2011)1月1日(土)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/siroko1.htm 
Youtube : https://youtu.be/4mqebNFukgo 

● 初日の出海の礼拝白褌  北舟
(はつひので うみのらいはい しろふどし)
The first sunrise of the year,
worship in the sea
wearing white loincloth.
元旦の初禊 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/fuyu03l.jpg 

● 褌の透けて見えをり初日の出  北舟
(ふんどしの すけてみえおり はつひので)
Sake for the New Year,
a lottery
for fundoshi men. 
褌ピラミッド! http://wadaphoto.jp/maturi/images9/siroko22l.jpg 

● 初日の出海に赤褌躍動す  北舟
(はつひので うみにあかふん やくどうす)
The first sunrise of the year,
energetic guys
of red loincloths at sea.
雄叫び! http://wadaphoto.jp/maturi/images9/siroko20l.jpg 

〈解説〉三重県鈴鹿市の伊勢湾に面する白子海岸では、例年、男女の若者グループが初日の出を背に踊ったり、海に飛び込んだりするパフォーマンスを見せて、観客を楽しませてくれる。伝統の神事や祭事ではないが、鈴鹿市の新春の風物詩となっている。

 褌一丁で乱舞する若者たちの健康美が素晴らしい。海水パンツではなく、褌であるからこそ、日本人の琴線に触れる感動を与えるのではないだろうか。初日の出を背に受けて盛り上がる彼らはとても輝いていた。我々高齢者だけでなく、褌の良さを理解する若者がいることに感動した! 新年のご多幸とご発展を心より祈念したい。

赤褌海水浴! http://wadaphoto.jp/maturi/images5/fuyu08l.jpg 
初日に手を振る! http://wadaphoto.jp/maturi/images9/siroko21l.jpg 
太陽とスクラム! http://wadaphoto.jp/maturi/images9/siroko23l.jpg 

2016年6月21日(火)晴
■■■ 北舟の褌談義〈26〉裸褌太鼓 ■■■
北舟の褌談義〈26〉裸褌太鼓

 前回で英訳写真俳句が10編となったので、今日は話題を変えて、「褌と和太鼓」について書いてみたい。

 日本には、プロ・アマの和太鼓演奏集団があり、折に触れて和太鼓の演奏を楽しんできたが、殆どが和服を着て行われているのが現状である。しかし、筆者が最も豪快で男らしく、格好良いと感動したのは、裸褌太鼓である。しかも彼らは例外なく前袋式六尺褌を締めている。いわば水褌一丁で演奏するのだが、これは激しい動きにも乱れることがないからだろう。色は白一色である。神事祭の際に登場することが多いからかも知れないが、これが色柄褌だと、品位が下がるということなのかも知れない。

【壱】柄崎太鼓(アマ集団)

 佐賀県武雄市(たけおし)の武雄温泉春祭りで柄崎太鼓(つかざきたいこ)の太鼓奏者たちが全員六尺褌一丁で和太鼓を演奏した。

YouTube: https://youtu.be/doddSS6FtVQ  

 http://wadaphoto.jp/maturi/images18/fundositaiko01.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images18/fundositaiko02.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images18/fundositaiko03.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images18/fundositaiko04.jpg 

〈感想〉六尺褌の締め方が自己流だが、横褌(よこみつ)の位置は全員的確でとても素晴らしく、男らしい! これぞ、クールジャパンの一つだと思う。

【弐】破魔弓太鼓(アマ集団)

熊本県玉名郡長州町 四王子神社 2015年1月18日(第三日曜日)、

● 初春や六尺一本大太鼓  北舟
(はつはるや ろくしゃくいっぽん おおだいこ)
The beginning of spring,
bass drum
wearing only rokushaku fundoshi.

勇壮な裸褌大太鼓!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images16/matobakai016l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images16/matobakai017l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images16/matobakai018l.jpg 

 平成27年(2015)1月18日(第三日曜日)、熊本県玉名郡長州町(たまなぐん・ながすまち)に鎮座する四王子(しおうじ)神社で、熊本県を代表する新春恒例行事の一つである的ばかい(まとばかい)(破魔弓祭)http://wadaphoto.jp/maturi/matobakai01.htm が開かれ、破魔弓太鼓が奉納された。女性の太鼓演奏集団だが、途中で裸褌太鼓を演奏する一人の男性が現れた。この方も六尺褌の締め方は自己流で、横褌(よこみつ)の位置が2〜3センチ低いが、男らしく格好良い演奏だった。YouTubeでは、残念ながら、紹介できる作品はなかった。

【参】若囃太鼓(子供アマ集団)

YouTube: https://youtu.be/Yz5D2aXiWYM  

 下館若囃太鼓(しもだてわかはやだいこ)通称「若囃太鼓」は、茨城県筑西市(ちくせいし)に本拠を構える子供たちだけの和太鼓演奏集団である。彼らは、白の六尺褌一丁で演奏するのが特徴である。このビデオは、2003年11月15日に台湾で行われた公演を録画したもので、とても格好良く、しかもかわいらしい。残念ながら縦360ピクセルの記録のため、品質が悪い。

 最後の挨拶のとき、司会者が子供たちを後ろ向きにさせて六尺褌の後ろ褌(うしろみつ/Tバック)を見せていたが、やはり、台湾でもお尻丸出しの後ろ姿がユニークだと感じるのだろう。 

 2004年3月14日、若囃太鼓から次のメールが届いた。
(註:「老いとき」では、「若囃太鼓から次のメールが届いた。」)

「 初めまして、私は茨城県下館市で子供達と太鼓をやっている下館若囃太鼓と言います。素晴らしいお祭りのHPを以前から拝見していました。特に裸まつりや、ふんどし談義など大変参考になりました。ぜひHPの相互リンクをお願いしたくメールいたしました。

 下館若囃太鼓は子供達がふんどしで太鼓を打つ全国でも数少ない(唯一かも)太鼓の会です。海外公演としてカーネギーホール公演を2回、また昨年は台湾のダンシングフェスティバルIN台湾に参加しました。伝統曲の継承普及を目的に創作太鼓にも力を入れ活動しています。」

 勿論、快くお受けし、それ以来、若囃太鼓のホームページ http://wakahaya.jp/taiko/  とWa☆Daフォトギャラリーは、相互リンクで結ばれている。 

 公演のときだけ褌を締めるのでは違和感があり、普段から褌を締めて遊ばせているとのこと。その画像もここにシェアーさせていただいたので、ご覧いただきたい。

YouTube: https://youtu.be/VtZy2spor-w  (大竹海岸)

 筆者の幼年時代の海辺の風景を彷彿とさせるもので、懐かしさを感じる世代も多いのではないだろうか。ただし、現代の子供たちは海水パンツで水浴するので、その跡がくっきりとついており、違和感があるのは仕方ない。(笑) 

〈若囃太鼓が褌にこだわる理由〉

「 昭和40年代に中央公民館から委託を受け子供の遊びについて映像で記録した事が有ります。その時に戦前の回想場面で赤ふんを使いました。(黒ネコふんどしの方が良かったかも)

 その後若囃太鼓が結成されその子供達も入会しました。太鼓のコンクールに参加することになりましたが、なかなか入賞出来ず子供達がふんどしでやろうと言い出し、銀賞を獲得することが出来ました。その後は最後の曲をふんどしでやる様になり又鼓童の存在を知りさらに自信がつきました。最後の曲にふんどしで出るたびに拍手をもらう事に子供達は優越感を持ったのかもしれません。

 男の子が中学になると女の子を意識してふんどしをしない公演も何度かやりましたが、お客からクレームが来るのです。なぜふんどしでやらないのかと。下館若囃太鼓=子供達のふんどし、というイメージが定着してしまったようです。

 褌は単なる下着では無く、結婚出来る一人前の男になった証であり子孫繁栄の呪物だったようにも思われます。若者がお祭りで使った晒しの腹巻や褌を安産のお守りとしている所も多く有ったようです。祭りの褌は下着としての褌では無く、禊を済ませた証であり神に一番近い姿だと思います。若囃太鼓のふんどしは、純心な神童の正装であり、世界平和、無病息災、五穀豊穣、家運隆昌を願う神童が天鼓を打つ姿を象徴しています。」(若囃太鼓・神童の衣装より抜粋)

〈感想〉褌姿で太鼓を叩く集団は、鬼太鼓座(おんでこざ)や鼓童(こどう)などがあるが、いずれも大人の集団で、児童のみの集団は若囃太鼓が老舗である。東日本大震災のあと公演が激減し、会の存続が危ぶまれているという。何とか危機を乗り越えて、少年たちの勇姿を全世界に披露して頂きたい。

 http://wadaphoto.jp/images2/wakahayadaiko.jpg 

【四】鬼太鼓座(プロ集団)

 鬼太鼓座(おんでこざ)は、1969年に佐渡島で結成されたプロの和太鼓演奏集団である。時々六尺褌で演奏するが、何度見ても、この褌一丁の演奏が素晴らしい芸術だと感じる。

YouTube: https://youtu.be/dj0F-MmPNLk  

 このビデオは、2011年7月18日岩手県陸前高田市で開かれた太鼓祭で白の六尺褌を締めて大太鼓を演奏したときのもの。バチさばきにあわせて全身の筋肉が躍動するさまが写っており、是非1080p HD フルスクリーンでご覧頂きたい。

〈感想〉完璧なパフォーマンスで、申し分ない!

【五】鼓童(プロ集団)

 鼓童(こどう)は、有名なプロの太鼓演奏集団で、時々、六尺褌一丁で演じる。このビデオは、2010年10月20日にドイツ・ミュンヘンの舞台で白い六尺褌一丁で大太鼓を演奏した世界公演の様子を記録したもの。

YouTube: https://youtu.be/wbXbM6HJ7Oc  

〈感想〉まさに芸術的で男らしく、躍動感があるが、照明が暗くてぼけているのが残念。向かって左側の奏者の横褌(よこみつ)が臍の位置にあるのが難点で、丹田の位置(臍下三寸)に締めなければならない。プロ・アマを通じて、前袋式六尺褌を格好良く締めるのは、本当に難しいことなのだと感じた。

2016年6月20日(月)晴
■■■ 北舟の褌談義〈25〉英訳写真俳句 -拾- ■■■
褌を外して初禊 01:07

拡大写真(2000X1500)274KB

北舟の褌談義〈25〉英訳写真俳句 -拾-

【拾九】小松神社裸参り

大分県国東市 小松神社 2010年元旦
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/bungo1.htm 

● 元旦や褌外して垢離を取る  北舟
(がんたんや ふどしはずして こりをとる)
New Year's Day,
performing water ablutions
taking off loincloths.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/bungo001l.jpg 

● 垢離取りて褌のままの初詣  北舟
(こりとりて ふどしのままの はつもうで)
First visit of the year,
only wearing fundoshi loincloth
after purification.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/komatu20l.jpg 

〈解説〉平成22年(2010)の元旦早朝、大分県国東(くにさき)市国東町見地(けんじ)に鎮座する小松神社で、年迎え行事として800年の昔から続く裸参りが行われた。この神事は、元旦早々の深夜、氏子たちが田深川(たぶかがわ)の垢離取場(こりとりば)に行き、褌を外して全裸で寒禊をしたあと、褌一丁で拝殿に上り、初詣(はつもうで)するところに特徴がある。

 褌を外すのは、濡らさないようにするためで、全裸で禊ぎをするのは、かつては当たり前のように行われており、地方では現在もその風習が残っているところがある。筆者の子供時代、新荘川で褌を外して禊ぎをする四国八十八箇所霊場巡りのお遍路さんを見かけた記憶がある。日本では、銭湯や温泉では今も全裸で入浴するのが当たり前なので、別に恥ずかしいことではない。

 参拝のあと、解散した褌衆の中に、江戸時代に北斎が描いた紐を通した越中褌の人がいた。http://wadaphoto.jp/maturi/images6/komatu24l.jpg 未だに江戸型越中褌の愛用者がいることが分かり、絶滅していないことが分かって安心した。立褌(たてみつ)が固定されていないので、後ろ褌(うしろみつ)の幅が狭まってきている。

【弐拾】七日堂裸詣り

福島県河沼郡柳津町 圓蔵寺福満虚空蔵尊 2008年1月7日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/yanaizu1.htm 
Youtube : https://youtu.be/HaiYVnutNww 

● 初春や白ふんどしの綱のぼり  北舟
(はつはるや しろふんどしの つなのぼり)
Early spring,
rope climbing
wearing white fundoshi sash. 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/yanaizu48l.jpg 

● 年の酒褌衆の福の籤  北舟
(としのさけ ふんどししゅうの ふくのくじ)
Sake for the New Year,
a lottery
for fundoshi men. 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/yanaizu13l.jpg 

〈解説〉福島県の柳津町(やないづまち)では、毎年正月7日に全国から集まった男たちが六尺褌一丁の裸形になり、午後8時半の一番鐘の合図で圓蔵寺(えんぞうじ)の石段を駆け上がり、手水鉢で垢離を取ったあと、本堂の菊光堂に参拝する裸詣りが行われる。この日だけは、行事の舞台となる本堂は、七日堂と呼ばれる。

 七日堂では、男たちが競い合って一本の麻縄によじ登り、大鰐口(おおわにぐち)を目指す鰐口登りが行われ、堂内は褌衆と見物人たちの熱気に満ちあふれる。裸詣りが終わった裸衆は、住職からホオノキの矢に挟んだ牛王法印(ごおうほういん)をいただき、家に持ち帰って一年の幸福と無病息災を祈る。褌一丁による鰐口登りは全国に例がなく、七日堂の裸詣りは、奇祭中の奇祭として知られる。 

 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/yanaizu38l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/yanaizu03l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/yanaizu10l.jpg 

【弐拾壱】栃堀裸押合大祭

新潟県長岡市栃堀 巣守神社 2008年2月9日(第二土曜日)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/totibori1.htm 
Youtube : https://youtu.be/Kwl_JaNZImA 

● 富籤の恵比寿大黒春隣る  北舟
(とみくじの えびすだいこく はるどなる)
The gods of Ebisu Daikoku
of the lottery,
Sprig approaching.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori05l.jpg 

● 雪の径六尺一本草鞋がけ  北舟
(ゆきのみち ろくしゃくいっぽん わらじがけ)
A snow road running,
wearing a rokusyaku sash
and straw sandals.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori10l.jpg 

● 寒垢離や桶に浸りて裸押  北舟
(かんごりや おけにつかりて はだかおし)
Cold-water ablution,
jostling
after bathing in the tub. 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori04l.jpg 

● 雪の里福札取りの白褌  北舟
(ゆきのさと ふくふだとりの しろふどし)
A snow village,
white loincloths
for lucky plates.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori76l.jpg 

● 雪御堂六尺一本撒与札  北舟
(ゆきみどう ろくしゃくいっぽん さんよふだ)
Snow covered shrine,
rokushaku sashes
and scattering plates.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori07l.jpg 

〈解説〉平成20年(2008)2月9日(土)、一泊二日の日程で、雪国・新潟県長岡市(旧栃尾市)栃堀(とちぼり)に鎮座する巣守神社(すもり・じんじゃ)において当夜開催された裸押合大祭(はだかおしあいたいさい)を激写した。

 天正年間(1570年代)、上杉謙信が守門岳(すもんだけ)登山口の栃堀にある巣守神社に毘沙門天(びしゃもんてん)を祀り、戦勝祈願や五穀豊穣を願ったのが裸押合大祭の始まりといわれ、数年前までは1月15日に開催されていたが、事前の準備が大変なので、2月の第二土曜日になったという。

 祭り当日、巣守神社本殿にある祭壇の中央には毘沙門天像が置かれる。毘沙門天は仏教における天部の仏で、持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神であり、神仏混淆の名残が伺える。

 栃堀の東方約10kmに聳える守門岳(1,537m)は、袴岳を主峰とし、青雲岳、大岳中津又岳が一大山系を形作る連峰で、越後中部の名峰と讃えられる。大岳の頂上には守門大明神が祀られている。謙信がまだ幼少の頃、守門岳の山麓で狩りをして心身を鍛練したという言い伝えがある。

 午後7時丁度、ふるさと交流会館から先頭集団が一斉に走り出し、それに続く裸男たち全員が威勢良く巣守神社に向けて出発した。参道脇には、大勢の参拝客やアマチュア・カメラマンたちが立ち並び、裸男たちの勇壮な姿を見守っていた。

 午後7時5分頃、太鼓の合図で裸押合大祭がはじまり、裸男たちは午後8時半頃まで「押(オ)ッセ、押(オ)ッセ」「サンヨ(撒与)、サンヨ」などと大声で掛け声を掛け合いながら、火照(ほて)った身体をぶつけ合い、揉み合いを繰り広げ、巣守神社本殿は熱気に包まれた。

 裸男たちは、激しい裸押し合いで身体が火照(ほて)ると、石段を駆け下りて参道の途中にある禊場で垢離(こり)を取った。湧き水を利用した禊場は、一枚岩をくり抜いた立派な岩桶で、一度に何人も水浴することができる。水を掛け合ってはしゃぎ合う者、神妙に手を合わせる者など、人それぞれで、禊の作法は統一されていないようだった。 

 裸男たちによる激しい押し合いで本殿が熱気に包まれている間も、参拝客は途切れることがなく、本殿に向かって左の入口から祭壇の前に佇み、参拝する姿が見られた。

 祭壇の前に日の丸扇を持って坐っている恵比寿・大黒が初穂料を納めた人に富籤(とみくじ)を引いてくれる。この福引にも豪華景品が用意され、空籤(からくじ)無しで、本殿そばの福引景品引換所で景品と交換して貰える。恵比寿・大黒役は、厄払いを兼ねており、地元の42歳の本厄の男性が勤めている。 

 福窓から福札を撒与する烏帽子・白装束スタイルの神官は、氏子や各種団体の代表者がつとめているという。裸男たちは、福札の撒与役が交代で福窓に上がると、裸押し合いを中止し、両手を上げながら一斉に「サンヨッ、サンヨッ!」のサンヨ(撒与)コールを始める。この掛け声は、こちらに撒いてくれという要求だった。

 約1時間半に及ぶ裸押し合いと福札争奪戦は、かなり長く感じた。最後は、余った福札を纏めて撒く大盤振舞があり、270枚の福札全てがばらまかれた午後8時半頃、太鼓が打ち鳴らされて、裸押合大祭が終わった。 

 裸押合大祭を終えた裸男たちは、一斉に社殿を飛び出し、雪蛍の舞う道を駆け足で交流会館に帰っていった。男たちは石油ストーブで温められた支度部屋に戻ると、着替えを始めたが、濡れて固く結ばれた褌は一人で解くには難しく、世話役の助けが必要だった。 

 ふるさと交流会館の玄関ホールの奥に「撒与景品交換所」が設けられており、裸男たちの着替えが終わってから3つのグループに分けて景品交換が始められた。最初に一等賞5万円の授与があり、今年の年札2008は足立区の新妻俊一さんが手にしていた。 

 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori01l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori04l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori64l+.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori10l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/totibori93l.jpg 

2016年6月19日(日)晴
■■■ 北舟の褌談義〈24〉英訳写真俳句 -九- ■■■
垢離取場から阿迦を持ち帰る

拡大写真(1800X1550)290KB

北舟の褌談義〈24〉英訳写真俳句 -九-

【拾六】成佛寺修正鬼会(国指定重要無形民俗文化財)

大分県国東市(くにさきし) 成佛寺 2008年2月10-11日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/jobutu1.htm 

● 谷川の闇に白褌寒の垢離  北舟
(たにがわの やみにびゃっこん かんのこり)
Cold-water ablutions,
white loincloths
in the darkness of mountain stream.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/jobutu20l.jpg 

● タイレシの越中褌寒禊  北舟
(たいれしの えっちゅうふんどし かんみそぎ)
Cold-water ablutions,
ettyu fundoshi
of torch carriers.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/jobutu21l.jpg 

〈解説〉平成20年(2008年)2月10日(日)から11日(月)にかけて大分県国東(くにさき)市国東町成仏(じょうぶつ)に建つ天台宗龍下山(りゅうげさん)成佛寺(じょうぶつじ)で、国東半島の六郷満山(ろくごうまんざん)に伝わる修正鬼会(しゅじょう・おにえ)が開かれた。

「修正鬼会」は、僧と村人たちが一体となり、夜を徹して無病息災、五穀豊穣を祈る伝統の行事で、養老年間(717〜724)に仁聞菩薩(にんもん・ぼさつ)が国家安穏・五穀豊穣・万民快楽の諸願成就のため、六郷28ヶ寺の僧侶を集めて「鬼会式六巻」を授けて創始したといわれ、1300年ほど昔の仏教文化を今に伝える奇祭である。

二人の僧侶が香水棒で舞う 開白(かいびゃく)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/jobutu49l.jpg 

 この鬼会は、かつては六郷満山の天台宗の各寺で行われていたが、今では豊後高田市の天念寺(てんねんじ)と、国東市の成仏寺・岩戸寺(いわとじ)の三ヵ寺だけとなった。東満山の天念寺では毎年開催されるが、西満山の成佛寺と岩戸寺では隔年(西暦偶数年が成仏寺)で開催される。

災払鬼(さいばらおに)の加持祈祷 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/jobutu64l.jpg 

 昭和52年(1977)に国から重要無形民俗文化財に指定された鬼会は「鬼を追い払う」のではなく、「鬼に姿を変えた仏を出迎える。」「鬼に出会うことは鬼籍に入って成仏した祖先に出会うことで、祖先と楽しく過ごす。」という国東半島独自の宗教観を持つ。 

 鬼会は、厳しい儀式とともに、鈴鬼(すずおに)や荒鬼(あらおに)などの仏の化身が登場して、座って行う昼間の勤行(ごんぎょう)と夜の立役(たちやく)の作法が組み合わさって行われる。しかも、「オハヤシカタ」と称する楽師が奏する音律が経文の中に取り入れられ、いとも荘重である。 

お婆ちゃんの手を取って・・・
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/jobutu03l.jpg 

 鬼会のあとは、祈祷廻りが行われる。この成仏(じょうぶつ)の集落は58軒ほどあるが、過疎化が進んで空き家が増え、2008年の取材当時に実際に人が住んでいるのは約50軒。最近は年寄り一人だけの家も増えており、鬼を迎える用意ができない家もある。三鬼が手分けして廻るので、一鬼の分担は10軒ほど。成仏寺を23:20に出発し、寺に帰着したのが翌日06:50だったので、7時間半に渡る長丁場だった。

 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/jobutu83l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/jobutu99l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/jobutu04l.jpg 

【拾七】岩戸寺修正鬼会(国指定重要無形民俗文化財)

大分県国東市国東町 岩戸寺 2009年1月31日〜2月1日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/iwato1.htm 

● 七日夜の川の阿迦汲褌の白  北舟
(なのかよの かわのあかくみ こんのしろ)
Taking a bucketful of river water
at seventh night of the New Year,
white is the loincloth.
垢離取(こうりとり)に向かうトシノカンジョウ 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/iwato010l.jpg 
垢離取場から阿迦を持ち帰る
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/iwato009l.jpg 

● 七日夜や川に飛び込む褌衆  北舟
(なのかよや かわにとびこむ ふどししゅう)
Seventh night of the New Year, 
men of fundoshi loincloths
jumping into the river.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/iwato001l.jpg 

〈解説〉平成21年(2009年)1月31日(土)から2月1日(日)にかけて大分県国東市国東町(くにさきし・くにさきまち)に建つ天台宗岩戸寺(いわとじ)で、国東半島の六郷満山(ろくごうまんざん)に伝わる修正鬼会(しゅじょう・おにえ)が開かれた。鬼会の前には川で僧侶らが褌一丁の裸形で斎戒沐浴する姿が見られる。

 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/iwato049l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/iwato059l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/iwato070l.jpg 

【拾八】天念寺修正鬼会(国指定重要無形民俗文化財)
 
大分県豊後高田市 天念寺 2007年2月24日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/onie1.htm

● 篝火に浮かぶ白褌初薬師  北舟
(いさりびに うかぶびゃっこん はつやくし)
First Yakushi ritual this year,
white fundoshi loincloths
standing out by bonfires.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/tennen008l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/onie10l.jpg 

〈解説〉平成19年(2007年)2月24日(土)大分県豊後高田市(ぶんごたかだし)大字(おおあざ)長岩屋(ながいわや)に建つ天台宗の長岩屋山(ながいわやさん)天念寺(てんねんじ)で、国東(くにさき)半島の六郷満山(ろくごうまんざん)に伝わる修正鬼会(しゅじょう・おにえ)が開かれた。

 堂内で鬼たちの大暴れが治まると、赤鬼と黒鬼が講堂の中央に位置し、松明を頭上で交差してグルグル回る鬼の舞を始める。このシーンがポスターに掲載されている最もポピュラーな場面で、観衆は鬼の法舞をじっと見守るだけである。

ポスターに掲載された有名な赤鬼と黒鬼のシーン
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/tennen037l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/tennen033l.jpg 

 鬼の法舞の最中に、突然、世話役が鬼の目餅と呼ばれる鏡餅をばらまき、信者たちは鬼の法舞にかまうことなく餅に突進し、争奪戦が始まる。「鬼の目」を拾った者は、良縁がもたらされるという。

 餅が拾われると、鬼たちは、餅を拾った人を追いかけ回す。鬼も自分の「目」を取られまいと必死なので、「目」をとった人をコダイ(小松明)で激しく叩く。これがまさに奇祭といわれる所以である。松明の火の粉で服が焦げるので、見物には普段着で出かけると良い。 

「目」をとった人をコダイ(小松明)で激しく叩く黒鬼
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/tennen040l.jpg 
松明の先が折れた!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images6/tennen043l.jpg 

2016年6月18日(土) 晴 酷暑 衣替
■■■ 北舟の褌談義〈23〉英訳写真俳句 -八- ■■■
その後特段の動きもなく宝木は抜けた模様 22:04:30

拡大写真(2000X1450)473KB

【拾五】西大寺会陽(国指定重要無形民俗文化財 日本三大奇祭)

岡山県岡山市東区 西大寺観音院 2010年2月19-21日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/eyo01.htm 
YouTube: https://youtu.be/h96lfUQaXuQ 

古い会陽絵馬 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/eyo079l.jpg 

● 白褌の子供會陽や垢離の水  北舟
(びゃっこんの こどもえようや こりのみず)
The water of ablutions,
Eyo Festival of children
wearing a white loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/eyo021l.jpg 

● 褌の垢離に歓声會陽の子  北舟
(ふんどしの こりにかんせい えようのこ)
Children of Eyo Festival,
arising cheers for the water ablutions
wearing a loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/eyo125l.jpg 

● 爺孫の裸褌會陽の日  北舟
(じじまごの はだかふんどし えようのひ)
The day of Festival Eyo,
a grandfather and grandchildren
naked wearing a loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/eyo160l.jpg 

● 白褌の地押轟く會陽かな  北舟
(びゃっこんの じおしとどろく えようかな)
Eyo Festival,
shout of rounds
resounding around.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/eyo193l.jpg 

 地押(じおし)は、本堂大床の周りをスクラム行進すること。本押(ほんおし)は、本堂大床での宝木(しんぎ)争奪戦をいう。

〈解説〉平成22年(2010)2月20日(土)、岡山市東区の西大寺観音院で500周年の節目を迎えた「西大寺会陽はだかまつり」が開かれ、33,000人の観客と9,500人の裸が参加した。

 会陽(えよう)とは、修正会結願(しゅしょうえ・けちがん)行事の地域的名称。岡山県以外でも香川県善通寺市の善通寺会陽などがあるほか、岡山県には岡山市・金山寺会陽、美作町・安養寺会陽など多くの会陽がある。しかし、何といっても全国に名を知られているのが岡山市・西大寺会陽で、昭和34年(1959)岡山県により無形民俗文化財に指定されたあと、平成28年(2016)1月15日には、晴れて国から重要無形民俗文化財の指定を受けた。

 飲酒による事故防止のため、2010年から全ての日程が2時間早められ、午後10時に投下された一対の宝木(しんぎ)を巡って激しい争奪戦が繰り広げられ、宝木仮受所(しんぎかりうけしょ)(岡山商工会議所西大寺支所)での山主(やまぬし)(僧侶)の検分により二組の取主(とりぬし)が福男(ふくおとこ)に認定された。 

 その後、福男たちは宝木を携えて西大寺バスターミナルに赴き、御福頂戴(ごふくちょうだい)の福受式典(ふくうけしきてん)に出席。宝木は、山主により、牛玉(ごおう)封じののち厨子(ずし)に納められ、創立100周年の節目を迎えた祝主(いわいぬし)の両備グループに引き継がれた。 

垢離取場を駆け抜ける裸の集団 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/eyo004l.jpg 
次々と地押に繰り込む企業裸(きぎょうはだか)たち 21:33 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/eyo001l.jpg 
本堂大床(おおゆか)の攻防! 22:00:36 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images8/eyo209l.jpg 

★彡 西大寺会陽に思う ★彡

 筆者が全国の裸祭りを取材して、その規模や勇壮さ、伝統の継承、市民の熱狂度などを比較した結果、博多祗園山笠(福岡市)・西大寺会陽(岡山市)・國府宮(こうのみや)はだか祭(愛知県稲沢市)が群を抜いて評価が高い。全国に日本三大裸祭と自称する祭が散見されるが、このビッグ・スリーこそが日本三大裸祭と呼ぶに相応しい勇壮な祭礼である(和田説)。こうしてみると、西大寺会陽は、日本三大奇祭と日本三大裸祭のふたつのタイトルに輝く類い希な祭礼であり、その歴史の重みと相まって日本の祭文化の至宝であるといえよう。 

 しかし、岡山県の調査によると、岡山県下では2月20日の西大寺会陽を筆頭に、かつては100箇所を超える会陽が行われていたが、現在では2月6日の金山寺会陽(岡山市北区)や2月13日の安養寺会陽(美作市)など、13箇所にまで激減しているという。 

 その理由は、過疎化による廃寺のほか、宝木争奪戦という性格上避けて通れない死傷事故や喧嘩沙汰などのためというが、伝統文化が次々に消滅してゆくのはとても残念である。 

 西大寺会陽では、戦後、2人の裸が本堂大床で命を落としている。國府宮はだか祭も同様で、「死者を出すような危険な祭は、即刻中止すべきだ」との批判があり、安全安心な裸祭を催行するにはどうすべきかが問われている。会陽は、裸で垢離を取るという日本国民に共通する正月行事であり、日本が世界に誇る裸褌文化として、これからも変質させることなく幾久しく存続させるために、官学民が一体となって叡智を出し合って欲しいと思う。

2016年6月17日(金)晴
■■■ 北舟の褌談義〈22〉英訳写真俳句 -七- ■■■
和田グループ第一期 九人の侍/吉田屋(福岡県福津市)

拡大写真(2400X2200)863KB

【拾四】津屋崎祇園山笠(福津市無形民俗文化財)

福岡県福津市 波折神社 2015年7月18日(土)・19日(日)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/tuyazaki05.htm 
YouTube: https://youtu.be/VdL7gGNKd1A 

● 益荒男の褌一丁青田道  北舟
(ますらおの ふどしいっちょう あおたみち)
Trail through the green paddy field,
men of manliness
wearing only fundoshi loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki293dl.jpg 

● 注連縄や褌衆の汗光る  北舟
(しめなわや ふんどししゅうの あせひかる)
Sacred straw rope,
shiny sweat
of fundoshi men.
前夜の裸参りで宮地嶽神社にお参りする北流
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki306il.jpg 

● 黒褌の山笠の宮入おらが夏  北舟
(くろふんの やまのみやいり おらがなつ)
Our summer,
Yama going to the shrine
wearing black fundoshi loincloth.
福津市の小山市長(向かって右端)を乗せて宮入りする北流
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki141l.jpg 

● 山笠や津屋崎千軒蘇る  北舟
(やまかさや つやざきせんげん よみがえる)
Yamakasa festival,
Tsuyazaki-Sengen
revived.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki126l.jpg 

● 山笠や乗りたる子らの大冒険  北舟
(やまかさや のりたるこらの だいぼうけん)
Yamakasa festival,
children's great adventure
on the wagon.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki346fl.jpg 

〈解説〉津屋崎祗園山笠(つやざき ぎおん やまかさ)は、今から約300年前の江戸時代正徳4年(1714)に櫛田神社(博多)から波折(なみおり)神社(津屋崎)に祗園社の神を勧請(かんじょう)して3基の山笠を奉納し、疫病、災害の退散を祈願したことに始まる。山笠は、漁業中心の北流(きたながれ)、商業中心の新町流(しんまちながれ)、農業中心の岡流(おかながれ)の3つの流れがあり、メイン・イベントである追い山は、かつては7月19日に奉納されていたが、現在では7月19日に近い日曜日に催行される。

 なお、前日土曜日には前夜祭があり、本番の安全祈願のため、氏子たち全員が午後7時から9時半ころまで波折神社・金比羅神社・宮地嶽神社を駆け足で巡礼する全長7kmの裸参り(三社まいり)が行われる。

 平成27年(2015)7月18日(土)19日(日)の両日、波折神社(麻生藤七宮司 55歳)で301年目の津屋崎祗園山笠が開かれたので、津屋崎山笠保存会(中村周一会長)の協力を得て、全国連和田グループ第一期10名の代表として北流・西古小路(にしこしょうじ) に参加し、密着取材を行った。

● 山笠や褌衆のいざ出陣  北舟
(やまかさや ふんどししゅうの いざしゅつじん)
Yamakasa Festival,
kick-off
of fundoshi men.

(全国連和田グループ第一期9人の侍の勇姿)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki128l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki124l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki350.gif  (アニメーション)

 筆者は、かねてより博多祇園山笠の締込み姿に魅せられ、一度は、参加してみたいという夢を抱いていたが、和田フォト・第43代感動写真集同人・吉田好幸さんから風光明媚な津屋崎海岸の一等地に位置する民宿「吉田屋」を拠点に津屋崎祇園山笠の参加・取材をしたらどうかとの有り難いご提案を頂いた。しかも吉田さんが全面的にサポートして下さるという。旅する写真家にとってはこの上ないお誘いなので、迷うことなくお言葉に甘えることにし、博多と同じ祭衣装で催行される津屋崎で私の夢が実現した!

前夜祭の裸山笠(新町流)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki315e--l.jpg 
岡流の宮入り(赤手拭いならぬ赤襷の若頭が山笠をリードする)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki326cl.jpg 
北流の宮入り(中村保存会会長を乗せて全力疾走!)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki327dl.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki327.gif  (アニメーション)
北流追い山 〜「なごみ」前から廻り留め〜 (アニメーション) 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki344.gif 

〈感想〉全国連和田グループを編成し、代表として参加者と一緒に褌姿になって激写するという参加型取材は、鐵砲洲寒中水浴(東京都中央区)、見附天神裸祭(静岡県磐田市)、猪鼻の甘酒こぼし(埼玉県秩父市)、玉前神社浜垢離(千葉県一宮町)、黒褌神輿(富山県富山市)に次いで六度目であるが、相撲まわしに似た締込みを締めたのは、初めてのことで、感動も一入(ひとしお)だった。

和田代表の締込み姿
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki263l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki127l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki268l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki318l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki321l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki343al.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images17/tuyazaki348l.jpg 

 江戸時代から変質することなく継承されてきたこの素晴らしい裸祭に参加したいと熱望する日本人は、私だけではない。日本人として生まれた男性は、一度は締込みをキリリと締めて参加したいと思うに違いない。

 第一期和田グループは、借り物の装束だったが、2016年7月16・17日に参加予定の和田グループ第二期からは専用の締込み・水法被を着用して参加する予定で、現在、募集中である。http://wadaphoto.jp/maturi/tuyazakiwada02.htm 私の気力体力の続く限り、毎年、全国から参加者を募集し、全国連和田グループを編成して津屋崎祇園山笠に参加させて頂き、正規の祭装束を身につけた模範集団として行動して行きたい。「老いとき」愛読者の皆さんも是非仲間に入って頂ければ幸甚である。

新調の和田法被を着た和田代表 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images18/tuyazaki366l-.jpg 

2016年6月16日(木)雨
■■■ 北舟の褌談義〈21〉英訳写真俳句 -六- ■■■
大黒流の疾走!

拡大写真(1600x1064)231KB

北舟の褌談義〈21〉英訳写真俳句 -六-

【拾参】博多祇園山笠(国指定重要無形民俗文化財)

福岡県福岡市 櫛田神社 毎年7月1日から15日まで
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/tyamakasa41.htm 
YouTube: https://youtu.be/CMVYZG9QQsY  https://youtu.be/x0B_0OdXLn0 

追山笠廻り止繪圖
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/tyamakasa393l.jpg 

● 見上ぐれば勧進帳の飾山笠  北舟
(みあぐれば かんじんちょうの かざりやま)
Looking up
at the Kazari-yama,
dolls of Kanjincho above.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/tyamakasa289l.jpg 

● 山笠やお汐井取りの褌衆  北舟
(やまかさや おしおいとりの ふどししゅう)
Yamakasa festival,
the fundoshi men
taking Oshioi sand.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images13/tyamakasa174l.jpg 

● 山笠の子供も魅せる濡れふどし  北舟
(やまかさの こどももみせる ぬれふどし)
Yamakasa festival,
how cool
the children of wet fundoshi!
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/tyamakasa426l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images13/tyamakasa202l.jpg 

● 山笠や気合い漲る白ふどし  北舟
(やまかさや きあいみなぎる しろふどし)
Yamakasa festival,
getting fired up
by white fundoshi loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/tyamakasa311l.jpg 

● 山笠や褌衆の駆ける朝  北舟
(やまかさや ふんどししゅうの かけるあさ)
Yamakasa festival,
the fundoshi guys
run in the morning.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/tyamakasa356l.jpg 

〈解説〉昭和54年(1979)に国から重要無形民族文化財の指定を受けた櫛田神社の夏祭・博多祇園山笠は、7月1日から15日まで福岡市内の14箇所で絢爛豪華な飾り山笠が展示され、1日の舁き山笠7流の当番町・役員が箱崎浜(はこざきはま)で身を清めるお汐井とり(おしおいとり)に始まり、10日の流舁き(ながれがき)、11日の朝山笠(あさやま)、他流舁き、12日の追い山笠(おいやま)ならし、13日の集団山見せ、14日の流舁きと次第に盛り上がり、15日の櫛田入り(くしだいり)タイムレース・追い山笠(おいやま)で最高潮に達する。 

集団山見せ(小学四年生まで女子もふんどしを締める)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/tyamakasa456l.jpg 
楠田入り 〜清道(せいどう)に整列〜
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/tyamakasa511l.jpg 
清道入りした五番山笠西流
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/tyamakasa515l.jpg 
清道旗を廻る土居流
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/tyamakasa509l.jpg 
名作!博多祇園山笠
 http://wadaphoto.jp/maturi/images/hakata01l.jpg 

 毎回感じることだが、女の子も男の子と同じ褌を締めて祭に参加しているのは、博多だけである。赤ん坊もおしめの上から褌をしている。地元の氏子たちが祭に寄せる情熱や気合いも日本一、いや、世界一であろう。お尻丸出しの褌をするのが恥ずかしいなどという不心得者は一人もおらず、一人の装束違反者も無いのは、その誇りの左証である。

 先祖代々受け継がれてきた日本人の心意気が博多っ子に結晶していることは間違いなく、これからも博多祗園山笠は、永遠に日本人の誇りであり誉れであり続けることだろう。 博多山笠万歳!

フィナーレの追い山 〜両手に孫〜
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/tyamakasa475l.jpg 
タイムレースの追い山 〜三番山笠東流の快走!〜
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/tyamakasa480l.jpg 
追い山名場面集
 http://wadaphoto.jp/maturi/images14/tyamakasa366m.gif 
格好良い博多っ子
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/tyamakasa502l.jpg 

★彡 「男のまつり」プロモーションビデオ ★彡

 このたび、歌手・吉村明紘が歌う博多祇園山笠応援歌「男のまつり」のプロモーションビデオ(PV)が完成し、YouTubeにアップされた。 https://youtu.be/ZUJ2clLskoY  

 このPVを作成したのは、松本英高氏で、筆者の協力により、Wa☆Daフォトギャラリーに発表した「博多祇園山笠」の作品の中から彼が自由に選んだ30カット以上の写真が使われた。この曲は博多山笠の男らしさを歌い上げた素晴らしい曲なので、ヒットすることを願っている。

作詞:秋武増太郎 作曲:吉村明紘 編曲:逸見良造

1 空に響く一番太鼓 廻る清道男のまつり 
  太閤町割七流 あの子も惚れる男ぶり
  どんと行(ゆ)こうぜ (ヨイショ) 
  どんと行(ゆ)こうぜ 廻り止め

2 一番太鼓(だいこ)に心が躍る 担ぐいなせな男のまつり
  走る山笠(やまかさ)きよい水 見てろ櫛田の大銀杏(おおいちょう)
  どんと行(ゆ)こうぜ (ヨイショ) 
  どんと行(ゆ)こうぜ 廻り止め

3 お尻丸出し〆(しめ)こみに 年に一度の男のまつり
  山笠担いだ男肌 博多の街をまっしぐら
  どんと行(ゆ)こうぜ (ヨイショ) 
  どんと行(ゆ)こうぜ 廻り止め

  博多一本〆(はかたいっぽんじめ) お手を拝借
  よーお シャン・シャン もひとつ シャン・シャン
  祝うて三度の(いおうさの) シャン・シャン・シャン

2016年6月15日(水)雨
■■■ タイ少数部族の褌姿 ■■■
私のFBフレンドでタイ在住のMr.Surasit Saokumkateさんがこの写真を送ってくれた。褌研究者としてとても興味のある写真である。彼らは、タイのドイタオ県に住んでいて、Charnpichitという写真家が撮影したことが記入されている。日本の黒猫褌に似た褌を締めているが、後ろ姿がどうなっているか分からない。彼らは、半ズボンに相当するところに入れ墨を入れていて、遠くから見ると褌一丁ではなくパンツをはいているように見える。褌姿は、恥ずかしいのだろうか。どなたか関連情報をお持ちであれば、是非、教えて頂きたい。

'Fundoshi men of a minority tribe of Thailand'

My fb friend Mr.Surasit Saokumkate living in Thailand sent me the following photos of old men wearing loincloth which is similar to fundoshi of Japan. This photos were taken by a photographer Mr. Charnpichit living in Amphoe Mueang Chiang Mai, Thailand.

According to the explanations, these tribe men are living at Amphoe Doi Tao, Thailand. I asked to Mr. Charnpichit for further information and back figure of them.

They all tattooed around their waist so that they look as if they are wearing short pants in spite of fundoshi loincloth only. Are they shameful wearing fundoshi only? If there is no tattoo, they look like Japanese old men.

If someone knows about them please inform me, thank you.

タイ少数部族の褌姿1/3


2016年6月15日(水)雨
■■■ 北舟の褌談義〈20〉英訳写真俳句 -五- ■■■
【拾壱】武州御嶽山滝行

東京都青梅市 武州御嶽神社 体験修行 2008年9月6-7日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/ayahiro1.htm 

● 滝行や朱塗りの門の御師の宿  北舟
(たきぎょうや しゅぬりのもんの おしのやど)
Waterfall purification,
a lodge for pilgrims
with a gate of dark red. 
御師(おし)住宅・秋山荘の玄関 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro18l.jpg 

●滝行の白褌や御師の宿  北舟
(たきぎょうの しろふんどしや おしのやど)
A lodge for pilgrims,
white fundoshi loincloths
for waterfall purification.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro17l.jpg 

〈御師〉御師と書いて「おし」と呼ぶ。武蔵御嶽山(むさしみたけさん)には、御師集落(おししゅうらく)が現存する。御師は武蔵御嶽神社の社家で、神社と信者の間にたって祈祷し、御嶽講(みたけこう)などの参拝客のために宿泊を世話する。御師は、伊勢では「おんし」と称し、祈祷師の別称であった。神社の神職は神明奉仕が勤めで、かつては信仰を広める行為ができなかったことから、御師の仕組みが生まれた。現在も江戸時代さながらの活動が続いているのは、筆者の知る限りこゝだけである。

 御師集落 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro34l.jpg は、御師たちの宿坊が集まった場所で、取材当時、山上に26軒、滝本付近に6軒あり、登録神職は約60名、実質的に活動している御師は約40名だという。なかでも馬場家は、甲斐武田氏の重臣馬場美濃守の流れを汲む由緒ある家柄と伝えられ、馬場家住宅 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro30l.jpg は、幕末の慶応2年(1866)に建てられたもので、東京都有形文化財に指定されている。

● 白褌の阿闍梨の気迫滝禊  北舟
(びゃっこんの あじゃりのきはく たきみそぎ)
Ajari priest of white loincloth, 
fired up
in the waterfall purification. 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro86l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro14l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro09l.jpg 

 凄い形相で滝に打たれている内臓脂肪ゼロの真言宗阿闍梨は、都内在住の小林宗次郎さんで、法名(ほうみょう)を小林宗峰といい、「まんだらや密教研究所」を主宰しておられた。とりわけチベット仏教に造詣が深く、外国人に英語で密教を解説する国際派で、話の途中で急に英語で般若心経を唱えはじめたので、驚いてしまった。なぜ神道の修行に参加したのかお聞きすると、日本は昔から神仏習合の歴史文化があり、真言宗には垣根がないということだった。この滝行を契機にお付き合いが始まったが、残念ながら数年前に奥様からのお便りで鬼籍に入られたことを知った。〈 合掌 〉

●綾広の滝に打たるる褌衆  北舟
(あやひろの たきにうたるる ふどししゅう)
Men of fundhoshi loincloth
purifying themselves
beneath the Ayahiro Fall.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro94l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro95l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro96l.jpg 

〈解説〉2008年9月6日(土)7日(日)の両日、東京都青梅市にある標高929mの武州(ぶしゅう)御嶽(御岳)山(みたけさん)山頂に鎮座する武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)で修業体験講座が実施された。筆者は、神社のご厚意により密着取材を行い、行者たちと起居をともにして日本の伝統文化溢れる光景を激写することができた。

 2001年から始まったこの講座は、かつて修験者が行っていた深山幽谷での滝行(たきぎょう)などを体験し、自然と一体となって心や身体を洗い清め、日本人の持つ霊(みたま)を再生する精神修養を目指すもので、この年で18回目となる。

 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro11l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro02l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images5/ayahiro04l.jpg 
小林阿闍梨最後の滝行 06:45

小林阿闍梨最後の滝行

拡大写真(1200x1600)562KB

【拾弐】とねり少年角力大会

東京都足立区 舎人諏訪神社 2007年8月26日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/tonerisumo.htm 
Youtube : https://youtu.be/FDivIQF7YTA 

● 褌をもてきて相撲ふ童かな  北舟
(ふんどしを もてきてすもう わらべかな)
Children
wearing homemade loincloth
competing sumo wresting.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/toneri01l.jpg 

● 関取と相撲ふをさな子白ふどし  北舟 
(せきとりと すもうおさなご しろふどし)
Infants of white fundoshi loincloth,
matching
with a sumo wrestler.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/toneri22l.jpg 

〈解説〉東京都足立区舎人二丁目に鎮座する舎人諏訪神社では、毎年、8月第四日曜日にとねり少年相撲大会が開催される。年によっては同じ足立区に所在する境川部屋の力士も参加する。

 参加する子供たちは、幼稚園児の年少・年中・年長組と小学校1年〜6年までの児童で、相撲まわしには、晒木綿の褌を締めている。相撲は、400年前の江戸時代から盛んに行われ、大相撲を頂点とした日本の国技であり、典型的な日本の裸褌文化である。

 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/toneri28l.jpg  
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/toneri34l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/toneri18l.jpg 

2016年6月14日(火)曇
■■■ 北舟の褌談義〈19〉英訳写真俳句 -四- ■■■

国府宮(尾張大國霊神社) 第46回写真コンテスト 特選 真野宏平 「クライマックス」

第46回写真コンテスト 特選 真野宏平 「クライマックス」

写真提供:國府宮社務所
【九】國府宮はだか祭(愛知県無形民俗文化財)

愛知県稲沢市 尾張大國霊神社 2006年2月10日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/kouno1.htm 
Youtube : https://youtu.be/qgJl_xW-FkE 

● 初春やはだかを飾る儺追布  北舟
(はつはるや はだかをかざる なおいぎれ 
Early spring,
Good riddance cloths
adorn naked bodies.
國府宮(こうのみや)の楼門と拝殿
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/kouno39l.jpg 
厄を拾い集めながら町内を練り歩く儺追笹(なおいざさ)奉納グループ
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/kouno05l.jpg 

● 国府宮全裸の神に厄落  北舟
(こうのみや ぜんらのかみに やくおとし)
Kouno-miya shrine,
exorcism by touching
the full naked god.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images18/hadaka202-04b.jpg 

〈神男〉この写真は、國府宮主催の第46回写真コンテストで特選に選ばれた真野宏平氏の「クライマックス」で、褌衆が触ることで一身に厄を引き受ける神男(しんおとこ)の救出のため、後ろ褌(うしろみつ)に命綱をつけた白法被・締込姿の神職が裸の渦の中で翻弄される神男に抱きついて救出し、儺追殿(なおいでん)に引き揚げる一瞬を捉えた傑作である。神男は、摩擦による火傷を防ぐため、全身を剃毛しており、まさに命がけの神事である。

● をさな児もふんどし締める厄落  北舟
(おさなごも ふんどししめる やくおとし)
Exorcism,
infants also wear
fundoshi loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/kouno27l.jpg 

● 儺追笹褌衆の厄落  北舟
(なおいざさ ふんどししゅうの やくおとし)
Good riddance bamboos, 
exorcism by naked men
of fundoshi loincloth.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/kouno46l.jpg 

〈解説〉國府宮こと尾張大國霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)の裸祭りは正しくは儺追神事(なおいしんじ)といい、毎年旧正月の13日に斎行される。儺追笹(なおいざさ)を奉納した裸男(はだかおとこ)たちが厄(やく)を落とすべく、渦の中心となって参道に現れた全裸の神男(しんおとこ)に触れようと揉み合う勇壮な祭りで、江戸時代の末頃から始まったといわれている。2006年は9千人のはだか男と14万人の観衆が國府宮に押し寄せ、大規模な裸のページェントが繰り広げられた。

儺追笹(なおいざさ)の穏やかな奉納
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/kouno02l.jpg  
日没の参道〜神男を待つ裸たち(午後5時5分)
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/kouno13l.jpg 
楼門を通過する巨大ななおい笹
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/kouno14l.jpg 
楼門に達した渦
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/kouno70l.jpg 
神男に群がる裸たち。楼門付近で将棋倒しになり、死者が出たこともある。
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/kouno67l.jpg 

【拾】若宮八幡裸祭(豊後高田市無形民俗文化財)

大分県豊後高田市桂川 若宮八幡神社 2013年11月15・17日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/waka34.htm 
YouTube : https://youtu.be/XJW5cvsPP50 

● 白褌の手〆目出度や秋祭  北舟
(びゃっこんの てじめめでたや あきまつり)
Autumnal ritual,
men of white loincloths
happily clapping hands.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/waka106l.jpg 

● 純白の狩衣褌秋の川  北舟
(じゅんぱくの かりぎぬふどし あきのかわ)
Autumnal river,
pure white are
the kariginu coats and fundoshi loincloths.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/waka119l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/wakamiya068l.jpg 

● 秋の水神輿に浴びせる褌衆  北舟
(あきのみず みこしにあびせる ふどししゅう)
Guys of loincloth
showering autumnal water
on the portable shrine.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/waka114l.jpg 

● 秋川の泥に染まりし白ふどし  北舟
(あきかわの どろにそまりし しろふどし)
White loincloths
stained with muddy water
of the autumnal river.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/waka129l.jpg 

〈解説〉2013年11月15日(金)と17日(日)の両日、大分県豊後高田市(ぶんごたかだし)に鎮座する若宮八幡神社で秋季大祭の川渡し神事が行われた。 永保4年(1084)に荒行のひとつとして始められたこの裸祭は、狩衣(かりぎぬ)・褌姿の輿丁(よちょう)が宮神輿を担いで桂川に入水し、本宮(もとみや)と御旅所の下宮(しもみや)を往復する神幸祭で、2013年で930回目となり、長い歴史を有する裸祭である。

 http://wadaphoto.jp/maturi/images2/wakamiya004l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/waka122l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images15/waka418l.jpg 

2016年6月13日(月)晴
■■■ 北舟の褌談義〈18〉英訳写真俳句 -参- ■■■
【七】黒石寺蘇民祭(国指定無形民俗文化財 日本三大奇祭)

岩手県奥州市水沢区 妙見山黒石寺(みょうけんざん・こくせきじ) 2007年2月24・25日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/somin1.htm 
Youtube : https://www.youtube.com/watch?v=En7xamL9_AE 

● 瑠璃壷の親子褌寒の垢離  北舟
(るりつぼの おやこふんどし かんのこり)
Water purification in the cold season,
fundoshi loincloths of father and son
at Ruritsubo river.
http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin002l.jpg 

● 褌で夜道を巡る七日かな  北舟 
The seventh day of the year,
walking the path after dark,
wearing fundoshi loincloth.
http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin085l.jpg 

● 寒垢離や褌に暖をたくするに  北舟
(かんごりや ふどしにだんを たくするに)
Cold water purification,
getting warm
by the loincloth.
http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin083l.jpg 

〈解説〉岡山「西大寺会陽」と大阪「四天王寺どやどや」と共に日本三大奇祭のひとつに数えられる「黒石寺蘇民祭(そみんさい)」は、奇しくも取材した平成19年(2007)が全裸の参加者が見られる最後の年で、翌2008年からは、警察の介入により、一般参加者は褌を外すことが禁止された。賛否両論があり、江戸時代から続く裸祭の伝統がゆがめられたと思うのが筆者らの立場である。藤波洋香(ふじなみようこう)女性住職の苦渋の決断だったが、その後も親方の全裸だけは続けられている。 

 黒石寺蘇民祭は、薬師信仰千古の歴史にのっとり、五穀豊穣と災厄祓いを願って、裸参り、柴燈木登(ひたきのぼり)、別当登(べっとうのぼり)、鬼子登(おにごのぼり)と続き、祭りのクライマックス・蘇民袋争奪戦に至る水と炎の織りなす勇壮な裸祭りである。

 幸か不幸か、2008年1月8日、「岩手県奥州市作成の黒石寺蘇民祭のポスター http://wadaphoto.jp/images2/sominsai08.jpg が女性に対するセクハラに当たるとの理由でJR東日本が駅構内に掲示することを拒否した」旨のテレビ報道から始まったセクハラポスター騒動は、新聞や週刊誌などが全国報道したことから、黒石寺蘇民祭が日本中に知られることとなった。筆者は、このポスターのどこがセクハラか、全く理解できない。立派な髭をたくわえたモデルの男性は、蘇民祭を支えるまじめな男性である。

 裸参りでは、瑠璃壺川をせき止めた禊場で冷え切った雪解け水を被った後、境内を巡回する。これを三度繰り返すが、三度目は、禊ぎのときから褌を外して全裸となるのが掟だった。残念ながら、風紀を乱すという理由で、この歳を最後に禁止された。

褌の裸参り
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin073l.jpg  
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin085l.jpg 

全裸の裸参り
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin140.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin086.jpg 

褌の柴燈木登
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin107l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin102l.jpg 

全裸の柴燈木登
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin005l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin024l.jpg 

今なお続く全裸親方の蘇民袋刀入れ
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/somin009l.jpg 

【八】青島神社裸まいり

宮崎県宮崎市青島 青島神社 旧暦12月17日 2015年1月12日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/aosima6.htm 
Youtube : https://www.youtube.com/watch?v=42n4qAcpN9M 

● ふんどしの童に辛き寒の垢離 
(ふんどしの わらべにつらき かんのこり)
Water purification in the cold season,
too much hard
to the child of loincloth.
http://wadaphoto.jp/maturi/images3/aosima38l.jpg 

● 父と子の白ふんどしや寒禊
Water purification in the cold season,
White loincloth
of the father and son.
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/aosima02l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images16/aosima164l.jpg 

〈解説〉青島神社の「裸まいり」は、日向(ひゅうが)神話の「山幸彦・海幸彦」伝説に基づくもので、山幸彦が海の宮から帰ってくるとの知らせを受けた村人たちが、着衣をまとう暇もなく浜へ飛び出して出迎えたという伝承を再現したものである。 

 http://wadaphoto.jp/maturi/images16/aosima157l.jpg  
 http://wadaphoto.jp/maturi/images16/aosima158l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images16/aosima162l.jpg 

2016年6月12日(日)晴
■■■ 北舟の褌談義〈17〉英訳写真俳句 -弐- ■■■
纏舞で景気付けるはだか放水
 石川県金沢市 金沢城公園新丸広場 平成19年(2007)1月7日(日) 
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/kagatobi1.htm 
YouTube : https://www.youtube.com/watch?v=R9XVleeurNg 

● 白褌の放水天に出初式  北舟
(びゃっこんの ほうすいてんに でぞめしき)
New Year ceremony of fire brigades, 
wearing white fundoshi sash,
splaying water to the sky.
http://wadaphoto.jp/maturi/images3/kagatobi05l.jpg 

〈解説〉平成19年(2007)1月7日(日)午前10時から石川県金沢市金沢城公園新丸(しんまる)広場で石川県知事や金沢市長らと共に消防署員や消防団員たちが参加した大規模な金沢市消防出初式が行われた。式典の最後に、恒例の加賀鳶はしご登りと加賀鳶はだか放水が披露され、多くの観客を魅了した。

 江戸で活躍した加賀鳶の伝統文化が今なお金沢市の出初式で見られ、しかも厳寒の中で全員六尺褌一丁の裸形になって放水するという光景は、お江戸・東京でも見られず、金沢っ子の面目躍如たるものがある。

 生憎の強風で雨着が煽られて2台のカメラもずぶ濡れになるなど、未経験の厳しい取材だったが、タオルでカメラやレンズを拭きながらも感動の光景を多数切り取ることができた。これほど過酷な取材は初めてで、二度と撮れない傑作だと自負している。 

 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/kagatobi01l.jpg  
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/kagatobi03l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images3/kagatobi6l.jpg 

【五】和良比はだか祭り

千葉県四街道市 皇産霊神社 2004年2月25日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/wara1.htm
YouTube : https://www.youtube.com/watch?v=jHRgJm1qcDE

● 春田晴褌締めて騎馬合戦  北舟
(はるたばれ ふんどししめて きばがっせん)
Fine day at spring rice field,
playing at cavalry battles
wearing loincloth.
http://wadaphoto.jp/maturi/images/wara36l.jpg 

● 空映す泥田に春の兆あり
(そらうつす どろたにはるの きざしあり)
Signs of spring 
at muddy rice fields 
reflecting the sky. 
http://wadaphoto.jp/maturi/images/wara16l.jpg 

〈解説〉毎年2月25日に行われる和良比はだか祭りは、四街道市和良比に鎮座する皇産霊(みむすび)神社の例大祭で、江戸時代から続く春を告げる「どろんこ祭り」である。ふんどし姿の男衆が一歳未満の幼児を抱いて神社下の神田(しんでん)に入り、健やかな成長を願って神田の泥を幼児の額に塗りつける。厄除けのおまじないの一種だが、れっきとした神事で、そうすることで丈夫に育つといわれている。

お兄ちゃんのおまじない: http://wadaphoto.jp/maturi/images/wara23l.jpg 

 その後、褌衆が神田で勇壮な泥の掛け合いや騎馬戦を繰り広げる。最後は氏子総代を胴上げして祭りは終わる。県外からの参観者も多く、神田周辺はカメラを持った観衆で埋まり、最近は海外からの見物客も見受けられる。

 http://wadaphoto.jp/maturi/images/wara06l.jpg  
 http://wadaphoto.jp/maturi/images/wara19l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images/wara51l.jpg 

【六】豊後高田ホーランエンヤ(大分県無形民俗文化財)

大分県豊後高田市桂川 平成28年(2016)1月10日(日) 
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/horan3.htm 
YouTube : https://youtu.be/lIPc_TA2DM0 

● おらが春ぬき手で泳ぐ白ふどし  北舟
My spring,
swimming overhand,
wearing white loincloth.
http://wadaphoto.jp/maturi/images18/horan051l.jpg 

● 宝来の白褌一本初泳  北舟
(ほうらいの びゃっこんいっぽん はつおよぎ)
The first swimming of the year,
only wearing a white loincloth
of good fortune.
http://wadaphoto.jp/maturi/images7/bungo002l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images10/horan18.gif (アニメーション)

〈解説〉平成28年(2016年)1月10日(日)、大漁旗や日の丸、五色の紙をつけた笹竹、吹き流しなどで飾られた満船飾の宝来船(ほうらいせん) http://wadaphoto.jp/maturi/images18/horan045l.jpg が桂川(かつらがわ)を巡航する新年恒例の裸祭「ホーランエンヤ」が大分県豊後高田市(ぶんごたかだし)で開かれた。

 ホーランエンヤは、豊後高田市が島原藩(長崎県)の領地であった江戸時代中期から島原や大坂の蔵屋敷に年貢米を送る廻送船の航海の安全と豊漁を祈願する行事として行われてきた。

 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/horan18l.jpg  
 http://wadaphoto.jp/maturi/images18/horan052l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images18/horan070l.jpg 

 かつては元旦の行事だったが、現在は日中に桂川が満潮となる時刻にあわせて日程が決められる。「ホーランエンヤ」は、「宝来栄弥(ほうらいえいや)」「蓬莱(ほうらい)へ、蓬莱へ」という掛け声から生まれた言葉とする説が有力だという。 

 http://wadaphoto.jp/maturi/images4/hora28l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images10/horan11l.jpg 
 http://wadaphoto.jp/maturi/images7/bungo036l.jpg 

2016年6月11日(土)晴
■■■ 北舟の褌談義〈16〉英訳写真俳句 -壱- ■■■
 私は、2000年7月16日以来、現在までに約2000の俳句を詠み、和田フォトの俳句「海の風景」 http://wadaphoto.jp//haiku.htm に発表してきた。当初から俳句に写真を添えて発表しているので、internet上で写真俳句を始めたのは、私が最初である。また、英訳を添えているので、英訳写真俳句としても先駆者であるが、こちらは未だに他の例を知らない。近年海外の愛読者が増えてきたので、最初から英訳を添えていて正解だったと思う。

 その中に筆者が日本全国の裸祭の取材を通じて発句した約400の褌句があり、それらを抜粋して和田フォトの「ふんどし談義」に「褌の俳句」 http://wadaphoto.jp/maturi/japan18.htm として再掲している。

 「老いとき」の「北舟の褌談義」には、前稿まで二回にわたり、プロからアマまで、新聞・雑誌などに掲載された褌句を紹介してきたが、今回から「褌の俳句」から写真と英訳を添えて北舟の自選句を披露し、筆者の褌へのこだわりや思い入れをお伝えしたい。

 俳句に興味の無い方も多々おられると思うが、実は、俳句を題材にして、日本全国のロマンと感動溢るゝ裸褌祭を紹介するのが真意である。俳句は読み飛ばして頂き、裸褌祭の解説と越褌さんにリンクして頂いた高精細画像やYoutubeのスライドショー動画をたっぷりと楽しんで頂ければ有り難い。全国の津々浦々に今も続く多彩で奥深い裸褌祭をご覧になって、伝統の褌姿の格好良さに気づいて良かった、日本人に生まれて良かった、と思って頂ければ作者冥利に尽きる。なお、全裸が登場する裸祭もあるので、乞うご期待! (^-^)

【壱】重陽の烏相撲(京都市無形民俗文化財)

京都市 上賀茂神社(世界文化遺産) 9月9日の重陽の日 2006年9月9日 
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/karasu1.htm 
Youtube : https://www.youtube.com/watch?v=dIH9zg4ZUdU 

● 立砂や相撲童子の白褌  北舟
(たてすなや すもうどうじの しろふどし)
A pair of sand cones,
white fundoshi sashs
of sumo children wrestling.
http://wadaphoto.jp/maturi/images2/karasu08l.jpg 

 近隣小学校の児童たちが白い前袋式六尺褌を締めて、神事相撲を取るそばに、神々が降臨する神籬(ひもろぎ)たる円錐形の立砂(たてすな)一対が置かれている。

● 少年のふぐり見えもす宮相撲  北舟 
(しょうねんの ふぐりみえもす みやずもう)
Sumo matches of a Shinto ritual,
a boy's pouch of skin
appears by chance.
http://wadaphoto.jp/maturi/images2/karasu85l.jpg 

〈解説〉1400年の歴史を有する葵祭で知られる京都市の上賀茂神社では、毎年、9月9日重陽(ちょうよう)の節句午前10時から本殿で齋王代(さいおうだい)や相撲童子(すもうどうじ)たちが菊花を献じて無病息災を祈願する重陽神事が斉行されたあと、午前11時から細殿(ほそどの)南庭で、烏相撲(からすずもう)が奉納され、斎王代が上覧する。

 烏相撲(からすずもう)は、烏の所作を真似たユニークな儀式で知られる神事相撲で、平安時代から続く伝統行事である。現在も昔のしきたりと寸分たがわぬ衣装を着けて執り行われている。当初は歴代の皇女が齋王(さいおう)として烏相撲を上覧していたが、齋院制度が途絶えた後も、齋王に代わる齋王代が御帳台(みちょうだい)から上覧する相撲神事が続けられてきた。古都・京都ならではの比類なき伝統と格式を有する奉納子供相撲に感動するのは、筆者だけではあるまい。

http://wadaphoto.jp/maturi/images2/karasu02l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images2/karasu29l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images2/karasu61l.jpg 

【弐】江ノ島寒中神輿

神奈川県藤沢市 江島神社 正月第三日曜日(成人祝) 2016年1月17日
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/enokan161.htm 
Youtube : https://www.youtube.com/watch?v=EZ7uUkVUDpk 

● 初春や浜に褌の色模様 
(はつはるや はまにふどしの いろもよう)
Fundoshi the loincloth
of colorful design
at the beach in early spring.
http://wadaphoto.jp/maturi/images/enos00l.jpg 

● 明の春十人十色の褌かな
(あけのはる じゅうにんといろの ふどしかな)
Early spring,
so many men,
so many loincloths.
http://wadaphoto.jp/maturi/images18/enokan109l.jpg 

〈解説〉平成28年(2016)1月17日(日)、神奈川県藤沢市江ノ島片瀬海岸東浜では、午前11時から第35回寒中錬成大会が開催された。新成人のお祝いと無病息災を祈るこの裸祭は、神社の祭礼ではなく、藤沢鎌倉神輿連合会(山口昌明会長)が主催する神輿祭で、藤沢・鎌倉両市の神輿愛好者約300人による年に一度の大会である。

 江ノ島寒中神輿は、新年の初神輿を担げるとあって、部外参加者も多く、六尺褌一丁の担ぎ手たちが4基の神輿を担いで海に入る姿は圧巻である。この祭の特徴は、主役があくまで両地区の新成人で、神輿に乗ることが許されることと、担ぎ手たちが正月に海に入って神輿練りを行う点にある。 

 色物や柄物のカラフルな江戸っ子褌(前袋式六尺褌)を締めた裸祭は他に例はなく、参加者たちは、毎年、新しい褌をあつらえてその鯔背ぶりを披露することを楽しみにしている。

http://wadaphoto.jp/maturi/images18/enokan128l.jpg  
http://wadaphoto.jp/maturi/images18/enokan130l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images18/enokan137l.jpg 

 かつては、成人式を迎えた20歳の男女が神輿に乗って海上渡御を行い、晴れて成人の仲間入りを果たす通過儀礼だったが、近年はどこの神社も神輿の上に乗ることを禁じるようになって、祭祀を司る江島神社(えのしまじんじゃ)もその例外ではなくなり、新成人が神輿の上に乗って海上渡御する姿はまったく見られなくなっていた。 

 しかし、2016年は、「この行事は、新成人を祝う寒中神輿錬成大会であって神事ではない」という理由で、新成人が神輿に乗ることが復活した。山口昌明会長の大英断と、それを許した江島神社相原圀彦宮司に拍手喝采を送りたい! 

http://wadaphoto.jp/maturi/images/kanmiko02l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images3/enokan16l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images12/enokan023l.jpg 

【参】江ノ島白褌(びゃっこん)神輿

神奈川県藤沢市 江島神社天王祭 7月14日に近い日曜日 2011年7月10日(日)
和田フォト: http://wadaphoto.jp/maturi/byakkon06.htm  
YouTube : https://www.youtube.com/watch?v=pIrgj_Gy2Ms 

● 海坂に向かふ神輿や白ふどし  北舟
(うなさかに むかうみこしや しろふどし) 
White fundoshi loincloths,
the portable shrine
going to the sea horizon.
http://wadaphoto.jp/maturi/images/eten02l.jpg 

● 江ノ島や白水褌の神輿舁   北舟
(えのしまや しろすいこんの みこしかき) 
Enoshima island,
mikoshi carriers
of white swimming loincloth.
http://wadaphoto.jp/maturi/images10/byakkon104l.jpg 

〈解説〉マリン・リゾートとして名高い湘南(しょうなん)江の島で毎年夏に開かれる八坂神社例大祭(天王祭)は、白い水褌(すいこん)(前袋式六尺褌)一丁で海中神輿渡御が行われる裸祭で、「かながわの祭り50選」にも選ばれている。 

 午前中、島の氏子たちが列をなして里神楽・天王囃子の優雅な調べを奏でるなか、江島神社辺津宮(えのしまじんじゃ・へつみや)から宮出しされた神輿が山中の狭い参道を下り、弁天橋付近で白い水褌(すいこん/前袋式六尺褌)一丁となった氏子や神輿祭愛好者たちに担がれて海に入る。

 裸の担ぎ手たちは、囃子船による天王囃子の調べにあわせ、浮きつ沈みつ揉み合い、勇壮な禊が行われる。その後一旦上陸し、午後から対岸の腰越(こしごえ)小動神社(こゆるぎじんじゃ)の神輿と龍口寺(りゅうこうじ)前から合同渡御に入り、ゆかりの小動神社まで渡る。 

 この天王祭は、湘南唯一の夏祭りとして有名で、ご神体を漁師が発見して祀ったことから、かつては、祭礼の神輿は漁師だけが担ぐことになっていた。白い水褌姿は、古き良き時代に褌一丁で漁をした漁師たちの姿を彷彿とさせる。現在は全国から集まる裸祭ファンの応援なしには催行できなくなっている。神事神輿なので、白褌(びゃっこん)以外は許されない。

http://wadaphoto.jp/maturi/images10/byakkon091l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images5/byakkon09l.jpg 
http://wadaphoto.jp/maturi/images/eten57l.jpg 

2016年6月10日(金)晴
■■■ 北舟の褌談義〈15〉褌を詠んだ俳句 2/2 ■■■
● 子は裸父はててれで早苗舟  池田利牛

【和田評】池田利牛(生年不詳)は、江戸蕉門の一人。「ててれ」とは褌のこと。「ててら」ともいう。江戸時代初期の絵描き久隅守景(くすみもりかげ)の「夕顔棚納涼図屏風」 http://artscape.jp/study/art-achive/__icsFiles/artimage/2011/02/15/c002tankyu/kazoku.jpg (部分) に描かれた夕涼みの父子を早苗を運ぶ小舟に乗せたような景色を想像する。江戸時代の子供は、13歳前後の褌祝(へこ祝)の前ならふりちんだったから、裸とは全裸のこと。全裸の男児と褌一丁の親爺が早苗舟に乗っていたという素朴な情景を詠んだもの。早苗舟は夏の季語で、田植えに使う舟のこと。 

● ごろりと草に、ふんどしかわいた  種田山頭火
● ふんどしは洗へるせせらぎがあり 
● ふんどしを枝へ枝から落ちる葉 

【和田評】 山頭火(1882〜1940) http://iyokannet.jp/ginkou/img/great_detail/pic_idai_syousai22.jpg  は、季語や語数にこだわらない自由律の俳人である。1925年に出家し、翌年〈分け入つても分け入つても青い山〉と詠み、生涯にわたる行乞(ぎようこつ)放浪の生活を続けた。これが俳句とはとても思えないのだが、「ふんどしかわいた」が何もない天涯孤独の行乞の様子を偲ばせる。

● 犢鼻褌を干す物干しの月見かな  高浜虚子
(たふさぎを ほすものほしの つきみかな)

【和田評】明治・昭和期の俳人高浜虚子(1874〜1959) http://www.kamakurabungaku.com/literature/imgs/6_photo02.jpg  は、俳句雑誌「ホトトギス」の理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことで知られる。この句は、「虚子京遊句録」の「清水坂愚庵十二勝」に掲載された褌句。 当時、京都の清水坂に愚庵という禅宗の僧が愚庵と名付けた家に住んでおり、愚庵の中の12の絶景を十二勝として自慢していたため、訪れた虚子がそれぞれの場所で発句し、12句を残した。この句は、嘯月壇(しょうげつだん)という愚庵の景勝地とされるところで詠んだもの。

 犢鼻褌は、「とくびこん」と読むが、日本では「たふさぎ」と読む。すなわち褌を干している物干しで月見をしたというたわいのないものだが、漢詩の世界を模倣して気取った十二勝を設定した愚庵を揶揄したものらしく、出家し、坊主となった愚庵愛用の越中褌が干してある傍らで月見をしたことを披露したもの。 

 ちなみに、犢鼻褌の「犢」の字は子牛を意味し、褌を締めたときの股間のふくらみが子牛の鼻に似ていることから、褌のことを犢鼻褌といった。かつての中国(支那)から伝わった犢鼻褌という漢字は、難解だったので、日本では「たふさぎ」という大和言葉を充てたが、現在は、死語になっている。

● 物干しのふんどしに月やほととぎす   内田百

「 アポロ十一号ちゅう物が、お月さまへ飛んで行って、お月さまを引っ掻いたり、くすぐったりしているらしい。いい加減にしておかないと、お月さまが少し軌道をこっちへ、地球の方へ動かしたりしたら、困った事になる。お月さま、我々文学文章の徒に取っては、詩歌のセンチメントである。象徴であり、神聖であって、冗談ではない、科学者の勝手放題は迷惑とも何とも。(略)」(まあだかい ちくま文庫 269-270頁) 

【和田評】内田百閨iうちだひゃっけん 1889〜1971 ) http://cdn.amanaimages.com/cen3tzG4fTr7Gtw1PoeRer/23007000051.jpg は、漱石門下の小説家。物干し竿に干されている彼の越中褌に月が昇り、ホトトギスの声が聞こえる。虚子の句同様、褌と月との組み合わせが面白いと思って詠んだものと思われるが、これらが名句かどうかは、私には分からない。

● 栄螺にもふんどしがありほろ苦し  津田清子 「七重(平三)」所収

「 女性が「ふんどし」の語を詩歌の中で使った例は、あってもごく稀れだったのではなかろうか。別に異様なことともいえないが、やはり目をひく。しかもこの句、俳諧の正統たるおかしみを有する上に、結句「ほろ苦し」の利かせ具合も程がいい。一読、ああ面白いと思わせられる。」(第十 折々のうた 大岡信著 33頁) 

【和田評】奈良県生まれの津田清子(1920〜2015) http://www.kcn.ne.jp/netpress/fureai/010/img/hitofure.jpg は、現代に活躍した俳人。栄螺(さざえ)は春の季語で、雌雄異体だが、外部生殖器はないので外観的には区別できない。壺焼きにして中身を取り出して見ると、軟体の巻きの先端部に生殖腺があり、この部分を「ふんどし」又は「つのわた」と呼び、黄白色なのが雄、緑色なのが雌だという。私は、栄螺の壺焼きは殻以外全部食べてしまうが、秋刀魚の塩焼きと同じで、内臓がほろ苦くて美味い。

 ちなみに、蟹(かに)にも雄雌ともに股の部分にふんどし(腹部の生殖器の蓋板)があり、甲羅をはがして食べる起点となる。「蟹はふんどしを外して食べるものだ」と教わり、自分の褌を外して食べたという江戸時代の笑い話がある。(^-^)

● 母を捨て犢鼻褌(たふさぎ)つよくやはらかき  三橋敏雄 

昭和16年刊「太古」。「証言・昭和の俳句下」304頁の「自選50句」に収録。

【和田評】三橋敏雄(1920〜2001) https://www.city.tsuyama.lg.jp/images/content/4943/mituhashi.jpg は、八王子出身の現代の俳人。この人の俳句はどれも難解で、私のような凡人には、さっぱり理解できない。犢鼻褌は「とくびこん」と読むのが普通なので、「たふさぎ」とルビをふっているが、褌のことである。昭和の世では、みんな「ふんどし」と称していたので、「たふさぎ」などという古代の呼び方は誰もしていないと思われるが、作者はなぜ「ふんどし」とせず、「たふさぎ」と表現したのか、どう考えても分からない。当時作者は、越中褌を愛用していたと思われるが、母を捨てた複雑な感情を褌に託したものと考えられるが、何をいいたいのだろう。自選50句に入っているので、よほど気に入った句なのだろうが、褌愛好家である私にさえ意味不明である。 

● 初春や紙ふんどしの土俵入り  大久保喬樹

「 さすがに子供たちが乳飲み子のうちはあわただしく、たしか、去年の正月あたりまでは、まだ紙おむつもとれてなくて、「初春や 紙ふんどしの 土俵入り」などと一句をひねったおぼえがあるが・・・。」(風流のヒント 初春の巻 173頁) 

【和田評】「紙ふんどしの土俵入り」とは何か、これもよく分からない。紙でつくったふんどしなんて聞いたこともない。紙おむつで土俵入りごっこをしたということなのだろうか。東大卒の評論家として知られた人らしいが、この句で何を伝えたいのか、予備知識のない読者には分かる由もない。

● ストーブに褌を干す一人かな  益田市 宮下章治

「 一人暮らしの侘しさがよく描かれた句である。ふんどしを使われているのは御高齢か。誰に見咎められることもない自由な暮らしと表裏をなす孤独。干し物の乾かない悪天候の日々が続いている。」読売俳壇 矢島渚男選 2011.1.31) 

【和田評】読売俳壇に入選した一般人の褌句。ありのままの自分を平易に詠めば採ってくれる先生もおられる。

● 褌をしめて始まるまつりかな  吉田さかえ(句集・山の村) 

【和田評】この人の句集「山の村」に褌句を見つけた。裸褌祭を素直に詠んだものだが、我々参加者がいつもやっていることであり、余りにも当たり前すぎる。

● 真白な褌に替へて漁始  古市文子 
(まっしろな ふどしにかえて りょうはじめ)

【和田評】新年を迎え、真新しい白褌(びゃっこん)に締め替えて、「さあ、今年も頑張ろう!」と颯爽と漁に出かけていった夫を見送る妻の気分が良く出ている。女性が詠んだ褌句で、「真っ白な」「替えて」「漁始」という具体的な情景があり、「山の村」の「褌を締めて祭が始まった」というだけのものより、余程優れている。

● 三伏の瑞枝に結ひて褌干す  高橋悦男
(さんぷくの みずえにゆいて ふどしほす)

【和田評】三伏は夏の極暑の期間で、夏の季語。瑞枝(みずえ)とは若い枝のこと。「結ひて」ということで、越中褌の紐を若い枝に結んで干したという意に取れる。暑いので、川で水浴びでもしていたのだろうか。 

● 褌は竿にかがせつ冬ごもり  稽翁木節(けいおうもくせつ/蕉翁門裡)
(続俳家奇人談/竹内玄玄一著) 

【和田評】竿に褌の臭いを嗅がせて冬ごもりしたという句だが、褌を洗えば臭いが消えるはずで、洗わずに竿に干したのだろうか。「かがせる」が意味深でユニーク?

● 褌も秋の扇も白かりき  夏井いつき 

【和田評】白い褌と白い扇の組み合わせ。越中褌は白晒しの木綿布が一般的だが、白褌(びゃっこん)を締めて、白地の、しかも扇子ではなく扇を持って何をしているのだろうか。

● 寒泳の衆目を負ふ褌の白  能村登四郎 
(かんえいの しゅうもくをおう こんのしろ)

【和田評】古式泳法の師範が白い水褌(前袋式六尺褌)を締めて寒中水泳を行った。誰しもが男らしく格好いい褌姿に注目し、その白さが目に焼き付いた。「衆目を負う」が秀逸。

● 学僧の褌干され小春風  改さん 
(がくそうの ふんどしほされ こはるかぜ)

【和田評】褌句には、褌を干している情景を詠んだ句が良く出てくる。寺院に入門した若い僧侶の越中褌が干されて小春風に揺れている情景を素直に詠んだ。小春風とは、小春(初冬)の頃に吹く風。

● 腹帯に会陽褌を貰ひ受く  浅越節子(岡山市) 
(はらおびに えようふどしを もらいうく)

【和田評】岡山の女性らしい句で、褌一丁で宝木(しんぎ)を奪い合う勇壮な「西大寺会陽」http://wadaphoto.jp/maturi/eyo01.htm で、はだか男たちが締めた褌をもらって腹帯にすると、安産で丈夫な子が生まれるという。今もその言い伝えを守る女性がいる。

● 褌の男が囲む捕鯨の図  宮西昭雄(相馬市) 読売俳壇入選作 2010.4.19 

【和田評】昔の捕鯨漁を描いた図には、赤や白の水褌一丁の漁師たちの勇壮な姿が描かれている。この句は、江戸時代の鯨漁が盛んなりし頃、褌の男たちが息も絶え絶えの鯨を囲んでいる情景を詠んだもので、入選作となった。「囲む」が良かったのだろうか。 2016.06.09

2016年6月9日(木)雨
■■■ 北舟の褌談義〈14〉褌を詠んだ俳句 1/2 ■■■
 これまで、筆者の褌研究のひとつとして、褌を詠んだ俳句(以下「褌句」)を調べてきたが、それをとりまとめた資料が見つからなかったので、その収集に長い年月がかかった。前稿の「北舟の褌談義〈13〉褌と厄落し」で、村上鬼城の「元旦やふどしたゝんで枕上」と正岡子規の「四十二の古ふんどしや厄落し」の名句を紹介したので、その他の作品を紹介する。なお、私の知らない褌句をご存じの読者がおられれば、是非お知らせ願いたい。

● 褌に団(うちは)さしたる亭主かな  与謝蕪村  (落日菴句集)

【和田評】与謝蕪村(1716〜1783) http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/101225/images/p002.jpg は、松尾芭蕉、小林一茶と並ぶ江戸時代の天才俳人。生まれ故郷の大阪を出て、俳諧で身を立てようと江戸で暮らした後、芭蕉の如く旅に出て半生を俳句に捧げた。この褌句は、江戸時代の夏、高温多湿の日本において普通に見られた光景をありのままに詠んだもの。宝井其角の「夕涼みよくぞ男に生まれけり」の句を思い出す。この時代は、褌といえば前垂れ式六尺褌と考えておけば良い。 

● ふんどしで汗をふきふきはなしかな  小林一茶

【和田評】小林 一茶(1763〜1828) http://www.i-unic.com/contents/kuhi/image/kuhi_11i.gif は、江戸時代を代表する俳諧師の一人。 一茶の句に、こっけいな句やユーモアたっぷりの句が多いことは、よく知られている。夏の暑さのなかで褌一丁の男たちが話に興じている。額の汗が垂れて目にしみるので、褌の前垂れを手拭い代わりにして汗を拭っている様子が彷彿とする。前垂れが短いと顔に届かないので、一茶の褌は、かなり前垂れが長かったものと想像される。(笑) 

● ふんどしに笛つきさして星迎(ほしむかえ)  小林一茶

【和田評】一茶の「七番日記」に収録されている褌句。星迎は、七夕のことで、秋の季語。笛を吹いて、彦星と織姫の年に一度の逢瀬を祝ったのだろうか。蕪村の団扇といゝ、一茶の笛といゝ、褌の横褌(よこみつ)は、使わない持ち物を一時的に差して仮置きするのに使われた。現在では、裸祭りの際に、履いていた草履(ぞうり)を後ろ横褌(うしろよこみつ)に差している光景を見かける。博多祇園山笠では、舁き縄を後ろ横褌に差すのが流儀。荒縄がむき出しの臀部に当たるので、むずがゆいらしい。

● ふんどしもなくてことすむ案山子かな  佐藤愛子 「今は昔のこんなこと」所収

「 一口にふんどしといっても六尺褌もあれば越中褌もある。六尺褌というのは六尺の晒を腰にぐるぐる巻きつけて、その端を股ぐらに通して大事な箇所を包み込むもので、別名「しめこみ」という。 

 真白な晒で下半身をキリリと締め上げた男の褌は老若を問わず力が漲(みなぎ)って見るからに勇ましく、胴長短足という日本人特有の体型にぴったり似合っていて、ご面相は問わず凛々しく美しくみえたものだ。「よしッ、褌締め直して行くぞ!」と男意識高揚させる時に褌がモノをいった。

 それに比べると越中褌はなんともだらしなく、頼りなげで貧乏くさい。三尺ばかりの小幅の晒の一方に細い紐がついている。それを腰の前で結び、その紐に股をくぐらせた布を通してのれんのように垂らす。実に簡単である。「緊褌(きんこん)一番」というにはほど遠い代物(しろもの)だ。 

 (略)時代映画では雲助といわれた悪質駕籠屋や馬子などが法被(はっぴ)に腹巻、越中褌という格好をしている。農民一揆などでも汚い越中褌が、立てたムシロ幟とよく似合っている。一所懸命になればなるほど緊褌一番という趣にはほど遠いのが哀れをそそるのである。 

 ところで私の父(佐藤紅緑)は越中褌の愛好家であった。褌についての父の持論は、褌はその中にあるかのものを、常に悠々飄々大空を舞う奴凧の如くに自由に揺蕩(たゆた)わせておくべきものだというのである。かのものはのびやかに育って大モノになっていく。それに伴い精神もまた悠揚迫らず男らしい風格を持つようになるというのである。

 それを何ぞや、サルマタなどという醜怪きわまるものを着用するやからが増えている。日本の男はサルマタをもって衰弱の一途を辿るに違いないと嘆いていた。 

 若い頃、父は詐欺師の口車に乗って、(略)新聞社を立ち上げようと夢見て失敗した。(略)家財道具から着るもの一切、質屋の蔵に入っている。都合良く丁度夏に向う頃だったので、次々に着ている物を質屋に入れた後は越中褌ひとつで日を送るようになった。

 収入としては(かつて正岡子規に師事して、新聞の俳壇の選者などをしていた関係から)十句三十銭の俳句の通信添削料が入るだけである。少しは名が知られていたせいで、借金取りばかりでなく、俳人や俳句好きの訪れがあるが、その客たちを越中褌姿で迎えて、「褌の最も進歩したものは越中褌ですなあ」「褌の中で最も俳味のあるものは越中褌ですな」などとうそぶいていた。 

 当時の句日記に、「ふんどしもなくてことすむ案山子かな」という句がある。雨がつづいて褌の洗い替えがなくなった時の所感かもしれない。そのこだわりのなさは、越中褌の中でかのものを悠々と遊ばせた歳月によって造られたのかも。(略)」(今は昔のこんなこと/褌 著者:佐藤愛子  http://www.asahi.com/culture/news_culture/images/TKY201205100220.jpg 文春新書62〜65頁 2007.5.20発行)

【和田評】案山子(かかし/かがし)は秋の季語で、「案山子はいいなあ、ふんどしをしていなくてもことがすむんだから。自分は、ふんどしをしていないと来客が来たときに困るんだよね。」という意味。 2016.06.08

2016年6月8日(水)曇り
■■■ 北舟の褌談義〈13〉褌と厄落し ■■■
 日本の正月は、越中褌一丁の裸形(地域によっては全裸)になって垢離(こり)を取る風習が全国に残っている。神道では夏越の祓(なごしのはらえ)と年越の祓(としこしのはらえ)の夏冬二回、斎戒沐浴(さいかいもくよく)して罪や穢れを落とす行事があり、これを総称して大祓(おおはらえ)という。 

 厄年(やくどし)には、更に入念に災厄を落とす厄落しと呼ばれる行事がある。筆者は還暦(60歳)の厄年に鐵砲洲稲荷神社で赤褌水浴を行った。 http://wadaphoto.jp/maturi/kanreki3.htm 鐵砲洲稲荷神社の拝殿に上り、中川宮司のお祓いを受けた後、真新しい白の越中褌を締めて神前の仮設水槽の冷水に浸かって参加者全員と初禊を行い、その後、赤い越中褌に締め直して二人の友人と共に寒禊を行い、厄落しをした。赤は、魔除けの意味があり、本卦還り(ほんけがえり)した還暦の老人に赤いちゃんちゃんこなどを送る風習は全国に残っており、今では、赤い物なら何でも良いということになっているらしく、孫から赤い越中褌をプレゼントしてもらった幸せな友人もいる。

 戦前までは、軍人だけでなく、一般人も正月に新しい越中褌を締め、冷水を浴びて禊ぎ祓えを行っていたが、敗戦を境に、この家庭の風習が廃れてしまったことは、誠に残念である。

● 元旦やふどしたゝんで枕上  村上鬼城
(がんたんや ふどしたたんで まくらうえ)

【和田評】明治時代の俳人・村上鬼城(1865-1938)が詠んだこの俳句は、「現代俳句歳時記」(昭和38年石田波郷・志摩芳次郎編/番町書房)、「最新俳句歳時記」(昭和47年山本健吉編著/文藝春秋)、「新撰俳句歳時記」(昭和51年秋元不死男編/明治書院)の「新年」に掲載されている有名な褌を詠んだ俳句(以下「褌句」)である。

 「ふどし」とは褌のことで、この場合は越中褌である。この句は三つの歳時記に掲載されているので、秀作と評価されていることが分かる。「百事一新の願いをこめて元旦を迎える気分を、さっぱりした清潔な褌をたたんで枕元においてある情景によってとらえたところが一つの趣向で、素材の面白さが歳時記編著者たちの目をとらえるからだろう。」と解説されており、鬼城は、元旦の朝、斎戒沐浴して新しい越中褌を締め、気分一新、清々しい気分で新年を迎えたに違いない。

● 四十二の古ふんどしや厄落し  正岡子規 
(しじゅうにの ふるふんどしや やくおとし)

「 節分の夜「犢鼻褌(とくびこん)の類を捨つるは厄年の男女其厄を脱ぎ落すの意とかや。それを手に持ち袂に入れなどして往きたるは効無し、腰につけたるまゝにて往き、懐より手を入れて解き落とすものぞ」などいふも聞きぬ。(松山子規会叢書第12集「子規歳時 改訂版」)

和田訳:節分(旧暦大晦日)の夜「褌の類(男は褌、女は腰巻)を捨てるのは男女がその厄を脱ぎ落とすという意味があるらしい。それを(あらかじめ外して)手に持ったり袂に入れるなどして(神社に)往くのでは効果が無く、腰につけたままで往き、(その場で)懐から手を入れて(褌の類)を解き落とすものだぞ」などと話しているのも聞いた。」

【和田評】この褌句は、近代俳句中興の祖と讃えられる明治時代の俳人・正岡子規(1867−1902)が神社で着物を着たまま古い褌を解いて落とすことによって厄落しするという当時の風習を活写したもの。病に伏しつつ、最後の力を振り絞って詠んだ「墨汁一滴」の中の一句である。 

 直接下半身を包む褌などの下着は最も汚れる肌着であり、いつの間にか罪や穢れが乗り移るという考え方が生まれ、それを捨てることで厄を落とすという風習が生まれたのであろう。元旦に新しい褌を締めるのは、このような風習に基づくものと思われる。

 厄落しは、節分(立春(ほぼ旧正月元旦)の前日(大晦日)にあたる2月3日頃)の夜の習俗で、江戸時代には、江戸っ子たちは、褌に銭を包み、道端にわざと落として厄落しをしたという。それでは拙いので、落とすのは神社でということになったのかも知れない。井原西鶴の浮世草子(うきよぞうし)「日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)」によれば、430両を褌に包んで厄落しをした大名もいたというから驚きである。 2016.06.07